厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

「まぼろしのパン屋」

2017-06-15.jpgぼくの本選びっていうのは案外カンタンでして、最近はまちづくりやデザイン関係の本以外となると、もっぱら食べ物に関連した本ばかりっていう傾向。
で、食べ物関連も、以前に紹介した「かもめ食堂」や「食堂かたつむり」などに共通する「食堂」っていうキーワードがとても重要。
そういう意味では、「まぼろし」なんていうことばにはすごく惹かれるタチでして、そこにパン屋がひっつけば、もう読まない理由がない。

というわけで「まぼろしのパン屋」。
舞台は大東京電鉄が開発したつきみ野っていうところ。ここは主人公の勤め先のある渋谷へ直結している路線の始発駅だったという設定。途中駅で乗ってくるサラリーマンたちの苦労を脇目に、座って渋谷まで通勤という優越感に浸ってたのが、後年路線がひと駅延長され、始発駅ではなくなった。
このあたり、ぼくが住んでるところも首都圏と大阪圏の違いはあるけど同じ環境。何年か前にひと駅延長されて始発駅ではなくなったっていうところも一緒。
ただ、勤め先の会社の開発事業が頓挫、政財界を巻き込むスキャンダルで責任者は左遷され、主人公がところてん式に出世する。まあ、このあたりは全く真逆の境遇ですが。
で、そんなある日、通勤途上に見知らぬ老女からパンをもらったことからどんどんと主人公の人生が展開していく。
パンをもらった老女は、開発で買収交渉をしたまま頓挫していた「しあわせパン」の亡くなった女主人。不思議な糸を手繰っていくと・・・っていうストーリィ。

こんなふうに読み進んでいくと、今はもう閉店してしまったわが家行きつけのパン屋「ルヴァン・ルヴュール」を想い起さずにはいられない。
主人公と住んでる環境が一緒、まぼろしのパン屋っていう設定も思い当たるフシがある。作者は大阪市大出身で、まるで設定を東京に替えて書いたんやないかなぁって思えるほど。
まあ、出世に関しては真逆ですし、主人公ちの秘蔵のワイン、シャトー・ムートンも上の娘が生まれた年のを買おうとしたけど、結局買わなかった(ちなみにこのワイン、買っておけば今頃20万円近くになってたんやけどなぁ・・・)。
まあ、そのあたり、似てる環境ではありますが、ビミョ〜に違ってる。宝くじの少しの番号違いみたいな感じで、惜しいなぁって思いながらもけっこう楽しく読めましたけども。


JUGEMテーマ:グルメ
  

 | comments(0) | - | 

早め(といっても世間では遅いですけど)のじゃがいも

岩なんかが置いてあって、家庭菜園をする場所も限られてるんですが、細々ながらやってます。
で、春先に植えたじゃがいも。
まだまだ茎も青いんですが、そろそろかなぁとためしに1株だけ掘り起こしてみた。
2017-06-14 001.jpg
う〜ん、やっぱりもうちょっと置いてたほうがいいかなぁっていうんで、この日はこれまでで、興味はつくる方から食べる方に。
で、この日の昼ごはん。冷しゃぶです。
2017-06-14 002.jpg
庭から大葉を毟って戻り、さらしたまねぎにレタス、わかめにもやし、オクラと茗荷といった具合。いつもならトマトと冷麺も忍ばせるところなんですが。
そうそう、忘れてならないのは庭で掘り起こしたじゃがいも。
そのままの味を見たかったので、洗ってそのまま蒸してみた。
2017-06-14 003.jpg
もちろん蒸し上がりには、少しの塩とカルピスバターをたっぷり含ませて。

梅雨入りにも関わらず、あんまり雨が降らない。
でも、そうこうしてるうちに梅雨本番にもなるでしょうから、じゃがいもの収穫は週末かな。
それまで天気が持てばいいんやけども。

JUGEMテーマ:グルメ
  


家庭料理 | comments(0) | - | 

回り道してバタール

きょうはフルニエのバタール。
いつものようにバゲットアンジュを買いに行ったら、あいにく売り切れになってて、仕方がないので引き返そうとしたら、「バタールだったらありますよぉ」って言うんで。

で、バタール。
バケットとの違いは、ズバリ長さと太さ・・・かな。
バゲットに較べて短くて太くずんぐりむっくりな印象。
でもって、それをどうしようかと。

どうしようかと思いながら、つくったのがパスタ。
2017-06-13 002.jpg
ごくごくふつうのミートパスタ。
頂にはミニバジルの蕾とおぼしきところ。
花咲くやろなぁっていうんで、先に摘んでおいたやつ。

もちろんサラダも。
2017-06-13 003.jpg
サラダもごくごくカンタン。
サニーレタスとトマト、きゅうり、それにアクセントでパプリカを。

で、パスタとサラダを先に平らげて。

でもって、残りのミートソースを集め、こんがりと(こんがりしすぎですが)トーストしたバタールに乗せて・・・
2017-06-13 004.jpg
ほんと、バタールを紹介するのにずいぶんと回り道しましたが。

JUGEMテーマ:
パン | comments(0) | - | 

一転のウチめし

きのうは久しぶりに一二郎で口福を味わった話やったんですが、きょうは一転ウチめし。
といっても、口福から一転っていう意味ではなくて、身の丈に合わない美食から一転ふだんのごはんっていう意味で。
で、まずは鯖の塩焼き。
2017-06-12 001.jpg
脂乗ってます。
ノルウェー産ですけど。
もちろん国産の関サバや、いろんなうまい鯖があることは分かってる。
でも、コスパの高さはこっちでしょ、ぼく的には。
だから、安くてうまいノルウェー産のほうが身近に感じてしまう。

それから煮びたし。
2017-06-12 002.jpg
これは前日の残りの。
むしろ前日の残りくらいの方がくったりとして味が馴染んでおいしい。

それからかぼちゃ。
2017-06-12 003.jpg
これもしばらく経って煮付けた角が丸くなるくらいのやられ加減のがイイ。
この日はじゃがいもと鶏の挽肉で煮込んだヤツ。
最後に残った鶏の挽肉をごはんに乗せて食べるっていうのが密かな愉しみ。

で、熱々の味噌汁。
2017-06-12 004.jpg
素材を絞ったのもいいんですけど、こんなふうにいろいろ具だくさんなのが我が家の。
実家でいるときはそんなこともなかったんですけど、つれあいと一緒になってからはそんなふうに感化された。だから、もはやこれが我が家の味っていう感覚。

一転のウチめし。
やっぱり・・・身の丈に合ってるっていうのは大事なことですね。

JUGEMテーマ:グルメ
  



家庭料理 | comments(0) | - | 

拝み倒して一二郎

ここしばらく和食から遠ざかってたこともあって、きょうは和食の話です。

このあいだ、新しくトップに就いた先生から、「泉大津で・・・」というリクエストがあったので、咄嗟に電話してなんとか拝み倒して席を用意してもらったのが一二郎。
旧知の間柄ながら、行くのはひさしぶり。
で、まずはカツオのたたきから。
2017-06-11 001.jpg
一見タタキにざっくりと切ったねぎを無造作に合わせただけなんですが、その実、しっかりとした計算ずくの一品。

それから一転、こんどは繊細そうなお造り。
2017-06-11 002.jpg
実はこの店の店主、ぼくらが同級生でつくってた野球チームのピッチャーやったんですが、こんな緩急を使い分けるようなピッチングやったかなぁって。
でも、やっぱり趣味の草野球と本業とは違うようで、次もその絶妙の緩急で貝のひも。
2017-06-11 003.jpg
貝は苦手なんですがねぇ。
でもこのカリコリッとしたところを食むと、たしかに酒がススム、ススム。

で、もうひとつ変化球。
2017-06-11 004.jpg
今度はじゅんさいとマスカットやそうな。
なかなかの変化球の冴えといったところ。
いやはや、そんなピッチングしてたかなぁ・・・

で、酒はというと、たしか最初が男山で、次が春霞・・・
2017-06-11 005.jpg
う〜ん、あと名前を忘れたけど、たしか4〜5種類の酒をいただいたような。で、3本目の銚子の酒がよかったっていうんで、それをもう1本飲んだから、2人で3〜4合ずつといったところかな。

さて、次は田楽。
2017-06-11 006.jpg
黄色い味噌が織部のみどりによく合ってます。

それから次が椀物で、空豆の真薯を冬瓜でくるんだ一品。
2017-06-11 007.jpg
なんだかこれまでの緩急から一転、正攻法の和食でぐいぐい押すピッチングに替えたような。

それに焼物。
2017-06-11 008.jpg
香ばしく焼き上げられたカマももちろんなんですが、手前の四角、チーズと干し柿でつくられた付け合せがおいしい。

で、〆をお寿司で。まあ、このあたりは店主のウイニングショットですからね。
というわけで、まずは白身の。
2017-06-11 009.jpg
それから、ヅケ。
2017-06-11 010.jpg
それに、コハダ。
2017-06-11 011.jpg
でもって、最後が雲丹。
2017-06-11 012.jpg
そして、オーラスがアラの味噌汁。
2017-06-11 013.jpg
ようやくの味噌汁。
このあいだからカレーつづきで、ずっと味噌汁が飲みたくて飲みたくて、でも飲めなかったですから。
もっとも、きょうは、味噌汁どころか和食を堪能できましたからね。

というわけで久しぶりの一二郎。最近は予約も1週間〜2週間待ちなんだそうで、なかなかの盛況ぶり。
だから、この日みたいに、毎度まいど拝み倒して席を用意してもらうっていうわけにはいかんと思うけど、うちのトップも気に入っていただいたようで、次もなんとかお願いでけへんかなぁ。

JUGEMテーマ:グルメ
  

和食 | comments(0) | - | 

ぼく的には冷麺なんやけど・・・

ことし初の冷麺です。
まあ、ぼくの場合、冷しゃぶと一緒に冷麺も食べるわけなんで、厳密に言えばことし初とは言い切れないところもあるんですが。
2017-06-10 002.jpg
けど、冷しゃぶに添えてあるのはあくまでも添え物であって、主役ではないということからすれば、やはりことし初。まあ、冷麺の定義ってムツカシイですけどね。
というのも、一般的には冷麺っていうと韓国冷麺のことを言うらしいんですが、どうもぼくら的には冷やし中華のようなものを冷麺って言ってしまう。
ていうか、むしろ中華麺の冷たいバージョンをすべて冷やし中華って言ってしまうのもどうかなぁと。

ちなみに、上のは娘のためにつくったやつ。レタスとベビーリーフ、さらしたまねぎを敷き、そのうえに麺を盛ってトマトときゅうりと錦糸卵、それから肉は実は前日のスペアリブを細切りにしたの。

さらに下のはぼくの。
2017-06-10 001.jpg
ベースは一緒なんですが、スペアリブの代わりに叉焼を、上に茗荷を散らしてゴマダレで仕上げてある。
そのほか、あと貝割れやにんじんなんかがあったらもっといいんですが。
でも、錦糸卵はもういいかなぁ。

ウィキペディアを見たら、冷やし中華は「茹でてから冷水で冷やしシメた中華麺を、やや深めの皿に盛ってから、その上に細切りのハムか叉焼、錦糸卵、キュウリやトマトなどの具をそれぞれ互いに混ざることのないように彩り良く盛り付け、醤油と酢あるいは芝麻醤(ゴマだれ)をベースにした冷たいかけ汁をかけて食べる。」とある。あるんですけどねぇ・・・
フリースタイルのはやっぱり冷麺って言って、韓国冷麺は韓国冷麺って言えばいいんやないかなぁ。
ちなみに冷やし中華っていうと、ナルトやエビがないと、どうもそれっぽくないよなぁ、あくまでもぼくのイメージでは、ですが。

JUGEMテーマ:グルメ
  



ラーメン | comments(0) | - | 

せめてスイーツだけでも和風に

今週はカレーウイークで、せめてスイーツだけでも和風にということで、黒糖蜜のあづき寒天。なんば高島屋の仙太郎で買ってきたの。
以前つれあいが京都みやげに仙太郎のぼたもちと豆大福を買ってきてくれたんですが、そのときに店舗は京都だけでなく、大阪にも東京にもあるよって言ったのを証明するかたちで。
2017-06-09 001.jpg
中身は至極単純なつくり。
少し甘みを含んだ寒天と小豆。それが二層になって入ってる。
で、それをペティナイフでサイコロ状に切り分けてガラスの器に盛ってみた。
2017-06-09 002.jpg
きらきらと涼やかでしょ。
このまま食べてもほんのりと甘くて、ちょうど二日酔いにはよさそうな感じなんですが、やっぱりせっかくついてる黒糖蜜をかけない手はないってことで。
2017-06-09 003.jpg
すると、こっくりとした甘さがイイ感じにしみわたる。
これがいい。

じつはこの黒糖蜜のあづき寒天、今回が二回目。
何年か前に買っておいしかったのを覚えてたんで、リピート。
たしかつれあいも食べたはずなんですがね。

JUGEMテーマ:グルメ
  



スイーツ | comments(0) | - | 

カレーウイーク

しばらくカレーが続いたんで、ごはんと味噌汁が食べたいと思ってたんですが、またしてもカレー。
なんでも近所のインド料理屋が5周年だっていうんで。
で、まずはラッシー。
2017-06-08 001.jpg
ぼくはふつうの。つれあいはストロベリーが入ったの。
なんでなんでしょうねぇ。ふだんは甘い飲み物なんて見向きもしないんですが、インド料理屋に行くとなぜかラッシーが飲みたくなる。

で、サラダ。
2017-06-08 002.jpg
別に何の変哲もないんですが、器の柄とドレッシングの色が一緒っていうのはなかなかのセンス・・・ていうか偶然なんでしょうが、きっと。

さて、肝心のカレーはというと、つれあいはベジタブルカレー。
2017-06-08 003.jpg
表面上はあんまりわからないんですが、じゃがいもとかインゲンとかにんじんとか・・・。
ナンはプレーンの。それから、タンドリーチキンとタンドリーシュリンプがついてる。

それから、上の娘の。
2017-06-08 004.jpg
シュリンプカレー。
それにシシカバブとタンドリーシュリンプをつけてエビづくしのプレート。
ナンがまた明太子チーズっていう、きっとインド人もビックリのナン。

で、ぼくの。
2017-06-08 005.jpg
ぼくのはキーマカレー。
それにシシカバブとタンドリーチキンをつけて。
ナンはガーリックナン。これが香ばしくって、なかなかおいしかった。

というわけで、今週はまんまカレーウイークでした。ああ味噌汁飲みたい。

JUGEMテーマ:グルメ
  


カレー | comments(0) | - | 

きょうはパンです いつものバゲット

きょうはパンです。フルニエのバゲットアンジュ。
2017-06-07 001.jpg
わが家で常食の食パンはいまだに迷ってるんですが、バゲットはほぼここのに決まってる。
まぁ、食べ方はいろいろですがね。

それから、この日はあり合せの野菜。
2017-06-07 002.jpg
ていうか、サラダを用意する気がなかったもんですから、もう5分もかからずに用意できるっていったようなの。

それにコーヒー。
2017-06-07 003.jpg
このあたりまでは何の変哲もなく。

で、ちょっと変わってるのはパンに塗ったもの。
ジャムでもバターでもなく、カレー。
2017-06-07 004.jpg
きのうは2日目で、「実はまだ残ってるのをさらに変化を加えたりしてる。それはまたあしたでも。」って書いた、その例の残り物のカレー。

それをバゲットにどっぷりと塗って・・・ていうか、たっぷりと乗せて。
2017-06-07 005.jpg
要はカレーパンですな、結局のところ。

でも、まあ、つくったものを余さず食べるっていうのは、ほんとキリがイイっていうかキモチイイ。

シゴトなんかも、かくありたいもんですが・・・

JUGEMテーマ:グルメ
  

パン | comments(0) | - | 

2日目のカレーは

きのうは、「月に1回はカレー」ってことで、2日がかりで仕込んだカレーを、これまた2日以上かかって食べるってことを書きました。
で、色々と変化を楽しむ次の日のことは次の機会にってことで、今回はそれのこと。
2017-06-06 001.jpg
色々と変化を楽しむって書きましたが、今回はそれほどでもなく、茄子やパプリカ、インゲンなどの夏野菜をオリーブオイルで炒めて。
それから、二日目、いや、かれこれ3日目のカレーはやっぱりまったりとなっておりますが、その分新鮮なスパイシーさは損なわれるってことで、ガラムマサラを少し加えて。
それから、トッピングのためにチキンカツ。
2017-06-06 003.jpg
もちろん、これだけを揚げるなんてことはせずに、出来合いのものなんですが。

それにサラダ。
2017-06-06 002.jpg
サラダはサニーレタスとベビーリーフ、それにさらした新たまねぎがベース。そこへきゅうりとブロッコリー、それに生ハムを。そして、トマトは別皿で。

で、きのうはヱビスやったんですけど、きょうはプレミアムモルツの芳醇ブレンドっていうのを。
2017-06-06 004.jpg
スタンダードのプレミアムモルツとプレミアムモルツの黒をブレンドした、いわば出来合いのハーフ&ハーフっていうのなんですが、ぼく的にはやっぱりスタンダードのプレミアムモルツのほうがよかったかな。
ま、でも、いろいろ変化を楽しむっていう意味ではよかったかな。

で、これが2日目で、実はまだ残ってるのをさらに変化を加えたりしてる。
それはまたあしたでも。

JUGEMテーマ:グルメ
  

カレー | comments(0) | - | 
<< | 2/404P | >>
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>