厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

深清鮨の折 アイラヴ、フツーの巻きずしでゴザイマス

このあいだ、仕事納めを終えて、やれやれってなったはずなんですが、ビンボー暇なしというか、暇がないのが板についてしまってるのか、何やらバタバタと慌ただしく。昼ごはんをつくる余裕もないっていう感じ。
で、そんなときこんなのがあったらなぁって思いだしたのが深清の寿司。そういえば少し前、つれあいが深清の折を貰ってきてくれたときのことは書いてなかったなぁということで、久しぶりの深清の折。
小さな一人前の折をふたつなんですが、まずは一つ目。
131229-1.jpg
上巻にカッパに穴子の握り。上巻もさることながら、やっぱり有名なのは穴子のにぎり。口の中でふわぁっと溶けていきます。
でも、案外好きなのが、このカッパ。ここのはキュウリを幾つにか割いて巻いてあるので、きゅうりのコリリという歯応えではなくて、もう少しやさしい歯応え。
となると、「上巻きはどうよ?」ってことになるんですが、ここの上巻きは、ふつうの巻きに入ってる高野豆腐やかんぴょう、三つ葉に加え、椎茸の煮しめやら、卵焼きやらが入ってるんですけど、海老やつくりなど、取り立ててゴージャスなのは入ってない。でも、このピンク色の田麩が入ってるだけで、何やらゴージャスに思えてくる。
で、こちらも一見ゴージャスに見えるんですが・・・
131229-2.jpg
すまし。具は一見松茸かぁって勘違いしそうになるんですが、実はエリンギ。決して松茸ではゴザイマセン。で、それから水菜をたっぷりと入れて、その上に柚子皮を留めてある。
この柚子皮が一枚乗ってるだけで、見た目も香りもずいぶんとグレードアップする。
フム、我ながら上出来上出来。
で、もうひとつの折の方。
131229-3.jpg
こちらはふつうの巻きずしと穴子の押し寿司。ちなみに深清では、この押し寿司のことを「箱」って言います。
で、一つ目の折に較べると、こっちの方はシンプルというか、けれんみがないというか。
でも、湖に落とした斧のように、お前の好きなのは穴子握りカッパに上巻きの折か、それとも箱と巻の折かと訊かれると、一も二もなく選んでしまうのがこっち。穴子握りカッパに上巻きもいいけど、やっぱりアイラヴ、フツーの巻きずしでゴザイマス。
ずっと前に書いたように、主張が控えめでありながら、それでいてしっかりとしたという形容が似合うシャリに、はんなりとした味つけの高野豆腐や干瓢、そこに三つ葉の軸とおぼしき具がアクセントとなって、しっとりとした味わい。これもずっと書いてるんですが、ここの巻きずしが好きって言う人とはトモダチになれそうな気がします。
でも、今、「実は私も・・・」って言われても困ってしまう。なにせバタバタで、実は今から年賀状の用意をしないといけないもんですから。

JUGEMテーマ:グルメ

その他 | comments(0) | - | 

ケンタッキーフライドチキンを手づかみで なかなか原始的なキブン

きょうは、順番からいえば外食のことを書く日なんですが、きのうトラットリア・アルモに行ったのを書いたんで、きょうはどうしようかと。
で、思い出したのがコレ。ずいぶん前の話ですけども。
その日は食事の支度はいらないってことだったんですが、結局は食べそびれてしまい、やっぱりウチメシでってことになったわけなんですけど、そうそう、ケンタッキーフライドチキンがあるわっていうことで、そしたらそれをメインにしようっていうことで。
130526-1.jpg>
それに、ここはホントはビールでしょっていう感じなんですけど、きょうは以前飲んでまあまあイイ線行ってたスペインのワイン、アシエンダ・ゾリータっていうのを。
130526-3.jpg
で、そのアシエンダ・ゾリータ。テンプラニーリョで深いガーネット色。ボディもけっこうしっかり目なんですが、シラーのように全体がグラマラスっていうほどでもない。なかなか。なかなかコスパが良好。

でも、チキンとワインだけだとホントに寂しいことになるんで、せめてサラダでもっていうんで、水菜と大根、生ハムのサラダを。
130526-2.jpg
あと、つれあいが買ってきてくれたサ・マーシュのバゲットをサクッとリベイクして。
130526-4.jpg
まあ、これだけあれば何とかなるっていうことでして、ケンタッキーフライドチキンを手づかみで噛みちぎりながらワインをグビリ。それから、バゲットをカリカリッと食べて、またさらにグビリ。でもってサラダも手づかみで食べてしまえってな勢いで、なかなか原始的なキブン。ちょっと原始的な気分になって、ちょっとばかし元気が出たりして。

JUGEMテーマ:グルメ

その他 | comments(0) | - | 

上太巻と五島手延べうどん 深夜に喰うとこりゃイカン

ここんところ帰りが遅いんです。
帰ってくるのがだいたい11時前後になる。むろんメシはそれから。
で、たまにこんなのをいただいてたりすると、小躍りしたくなる。
丸万寿司っていうところの特製上太巻。
130522-1.jpg
小躍りするっていうのは大袈裟かもしれませんが、やっぱりうまいっていうのもあるし、すぐさま食べられるっていうのもある。
黒々と墨書された外箱同様に、タマゴがでんっと存在感を示すかっていうと、そんなんこともなく、エビやキュウリとか、他の具材とバランスがこれでバッチリっていう感じ。なかなか計算されてますねぇ。
でも、こんな時間にバカ食いしたらアカンっていうのが、アタマでは分かってるんですけども、もうどうにも止まらない。
で、片や五島手延べうどん。
130522-2.jpg
椿の図柄でしょうか、なかなか近代日本画のようなモダンな線画。色のバランスとフォントもなかなかバランスがいい。おっと、パッケージはともかくとして中身の話も。
この手延べうどん、むろんこのあいだの讃岐うどんとは全く違った味わい。どちらかというと稲庭うどんをもう少し太くした感じっていうか、まあ、これはこれで独特。
惜しむらくは、もう少しつるるんって食べれるような料理法をとったほうがヨカッタかな、画像の親子うどんよりも。
てなわけで、ホント、深夜にドカ食いをするわけで、そのあとにこうしてブログの更新なんぞをしてると、また睡眠時間が削られて、そのせいか満腹中枢がヘンになってまたドカ食いをしたりする。
う〜ん、こりゃイカン、ちょっとブログを控えるべきか、それともちょっとシゴトを減らすべきかな。

JUGEMテーマ:グルメ

その他 | comments(0) | - | 

濱田屋の胡麻豆腐には酔十年 濃厚さに対抗するにはこれしかない

つれあいの実家から高野山みやげの胡麻豆腐をいただきました。
濱田屋の胡麻豆腐。
高野山名物の胡麻豆腐といえば、まずこの名前が上がるほどの有名店だそうで、持ち帰る際には必ず保冷をということで、クーラーバック等、保冷ケースと保冷剤をお持ち込み下さいと呼びかけるほどのこだわりぶりなんだそう。
というわけで、そのこだわりの胡麻豆腐をさっそく。


濃い。濃いです。
ただ、その濃さが前面に出るってわけでもない。
でも、わさび醤油で食べても、わさびのツンとした辛さや醤油のしょっぱい味をかき分けて、胡麻豆腐の主張が現れる。
で、これをなんとしょう。
と、味見をして、しばし考えてチョイスしたのが酔十年。胡麻豆腐の濃厚さに対抗するにはこれしかないっていう思いで。

無和水・芋焼酎十年貯蔵。
黒瀬杜氏の第一人者、黒瀬安光氏渾身の一品・・・というのは以前にも書いた口上。
老舗の胡麻豆腐の濃厚さには長期熟成貯蔵の無和水36度の芋焼酎で対抗。
これがまんまと当たったっていうのは、けっこう嬉しかったりして。

ただ、惜しむらくはこの組み合わせ、ちょっと一本調子。
と思ってあらためて箱の説明を読むと、わさび醤油のほかにも、黒蜜をかけて、デザート風にとある。
あああシマッタ。気づかず食って後の祭りや。

JUGEMテーマ:グルメ

その他 | comments(0) | - | 

銀杏と柿と・・・よからぬ考えと

またいただきものがありました。
何をいただいたかっていうと、柿と銀杏。

どうです? ちょっとシブいでしょ。
で、銀杏はともかく、柿はなんかでけへんやろかと考えてると、またぞろよからぬ考えが浮かんできた。
まあ、柿のよからぬ考えはともかくとして、まずは銀杏。

これはあらかじめペンチで殻に割れ目を入れておき、紙の封筒に入れて口のところを二三重に折り、そのまま電子レンジで1分間。レンジの中でボムッとか、シューとかいうんやけれども、そんなのには惑わされずレンジがチンというのを待ってると、あ〜ら不思議、カンタンに火の通った銀杏ができあがる。味わいも煎った銀杏とほぼ一緒。皮を剥いて塩を振り、爪楊枝で刺して口に運ぶと、ムニュリとした食感と少しのほろ苦さ、そして微かなあの銀杏の匂い(赤ちゃんの××の匂い?)が口に拡がる。
で、なにを合わせて呑むかというと、このあいだ、上司が呉れた喜六。

この喜六、以前にも登場したんですが、香り高い焼酎。だから銀杏の(?)な匂いも気にならなくなる?
しかしこの喜六、「喜」の字は画像のとおり「七」という字が三つ合わさった方の字。まあ、この字は辞書データにはないようなんで仕方なく「喜六」って書くんですが、どうもキブンが出ませんなぁ。
まあ、それはともかくとして、ようやく柿のよからぬ考えの方。

柿っていうと白和えがよくあるんですが、白和えの豆腐をクリームチーズに代えてみた。
でも、ネットで調べてみるとけっこうそんなのを思いつく人がいるようで、あんまりめずらしくもなさそうですが。
でもでも、くるみを入れたのはオリジナルっぽいかな(それとも白和えっぽい?)。
というわけで、これも喜六に。
う〜ん。
なんというか。
こりゃやっぱり白ワインにした方がよかったかなぁ。


JUGEMテーマ:グルメ


その他 | comments(0) | - | 

Y氏からのパズル

10月もきょうで終わり。というわけで、きょうは料理の話から脱線して音楽の話・・・と行くべきところなんですが、きょうはそれからも脱線して・・・
というのも今月の半ば、例によって厨房男の友人Y氏から、香川県特産のそうめん・・・やなくて、そのそうめんの箱で12枚、新作が送られてきたわけです。で、さっそく喜び勇んで箱を開けてみると、隅にパズルが入ってた!
そういえば、以前Y氏がウチに来たとき、娘らに「今度パズルを送ったげるよ」と約束してたなぁと。
しかしあれですなぁ、ブービートラップ。そうめんの箱に無造作に入ってるっていうのは。
もうちょっとで画像を撮る前にパズルを崩すところでしたヮ。危ねえ危ねえ。送られてきたのを崩したら最後、片付けるときに元通りにしようとしても、しばらく悪戦苦闘しないといけない羽目になるでしょうからね。

さて、このパズル、1辺が2僂曚匹離ューブが5つ集まってできたピースが11個と、2つ集まったのと3つ集まったのが1個ずつあるわけでして、つまりがキューブ60個。
つくったY氏の話では、平面形なら3×20、4×15、5×12、6×10の4種類、立体形なら2×3×10、2×5×6、3×4×5の3種類があるそうな。でもそうカンタンにできるわけがない。
それでも悪戦苦闘して、なんとか3×4×5のヤツを完成した。ま、これが片付けるのにはいちばん適してるんでね。

で、このパズル 、Y氏からの話では、「本当はバウハウスの積木の様な色を付けたいと思っていたんだけど、、、それについては、N氏(厨房男のこと)にまかせた!!!」って。
任せたっていわれてもねぇ。
邪魔くさいっていうわけでもないんやけど、これはこのままでしょ.。
やるんやったら素材に黒檀なんかを使ってチェッカー模様にするのがええんでないかい?


JUGEMテーマ:グルメ


その他 | comments(0) | - | 

盛岡じゃじゃ麺 面食いには愉しい、オイシイ一品

土曜日はだいたいパスタのことを書くのがきまりとなっているんですが、ここ最近はどうも2週と続かない。なんでかラーメンやうどんが挟まってくる。まあ、そんなこと、自分が勝手にやってるだけの話なんですが・・・
というか、そういう話も結局はネタフリッてわけで、きょうの話はお父さん、お母さんが東北土産に買ってきてくれた盛岡じゃじゃ麺。

このじゃじゃ麺、恩麺でも冷麺でもイケるそうで、つれあいのリクエストはむろん冷麺で。
具はキュウリのみ。ただし、一人前に1本使ったんで山盛りですが。
で、そこへ肉味噌と辣油をかけて出来上がり。

さて、この盛岡じゃじゃ麺、麺はなんていうか、韓国冷麺みたいにコシの強い麺。それが平打ちの、パスタにたとえればタリアテッレみたいな太さ。だからけっこうな腰の強さなんですが、韓国でブラックデー(4月14日)に、バレンタインデーやホワイトデーに無縁だった奴らが食べるチャジャンミョンとは違うよう。まあ、いずれにしても中華の炸醤麺(ジャージャー麺)がルーツなんでしょうが、敢えてじゃじゃ麺と書いてるところをみると、何か含みがあるんでしょうかね。
で、パッケージは破ってしまったんで、画像は撮らずじまいなんですが、そのパッケージにはこう書いてある。
「じゃじゃ麺は肉味噌をかけて食べる北国「もりおか」でうまれた郷土の味です。ほどよいコシの麺とコクのある肉味噌たれとの相性をご賞味ください。」
ヘェ〜、郷土の味なんや。で、さらにパッケージを観てると意外なことを発見。これってラーメンでもなんでもなくて、うどんだそう。ヘェ〜、カテゴリーをどうしようか悩んでしまうヮ。

肉味噌は思ってたよりも淡い色合い。というか、思ってたよりも肉の分量が少なめかな。まあ、自分でジャージャー麺をつくるときは思わず大漁に挽肉を入れるんで、それに較べて考えればアタリマエか。
それから、パッケージにはいろいろトッピングしてる画像が載ってるんですが、まあ、あと白髪葱があれば充分やないですかね。
というわけで、中華のジャージャー麺から、韓国の冷麺、それにパスタのタリアテッレといろいろなものを彷彿とさせる盛岡じゃじゃ麺、なかなか面食いには愉しい、そしてオイシイ一品でした。


JUGEMテーマ:グルメ


その他 | comments(0) | - | 

コノコビア

このあいだ、つれあいの誕生日に行く店を探すのにネットで調べたら、大阪府下の市町村別にイタリア料理の店を紹介してるサイトがあって、それによると泉大津にはサイゼリア1軒しかないってことになってた。ま、食文化のレベルを、イタリア料理の店の軒数で計るっていうのはいささか乱暴に過ぎるかもしれんけど・・・orz
で、その泉大津になんと、バルができた! 泉大津駅の東側、大阪寄りの駐輪場の前にあるタマゴ色のお店、コノコピア。

バルっていうのは、むろんBARのこと。これが英米なら「バー」、イタリアなら「バール」なんやけど、スペインに行くと「バル」となる。
で、なんでバルなんかって言うと、タパスがあるから。


開店当初は店の前の黒板にたしかタパスとワインって書いてたような記憶があるんですが、これをあろうことかパスタって読み違えてた。だから、イタリア料理なんかなっと思ってアンティパストを頼もうとしたんですが、メニュウを見るとタパスとある。それでようやく気がついた(アホですな、まったく)。で、タパスっていうのは、スペイン語で言う小皿料理ってところ。だから、スペイン風のバルっていうわけ。ちなみにこの日のはピッツァやらトリッパの煮込みやら・・・

で、このバル、本来は食堂とバーが1つにまとまったようなもので、スペインでは朝から深夜まで営業している店が多いそうなんですが、コノコピアは夕方以降のバータイムのみ。というわけで、まずはブラゾン・ド・オーシエール2006。

むろん、スペイン風のバルやから、たしかトーレスとか、そんな銘柄のもあったように思うんやけど、いつものとおり酔っぱらいですから記憶してるはずがない。ただ、ワインばっかり頼んでたんで、店のオーナーとおぼしき初老の方(この人がまたカッコイイ)が裏メニュウを見せてくれたんですが、そこには5大シャトーのとか、オーナー秘蔵のワインがズラリと並んでおりました。まあ、そんなの頼めんヮ!
そういえば、このあいだ紹介した「笑う食卓」で、スペイン在住の画家に教わったシェリー酒をロックにし、そこに適量ペリエを注ぐっていうシェリーの飲み方が紹介されてたけど、これがなかなかうまそう。今度はぜひこれで行こうと!

というわけで、イタリア料理はサイゼリア1軒という街にできたスペイン風のバル。願わくばこんなお店がもっと増えてくれたらなぁって思う。
でも、もうちょっと注文をつけるとしたら、本来のスペインのバルのように朝は朝めし、昼にはランチを食べる定食屋、そして夜は一杯飲むためのバーといった具合に、生活にとけ込んだ存在になってくれれば、なおいいんやけど。この界隈じゃあ無理かな?


JUGEMテーマ:グルメ


その他 | comments(2) | - | 

ぼりぼりぼりのずずずずず

しばらく前、また例によって百貨店の食料品売場を歩いてて、「ぶぶあられ」っていうのを見つけた。
京都では、お茶を飲む時、おぶぅでもしよかとも言い、お茶漬けをぶぶ漬けと言うわけでして、ぶぶあられの“ぶぶ”っていうのはお茶のことなんでしょう。
で、お茶漬け好きの娘が興味を示したんで即購入、で、さっそくお茶に浮かべてズズッと。

ほほ、なんか少し塩味がして、なかなか乙な。昆布茶なんかに浮かべるのも良いんでしょうねぇ、きっと。

で、そんなことをやってるときには不思議とお誂え向きのものがやってくる。
というわけで、つれあいの実家から伊勢のおみやげにと、おかげ横丁の中にある銭屋(エルメネジルド・ゼニアではない、あたりまえやけど)っていう駄菓子屋の緑豆煎餅をいただきました。

緑豆のところが塩味風味で煎餅のところが少し甘い感じ。それをいっぺんに食べるとなかなかビミョ〜な味。

で、ホントにそういうときは不思議とそういうのが集まってくる。
というわけで、うちの実家のオカンが岸和田は小松里のいづみあられ本舗っていうところの缶入りのおかきをドンッとくれました。もっとも、オカンが小松里まで買いに行くわけもなく、きっとどこかからのいただきものの横流し。まあ、出所はどこであれ、ありがたく頂戴。

で、ぼりぼりぼりぼりぼり・・・
でもって、ぶぶあられを浮かべたお茶をずずずずず〜

これで縁側に日が差して、何もほかにやることがなければ、ホンマ言うことなしなんですがねぇ〜


JUGEMテーマ:グルメ


その他 | comments(0) | - | 

朝ごはんのことなど、ちょっと思うところを

きのうのエントリの最後、「実は朝ごはんのことなど、まだネタはあるんですが、あしたはどうしようかなぁ〜、最近外食のことばっかりやからなぁ〜。」と呟いてたんですが、まあ、どうせ火曜はパンのことを書くことが多いし、となればウチメシのようでウチメシでない。それに朝ごはんつながりで・・・などと屁理屈を並べ立ててホテルの朝ごはんのことを。

ただ、あんなもの食べた、こんなもの・・・ていうのは措いといて、ちょっと思うところを。

というのも、最近のホテルや旅館の朝食、まあ、お客のニーズに合わせたのか、ホントにいろんなメニュウ、和・洋・中と取り揃えられてます。もっと言えばいろんなメニュウが氾濫してるというか・・・
もっとも、おかげでこの日も厨房男はご飯とみそ汁を主軸にいろいろと。つれあいはパンと紅茶が主軸であれやこれやと好きなものを食べられるわけなんですがね。
まあ、ホテルや旅館の朝食っていうのは、いわば非日常と高をくくればいいんでしょうが、非日常なら非日常で、違った意味での贅沢をしたい。

漫画、「美味しんぼ」の42巻に「愛ある食卓」っていう1篇があって、その中で主人公の山岡(その時はパートナーの栗田さん)は究極の朝食としてパンが主体の洋食の朝食を、敵役の海原雄山は至高の朝食として和食の朝食を提案するんですが、それをすべて食べてみたいなどという過分な贅沢は申しません。
ただ、許されるなら、この中で出てきた搾りたての牛乳でつくる、バターのできたてのやつを食べてみたいんですがね。ホテルならではっていうことを考えれば、何とかなると思うんですが、いかがですかね。
それか、ホテルならではと考えれば、思い浮かぶのは香り立つような削り立ての鰹節でつくったみそ汁かなぁ〜。別段、バイキングであれもこれもとは言いませんから、ささやかな非日常的な贅沢を味わえればと思ったりもして。

まあ、味噌汁の方は鰹節を削る手間さえかければできるでしょうし、フレッシュバターも乳脂肪分の高いの生クリーム(無添加のやつ。乳化剤が入っているものは不可)に塩を少し加え、フードプロセッサーにかけると手軽にできるそうなんで、どちらも家庭でやってできないこともないんですが、やっぱり贅沢は非日常的なものですからねぇ〜。
それに鰹節の方は削り器がいるし、まあ、フレッシュバターの方は今度半額(それでもイケルらしい)の生クリームが目に止まったら買ってやってみようかな、と。


JUGEMテーマ:グルメ
その他 | comments(0) | - | 
<< | 2/3P | >>
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>