厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

バレンタインはちょっとツライ

甘いもの好きである。糖質制限中ですが。
だからこの時期、けっこうツライことになる。バレンタインデーですからね。
ま、その点つれあいはそのことを分かってくれてて、ことしのセレクトは低糖質ソシソンショコラっていうの。
2018-02-14 001.jpg
モンサンクレールっていうところのなんですが、外見はサラミみたいなガナッシュ。
で、それを恵方巻みたいに食べる訳もなく、切り分けてみるとこんな感じ。
ヘーゼルナッツやピスタチオ、ドライフルーツみたいなのがたっぷり入ってる。
2018-02-14 002.jpg
ビターなチョコレートの味わいをベースに、ナッツの香ばしさ、そこにドライフルーツの酸味がところどころ効いてる。
よくワインをチョコレートになぞらえて表現したりするんですが、なんだか表現は共通するところがあるようで。
で、それをコーヒーでいただく。
2018-02-14 003.jpg
ビターなガナッシュも、よりビターなコーヒーと食べれば甘く感じる。
ただ、このガナッシュ、難点は切り分けるとバキバキに割れてしまうところ。ま、味は変わりませんけど。

それから上の娘。
小山ぷりんを買ってきたんではなくて、小山ぷりんの瓶を使って自前のプリンをつくったっていうワケ。
2018-02-14 004.jpg
娘曰く、「神うまい!」という話。
要は、すごくうまくできたっていうことなんですよね。

で、下の娘はつれあいに手伝ってもらって(いや、つれあいを手伝って?)チョコチップケーキを。
2018-02-14 005.jpg
それを冷ましてひとつひとつ買ってきたパッケージに入れて。

このパッケージ、百均で買ってきたそうなんですが、なかなか。
2018-02-14 006.jpg
というわけで、バレンタイン、
糖質制限中ということで、少し気遣っていただいてるとはいえ、やっぱりこれをそのまま受け入れるっていうのはキビシイ。
でも、少しくらいいいかなぁって思うところもあって、ぼくの心の中で天使と悪魔が戦ってる。悪魔が優勢ですけどね。

JUGEMテーマ:グルメ
  

催事の料理 | comments(0) | - | 

「ハウル・・・」の次はBLT

きのうも書いたように、手づくりハム工房つくしんぼのベーコンの塊が手に入ったらば、「ハウルの動く城」の次はBLT、もう心にそう決めてた。ちょっとコドモじみてるかも知れませんけども。
幸いなことに先週は3連休で、月曜日は行きつけのブーランジェリー、和泉中央のフルニエも開いてる。なので、その前夜から、「あしたは早起きしてフルニエで食パンを買って・・・」なんてアタマに浮かべながら寝るありさま。
で、一夜明けて月曜日、朝も早うから飛び起きて、フルニエにひとっ走り、予定どおり食パンをゲットしてきた。
2018-02-13 002.jpg
パンは8枚切り。10枚切りでも6枚切りでもなく、少し厚い目の8枚切り。ベーコンのたっぷりの脂をしっかり受けとめて、それでいてベーコンを味わうにじゃまにならない厚さっていうイメージ。
で、イメージどおり2枚重ねてオーブンでこんがりと焼き上げ、中にフライパンでかりっと焼きあげた厚めのベーコンと、レタス、トマトを挟む。
娘らはトマトを敬遠するんですが、BLTからトマトを抜けばBLになるなんていう単純な話ではなくて、トマトがなければ、そもそもこのサンドウィッチは成立しない、とまで言い切りたいところ。
サンドウィッチのばあい、本来ならパンにバターを塗って野菜なんかの水分の吸収をブロックするんですが、このBLTのばあいはバターの代わりに、じゅうじゅうとベーコンを焼き上げたフライパンに残ってる脂をパンに吸わせるワケ。
なのでこのサンドウィッチ、見た目以上にボリューミー。

で、こうなれば、ビールで迎え撃ちたいところなんですが、さすがに朝っぱらからそういうわけにはいかず、娘が誕生日にくれたダイエット用のノンアルコールビールでキブンだけ。
2018-02-13 001.jpg
朝っぱらからノンアルコールビール。今更ながらばかばかしい話ですけどね。
でも、これはさすがにコドモじみてるとは言い難い、だろうね。

JUGEMテーマ:グルメ
  

パン | comments(0) | - | 

ことしも「ハウルの動く城」のベーコンエッグを

ことしもようやくベーコンの塊が届いた。
2018-02-12 001.jpg
このベーコン、鳥取県八頭郡若桜町へのふるさと応援寄付のお礼の品なんですが、手づくりハム工房つくしんぼっていうところの提供品で、月30セットの数量限定。30セットを越えた場合は、翌月の発送になるっていうことで、去年も年末に寄付してしばらく経って忘れたころにやってきた。

で、このベーコンが届くと、まずやってみたくなるのがコレ。
2018-02-12 002.jpg
スタジオジブリの「ハウルの動く城」に出てくるベーコンエッグ。
まあ、フライパンに厚切りのベーコンと目玉焼きっていう何の変哲もない、料理ともいえないような一品なんですが、やっぱりポイントはベーコン。並みのベーコンならこんなのやる気も起こりませんから。

あとはサラダとかはこだわりもなく。
2018-02-12 003.jpg
トマトとレタスとブロッコリーと。ほんとに何の変化もない。

さらにトーストを添えて。
トーストはちなみにフルニエの5枚切り。
なじみのパン屋、ルヴァン・ルヴュールが仕舞った今となっては、このフルニエの食パンが我が家の食パンの座に就いた。永らく暫定だったんやけど、もう周りにはこれに敵うのがないっていう結論なわけで。
2018-02-12 004.jpg
まあ、でも、きょうはそのトーストのことはさておいて、やっぱりベーコンエッグ。
独自の香辛料で14日間熟成させ、7時間スモークして出来上がったベーコンと、ヤマギシで買ってきた有精卵でつくったベーコンエッグはシンプルだけど、シンプルがゆえにうまい、うまさが違う。
ベーコンはまだまだある。あしたはやっぱりBLTやなぁ。

JUGEMテーマ:グルメ
  

家庭料理 | comments(0) | - | 

すき焼きはここまで喰らわねば・・・

女房の買い物につきあうのが苦手って方もいらっしゃいますが、ぼくのばあい、料理をするのが好きなもので、買い物に出かけるのもその延長線上みたいなもの。だからこの日もつれあいと買い物に出かけたんですが、つれあいがなかなか良さげな肉を見つけたんで、よっしゃ、きょうはすき焼きにしようかと。
2018-02-11 001.jpg
二人がかりで買い物をしてるわりには、二人とも気が付かないっていうか、どこか相方任せにしてるところもあるんでしょう。なわけで、この日はキノコ類を買うのをつい忘れてしまった。もっともこの日は残り物の青物がいくらかあったんで、それらを軸に組み立ててみましたが。
2018-02-11 002.jpg
いつもの白菜とたまねぎ、それに青葱、豆腐。
それから、今回はキノコの代わりに菊菜と三つ葉も。
ぼくはすき焼きに白菜を入れるのは、あんまり積極的ではないんですが、反対に三つ葉は是非入れたいって思うくらい。それに菊菜もなかなかイイ。
ま、すき焼きもいろいろバラエティに富んだ構成にするよりも、ちょっと具材を絞ったほうがいいような気もします。ま、キノコを忘れて言い訳してるっていう風にも取られるでしょうがね。
それに、そんなふうに言いながらも、さらに別皿を用意してるんですが。
2018-02-11 003.jpg
で、その別皿、じゃがいもと糸こんにゃくと麩。
いずれも我が家のすき焼きには欠かすことができない。
ことにじゃがいも。これがすき焼きのダシを吸うと、もうたまらなくうまい――っていうのは以前から書いてるとおり。
2018-02-11 004.jpg
で、そういうのをきちっと画像を撮ったり、記録に収めたりしてると家人らにずっと「おあずけ」の状態を強いることになるわけで、「もういいよ、食べて」っていうと、途端に箸が伸びてくる。

で、すき焼きは熱いのでタマゴをくぐらせる。
2018-02-11 005.jpg
前にも書いたとおり、タマゴをくぐらせるのは、すき焼きを食べやすくするために冷たいタマゴをくぐらせて温度を下げるっていう意味もあるそうでして、そういう意味ですき焼きにビールっていう発想やったんですが、今回はワインを。
ワインは、このところ続けて飲んでるふるさと応援寄付でいただいた甲州市の推奨ワイン。
2018-02-11 006.jpg
こんかいは勝沼醸造の「べーりーAヴィンテージ」っていうの。ジャムっぽい濃縮感があるんですけども、なにか骨格で欠けたところがあるように思う。それが何かっていうのはなかなか言葉に思い付かないんですが・・・

で、前回はダイエットのために〆のうどんは自粛しました。
でも、今回は・・・と言っても、食べたのは次の日の昼間なんですが・・・
2018-02-11 007.jpg
きのうも書いたように、ダイエットで体重はどんどん減ってきてるわけで、このところは反対に少しペースを落ち着けたほうがいいかなと、炭水化物も少し摂ってもいいかなってわけで。
まあ、ならばって勢いをつけてのことではないんですが、娘らとシェアするっていうことで、うどん玉3つを使って。
もちろん、残ってた割下は少しうどんだしで割って、マイルドにしましたが、残りの肉や具材をすべて放り込み、さらにタマゴを3つ割り入れて、ぐつぐつぐつと、それらに火をとおしたらできあがり。

やっぱりすき焼きはここまで喰らわねば・・・ね。

JUGEMテーマ:グルメ
   

 | comments(0) | - | 

ひさしぶりにパスタ、ふつうのパスタ

ダイエットしてるわりにはスイーツの話題が多いとか、なんだかんだと言っても体重はどんどん減ってきてるわけで、このところは反対に少しペースを落ち着けたほうがいいかなとも思うようになりまして、だからスイーツの制限を緩めたり、炭水化物も少し摂ってもいいかなぁって。
そういうわけで、きのうはひさしぶりにパスタ、ふつうのパスタ。
2018-02-10 001.jpg
生のタリアテッレが手に入ったので、それでクリームパスタに仕立てようと。
ふるさと応援寄付でいただいたカタマリのベーコンていう手もあったんですが、今回はサーモンにしようってことで。そんなわけで、スーパーへ立ち寄ったら、メキシコ産のぶっといアスパラがあったので、それも。
で、さっそく。
サーモンをカルピスバターでソテーし、ミルクと生クリームを加えて煮詰める。そこへ茹であがったパスタとアスパラを絡め、さらに生クリームを回しかけて味を調節し、最後にレモンピールを散らしてできあがり。

それにサラダ。
2018-02-10 002.jpg
サラダはサニーレタスとトマト、それにブロッコリーときゅうり、さらにロースハムの切れ端を。

それから、この日はフルニエのバゲットアンジュも。
2018-02-10 003.jpg
というわけで、ふつうのパスタとサラダ、それにバゲット。
サラダはともかく、ふつうのパスタとバゲットを一緒に食べるなんてほんとに久しぶりのこと。こう言っちゃなんですが、パスタとパンってサイコ―。炭水化物好きはまだまだ抜けきってません。やっぱりこういうのもたまにはいいかなぁと。
ま、これで堰を切ったようにならないように気をつけないといけませんがね。

JUGEMテーマ:グルメ
  


パスタ | comments(0) | - | 

GOKANの苺と貯古齢糖のルーロ 糖質制限してるわりにね

ずっと糖質制限してるわりには、ここ最近はスイーツの話題が多いっていうのは、ついこの間も書いたとおり。
皮肉なことに、こういう時ってなぜかそうなってしまう。
まあ、それも運命・・・なんて大袈裟なことは考えずに、いうことでなりゆき任せに。
で、きょうのスイーツは、この間、つれあいがおみやげに買ってきたGOKANの。
2018-02-09 001.jpg
GOKAN。
ここのスイーツって、なぜか気になってしまう。
札幌の友人ヤスコが大阪へ現われるたびに、GOKANのスイーツを貪り食ってるとかいう情報がFBに流れるんですが、そんなせいもあるのかな。

まあ、ここのスイーツがちょっとオモシロイってなことは、ぼくがヤスコに流したのが原因なんでお互い様かな。
で、きょうのはイチゴとチョコレートのロールケーキ。シンプルな取り合わせなんですが、ちょっとややこしいネーミング。
2018-02-09 002.jpg
GOKANではロールケーキのことをロールじゃなくってルーロっていうそうなんですが、そのうえチョコレートは貯古齢糖なんて書くわけで、だからこのロールケーキ、苺と貯古齢糖のルーロっていうのがGOKAN流の呼び方。
まあ、名前がややこしいっていうのはともかく、いつものように米粉を使った生地は、ココア風味でも相変わらずふんわりと焼き上がってます。

で、最近はこのグラスで紅茶っていうのがよくあるパターン。
2018-02-09 003.jpg
なにせ、二重構造で保温がいいもんですから、このグラスにティーバッグを放り込んでお湯を注ぎ、しばらく置いておくと飲みごろの紅茶ができあがる。
でもこの苺と貯古齢糖のルーロには、やっぱりコーヒーがよかったかも。
まあ、さすがにコーヒーを淹れ直して、もうひときれケーキをっていうのは我慢しますけどね。

JUGEMテーマ:グルメ
  



スイーツ | comments(0) | - | 

独断でキスをフライに

きのうは実家にお泊りやったもんで、ひさびさに更新を1日休みました。なので、少し間が開きましたが・・・

で、これは少し前のこと。 
この日はつれあいがお出かけで、娘らと。
順番からいうと魚やったんですが、焼き魚も煮魚もあんまり賛同してもらえなくて、ならばと独断でキスをフライに。
2018-02-08 001.jpg
それから、念のためと言うか、魚に文句をつけられた時のことを思って鍋用の鶏団子を買ってきてフライに。

で、キスフライっていうのはぼくの中では鯵フライなんかよりも少し上品な感じで、鯵フライならウスターソースをじゃばじゃばかけて食べるのがいいんですが、キスフライはやっぱりレモンをギュッと絞って、タルタルソースかさもなくば塩で食べるのがイイんやないかと。

それに付け合せのサラダ。
2018-02-08 002.jpg
付け合せのサラダも鯵フライならキャベツのせん切りがお似合いなんですが、キスフライはトマトとレタスとブロッコリー。

で、フライならホントはなにかスープがいいんでしょうが、この日はつれあいが豚汁を多い目につくっておいてって言われてたんで。
2018-02-08 003.jpg
いつもにも増して具だくさん。
下の娘がもやしが大好物で、もやし2袋を使おうとしたもんですから、それに合わせて具を増量したらこんなふうに。

で、用意もできたし、自分にご褒美ということで。
2018-02-08 004.jpg
ホンジョー 甲州ドライ大樽貯蔵 2016っていうの。
このところ、ふるさと応援寄付でいただいたワインをとっかえひっかえ呑んでるんですが、マスカットベリーAの赤ワインよりも、こういう辛口の白ワインのほうがいい。
殊にキスフライとはなかなかのバランス。
ま、肝心のキスフライは娘らにはそんなに喜ばれませんでしたがね。

JUGEMテーマ:グルメ
  

家庭料理 | comments(0) | - | 

くるみ入り生羽二重餅 もうちょっとデザインゴコロを持とうよ

ずっと糖質制限してるわりには、ここ最近はスイーツの話題が多くて、ちょっと矛盾を感じてしまうんですが。
・・・ですが、そうした矛盾は抱えながらも、今回は先の旅行でM大兄に貰ったおみやげ、マエダセイカのくるみ入り生羽二重餅。
2018-02-07 001.jpg
こう言っちゃなんですけど、お世辞にも洗練されてるとは言い難いパッケージ。
で、その箱を開けてみると、フィルムに覆われた下に、べたぁ〜っと箱一面にくだんの生羽二重餅が拡がってて、そこに無造作にくるみが散らばってる。
・・・
なんていうか、老婆心ながら、もうちょっとデザインゴコロを持ったほうがいいんやないって言いたくなるほど。
だから、盛り付けは勝手にこちらが腐心した。
2018-02-07 002.jpg
選んだのはガラスの器。
ただ、下に布でできたコースターを敷き、コーディネートに気を配ってみたんで、ちょっとはマシに見えるかなぁ。

で、餅にはやっぱりお茶がいいんでないかっていうことで、ほうじ茶にしたんですけど、こちらもガラスの器。最近つれあいが買ってきてくれたボダムの「ダブルウォールグラス」。こちらもミッドセンチュリー風のコースターを敷いて。
2018-02-07 003.jpg
グラスにほうじ茶を入れて、レンジで熱々に温めたので、内側に水滴がついてしまってますが。

さて、そうまでして盛り上げた生羽二重餅。
で、これがどうかというと・・・スバラシクうまい。失礼ながら、予想に反してと言いたくなるくらい。無造作に散らばせたと見えるくるみがまたすごく合う。もう生羽二重餅とくるみのマリア―ジュとでも言いたくなるくらい。いやぁビックリした。

だからよけいに思ってしまうんですが、やっぱりちょっとデザインゴコロを持とうよって。

JUGEMテーマ:グルメ
  

スイーツ | comments(0) | - | 

マリブレッドのバゲットを

少し前、泉大津の体育館横に新しいパン屋がオープンした。
マリブレッド。
ただ、営業時間が10時からっていうんで、なかなか時間が合わず、ようやく行けたのは暫く経ってからのこと。
で、ものは試しとバゲットを買おうとしたんやけども、バゲットが焼き上がるのはお昼くらいということで、またも空振り。やっとバゲットが手に入ったのはほん最近のこと。
2018-02-06 001.jpg
いちおう、バゲットと画像には撮ってないんですけど食パンを一斤。
キホン的にやっぱりパン屋の実力を知ろうとしたら、この2つやないかな。
ていうか、ウチで必要なのはうまいバゲットと食パンなわけで、これがうまけりゃしぜんとリピートするはずですから。
で、この日はそれにフォカッチャとロールパン。フォカッチャはあくまでもぼくの好み。でもってロールパンは、うまかったらホットドックにでも使うでしょうから。

とまあ、いろいろ試しはしたいところなんですが、この日はバゲット。そのため目玉焼きをまず拵えた。
2018-02-06 003.jpg
目玉焼きは岩塩と白胡椒を挽いて。
もうちょっと白身のふちをカリッと焼きたかったんやけど、黄身の火の通りがぼちぼちやったもんで。でもって、一緒に焼いたソーセージを添えて。

それからサラダ。
2018-02-06 005.jpg
サラダは、菊菜とクルミ。これがシンプルでおいしかった。
ドレッシングはいつものとおり、オリーブオイルとワインビネガー、それに岩塩を少々。
そこへペコリーノロマーノをかけたんやけど、強いて言えばなにかドライフルーツがあればよかったかな。

で、バリ神山。
2018-02-06 004.jpg
熱々のを用意してると、ちょうどパンが焼き上がった。
で、どうか。
2018-02-06 002.jpg
外皮の歯ごたえはなかなかなもの。
ただ、ぼく的には、小麦の味わいやこうばしい香りがもう少し強く欲しいところ。
でも、泉大津でこれだけのパンが食べられるようになったのはシアワセなこと。
ちなみに、一緒に買ったフォカッチャは頗るおいしかった。

きっとまたリピートするね、ここは。

JUGEMテーマ:グルメ
   

パン | comments(0) | - | 

おかえり

きのうも書いて旅行のつづきっていうか、旅行から帰ってのはなし。
つれあいがちらし寿司をもらってきたっていうんで、帰り際にスーパーへ寄って惣菜を買い足してきた。家人らは親子丼が食べたいっていうんで、その用意も。
で、まずはちらし寿司の方から。
2018-02-05 001.jpg
大和五条の柿の葉すし本舗たなかの「ちらしすし」。「ちらしずし」と濁らないのは何やらこだわりでもあるんかな。
まあ、その疑問は措いといて、すしめしの上に錦糸卵が敷かれ、その上にうなぎ、蓮根、紅鮭、椎茸、海老、連子鯛、栗の甘露煮なんかが拡げられてる。小ぢんまりとしたイイちらしですね。
で、それに買ってきた鯛のつくりを一緒に。
2018-02-05 002.jpg
サクで売ってたのをつくって盛っただけですけど、ちらしの具を先にいただいた後は、この鯛の切り身をすし飯の上に乗せていただくっていう寸法。これがなかなかうまくいった。
それから一緒に買ってきた惣菜も。
2018-02-05 003.jpg
ひじきの煮物と、にんじん、ほうれんそうの和え物。

ちなみに、家人らの親子丼は画像には撮ってないんですけど、鯛もこれらの惣菜も、もちろん家族でいただいてるわけで、ぼくひとりが寡占してるわけでない。

で、丼に合わせて、味噌汁も。もちろんぼくはちらし寿司に合わせてやけど。
2018-02-05 004.jpg
蕪と豆腐、それにしめじと菊菜と。

結局、わが家に帰って家人らに丼と味噌汁をつくってあげて、それでやっとひとごこちついたというか、まあ、因果なもんやね。

JUGEMテーマ:グルメ
   

家庭料理 | comments(0) | - | 
<< | 2/428P | >>
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>