厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし

ことしもミカンジュースを

先月末のミカンの収穫。
先月末は公私ともにバタバタとしてたもんですから、アップせずにいたんですが、もうそろそろ早くしないとっていうんで。
2017-12-03 001.jpg
丸々と色艶よく立派に・・・と言いたいところなんですが、ことしは日程やら天候やらで摘果を徹底できず、小ぶりなのがずいぶんと多い目に。

で、その小ぶりなの10個ほどで、ジュースを。
最近買った秘密兵器、シャープの低速ジューサーで。
2017-12-03 002.jpg
みかんの外皮を剥いて、投入口から次々と。
すると、出口からフレッシュなジュースが勢いよく。
愛媛では蛇口からみかんジュースが出るってな都市伝説があるようなんですが、わが家のはもっとかわいらしくささやかに。

とまあ、そんなこんなでみかん10個分のジュース。
いつも書くように何も足さない、なにも引かない。
2017-12-03 003.jpg
もちろんケトジェニックダイエットのことを考えて、少し味見をしてから娘にあげたんですけど、例年よりもちょっと酸味勝ちかなぁ。

いずれにしても、こうしてみかんがいただけるのはありがたいこと。
来年もできればありがたいんですが。

JUGEMテーマ:グルメ
  

スイーツ | comments(0) | - | 

ご褒美の晩ごはん

親戚の法事から帰ると、家人は外で食事を済ませてたので独りめし。
あらかじめ、その状況は判ってたので、何をしようか食べようかと思案しながら帰ってきたわけ。
もちろん、法事で食事も出たんですが、精進が基本ですし、その上ごはんやビール、炭水化物や糖類は極力セーブしたせいか、やっぱりガッツリ食べたいなぁって思ってたんで、手羽元でも焼こうかっていうことで。
2017-12-02 002.jpg
冷凍庫から手羽元を取り出して解凍し、後で食べやすくするのと、早くタレが滲み込むように庖丁をぶすぶすと突き刺しておく。
それから、醤油と紹興酒を等量、そこへ糖質ゼロの甘味料を少し加え、あと葱とにんにく、生姜も加えて手羽元を漬け込む。なにせ解凍したてなもんですから、すぐにタレが滲み込むっていうわけにはいかないものですから、少し湯煎してタレをお風呂くらいの温度に上げて、はやくはやくと。もっとも、こうすれば中まで火が通りやすくなるわけで、後々いいかなぁってこともあって。
で、傍らでキャベツを刻んだ頃合で漬かり具合をチェックして、そのままグリルへ。
いちばんよ弱い温度設定にして2度焼きすれば上の画像のとおり、綺麗にこんがりっと焼き上がるワケ。

それから、法事で食事もセーブできたっていうご褒美に、自身でこんなのも。
2017-12-02 001.jpg
ちょうど小皿に軽く一杯ご飯が余ってて、お誂え向きに家カレーも余ってたんで、それをあたためて。
よくあるアミューズのワンスプーン料理よりももうちょっとボリュームがあるくらいの程度。

それから、法事ではずっとノンアルコールビールで通してたんで、ご褒美に1本だけ。
2017-12-02 003.jpg
プハァ〜、やっぱりビールはこうでないと。

というわけで、ご褒美の晩ごはん。やっぱり自身で食べたいものを拵えて、うまく食欲をコントロールするっていうのが良いようですねぇ。

JUGEMテーマ:グルメ



ケトジェニックダイエット | comments(0) | - | 

最初のおやつ

ひと月とちょっと前、ケトジェニックダイエットに取り組む直前に、“最後のおやつ” とばかりに叶匠寿庵の豆大福をいただいた。ひと月間のケトジェニックダイエット期間中は、糖質や炭水化物のカタマリなスイーツを封印するっていうことで。

で、めでたくひと月が経ったわけで、こんどは“最初のおやつ”、本家小島屋のけし餅。
2017-12-01 001.jpg
実はケトジェニックダイエット後も、スイーツは怖くて手を出しあぐねてた。
このあいだも書いたようにGOKANで大きなホールのマロンモンブランを見つけたときも結局やめた。こんなん貪り食ったら、今までの苦労が水の泡って思ってしまって。

だから、自分から積極的にスイーツに挑もうっていう気が委縮してたんですけど、つれあいが買ってきたけし餅の、炒ったケシの実の香りに居ても立ってもいられなくて。
2017-12-01 002.jpg
以前にも書いたように、堺銘菓のけし餅は、けし餅本舗小島屋のと本家小島屋のとがあるんですが、ぼく的には断然本家の。
香ばしく匂い立つケシの実の香りっていうのは、炒った胡麻の香りなんかではなくて、むしろ炒ったコーヒーの香りをもっともっと上品にしたような、そんな感じ。
で、それがぷちぷちぷちとなるのと、しっとりと甘いこしあんが長い余韻をもたらしてくれる。
久しぶりのスイーツ。ですから余計にそんなふうに感じられるのかも知れませんが、あああ、この余韻にもう少し浸っていたいと、さらにもうひとつと手が伸びそうになる。
そう、ここが我慢のしどころ。これがスイーツの怖いところ。いつになったらこれで満足できるようになるんかなぁ・・・

JUGEMテーマ:グルメ



スイーツ | comments(0) | - | 

「Tribute to The Bob Dylan1967〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜」

このところ、月替わりの音楽の話は、ダイエットの勢いに任せてすっ飛ばしてしまった先月とか、順番を間違えてしまった1965-A、1965-Bなどと、ちょっと混乱気味なんですが、ことしの終わりはこの1枚、1967。
2017-11-30.jpg
1.As I Went Out One Morning / Mira Billotte
2.I Dreamed I Saw St.Augustine / John Doe
3.All Along The Watchtower / The Jimi Hendrix Experience
4.All Along The Watchtower / Barbara Keith
5.All Along The Watchtower / PauI Weller
6.All Along The Watchtower / Eddie Vedder&The Million Dollar Bashers
7.All Along The Watchtower / Bryan Ferry
8.All Along The Watchtower / Eliades Ochoa
9.Drifter‘s Escape / Jimi Hendrix
10. Drifter‘s Escape / Patti Smith
1!.I Am A Lonesome Hobo / Brian Auger&The Trinity
12.I Pity The Poor lmmigrant / Joan Baez
13.I Pity The Poor lmmigrant / Marion Williams
14.I’ll Be Your Baby Tonight / The Hollies
15.I’ll Be Your Baby Tonight / Maria Muldaur
16.I’ll Be Your Baby Tonight / Norah Jones
17.Quinn The Eskimo(Mighty Quinn)/ Julie London
18.Quinn The Eskimo(Mighty Quinn)/ Kris Kristofferson
19.Down ln The FIood / The Derek Trucks Band
20.Goin’ To Acapulco / Jim James &Calexieo

なんでこの1枚なんていう言い方をするかっていうと、このアルバムに収められた3曲目から8曲目までにわたる6曲の「All Along The Watchtower」が、このところ紹介してるシリーズ「Tribute to The Bob Dylan」のいちばんツボの部分やないかなぁって思ったから。
まずは3曲目のジミー・ヘンドリックスの。
イギリスの雑誌や新聞が選んだ「これまでで最もすぐれたカヴァー・バージョン」でもベストワンに輝いた作品で、まさにカバー・オブ・カバーとも言える作品。
ディラン自身もこのカバーを「この曲の権利の半分くらいはヘンドリックスのもの」と絶賛し、コンサートではこれに近いスタイルで演奏することが多くなったそうで、これが、言うところのスタンダードと言えるんではないかなぁ。
で、こんな曲の後に続くのはいささか荷が重そうなんですが、バーバラ・キースの疾走感のあるバージョン、それから、ぼくはこれが気に入ってるんですけど、ポール・ウェラーのちょっと渋みのあるバージョンと続く。
さらに、エディ・ヴェダー&ザ・ミリオン・ダラー・バッシャーズのきついロックバージョンが続いて、カバーの名手ブライアン・フェリーのダンディな脂の乗り切ったカバー、そして、最後がキューバのミュージシャン、シンガーソングライター、エリアデス・オチョアのラテンのバージョン。
なんだかスタンダードからノンスタンダード、楷書から草書へ至る揮毫が並べられたみたいで、このあたりはY氏の面目躍如かな。

JUGEMテーマ:グルメ
      


音楽 | comments(0) | - | 

忘年会 ダイエットの次なる関門

ケトジェニックダイエットは11月の下旬で一応は終わったわけなんですが、12月にはダイエットの次なる関門が立ちはだかる。忘年会。何件かある忘年会をどうやり過ごすかっていうのが次なる関門。
で、そのはじめの関門がきのうの忘年会。いつものとおり、とある鮨屋の二階で。
まずはてっさから。
2017-11-29 001.jpg
てっさなら、はじめから清酒っていう選択がベストかなぁって思うんですが、この日はあいにくうちに帰らなければならなかったもんですから、残念ながら、ノンアルコールビール。まあ、ケトジェニックダイエットの関門としては、ややハードルが下がった感ですけど。
まあ、そんなわけで、これもノンアルコールビールで。
2017-11-29 002.jpg
この鮨屋のてっちりコースはけっこうなヴォリュームで、いつも余らせてしまうほどなんですが、さすがにアルコールが入らないと、こういうのってすぐに食べつくしてしまう。
で、そういう手持無沙汰のところに、ようやく届いたてっちりの用意。
これがもう食べきれないくらい。
2017-11-29 003.jpg
で、そうなると堰を切ったようにいろんな料理が届くわけで、まずはフグの唐揚げ。
2017-11-29 004.jpg
これにはビールがいいんですけど、やっぱりノンアルコールビールでは、ちょっと物足らない。
そんなときにとなりではこんなのを呑んでやがる。
2017-11-29 005.jpg
ヒレ酒。
喉がゴクリと鳴るね。
で、そんなのを横目で睨みながらフグずしを頬張る。
2017-11-29 006.jpg
いいですねぇ。
ことしは白子がないんで、少し物足らなさがあったんですが、それを少しは埋めてくれる。
まあ、酒が飲めないのは、これは仕方がないけども。
でそろそろ終局。終わりの始まりは雑炊の漬物が届くこと。
2017-11-29 007.jpg
で、最後が雑炊。
この日は最後まで鍋のフグが残ったので、野菜とか他の具材をすべて除いたうえで、骨なんかを外したフグの身を残し、ごはんを入れて米粒をならし、塩で味付けをしてタマゴを溶いてサァ〜ット鍋に廻し入れ、お玉でくるりと混ぜてねぎを散らして蓋をして。
というわけで、少し蒸らしてできあがったのを器によそう。
2017-11-29 008.jpg
最後の関門、雑炊。
すしは仕方がないとして、この雑炊を腹一杯食べたなら、今までのダイエットの苦労が水の泡。
なんて、ちょっと大袈裟に思いながらも、ちょびっとだけ。
この関門が今月中はずっと続くかと思うと、ちょっと悩ましい。ま、贅沢な悩みですけどね。

JUGEMテーマ:グルメ
      

外食 | comments(0) | - | 

ダイエットからのリハビリ食?

巻かれるのが苦手なのか、家人は長いものが苦手。だから鰻や穴子などは滅多に食卓には上がらないんですが、この日は太刀魚の塩焼き。
2017-11-28 001.jpg
まあ、太刀魚ですから鰻や穴子みたいなこともないんですが。
で、これを生姜醤油で食べると案外おいしい。

それから、タコをカルパッチョ風に仕立てたんだそうですが。
2017-11-28 002.jpg
これもまた生姜醤油で。
ぼく的にはふつうでもタコのお造りは生姜醤油で食べたいんで、たとえカルパッチョ風であろうがなかろうが。

それから、小松菜と厚揚げの煮びたし。さすがにこれにはしょうがは関係ない。
2017-11-28 003.jpg
久しぶりに甘味料ではなく、ふつうの砂糖とみりんの甘味。
感覚的にはそんなに変わらないんですが。

それに味噌汁。
2017-11-28 004.jpg
というわけで、けっこうあっさり目の食卓。
ごはん?
ほんの少しだけいただきましたが。

JUGEMテーマ:グルメ
     


家庭料理 | comments(0) | - | 

昭和的ポークチャップ

つれあいが豚肉を買ってきた。
分厚い肩ロース。ステーキ、とんかつに最適って書いてある。
ケトジェニックダイエット的にはステーキなんやけどな。
でも、つれあいのリクエストはステーキでもとんかつでもなくて、ポークチャップ。
まあ、1ヶ月のダイエット期間も無事やり過ごしたわけだし、「ええい、やったるわい!」てなわけで。
2017-11-27 001.jpg
つれあいがゴソゴソひっぱり出してきたのは故土井勝さんのレシピ。現在活躍中の料理研究家土井善晴さんのおとうさんですね。
で、そのレシピによるとソースに使う具材は、たまねぎにマッシュルーム・・・
マッシュルームがないからしめじにしようと。
それから、ケチャップにウスターソース、白ワイン、スープストック・・・
白ワインをこのためだけに開けるのももったいないなぁっていうんで、料理に使ってるウイスキーでいいか。それから、スープストックもめんどくさいんで、味覇でいいかと。
そんなわけで、換骨奪胎の末にできあがったポークチャップ。つれあいの評では、「なんか昭和の味やねぇ」と。
2017-11-27 004.jpg
で、この日は付け合せのキャベツを大量に刻んで、これをもっぱら食べてたんですが、やっぱりダイエット明けはちょっと不ごはんも食べてみたくなって、小さな器にちょっとだけよそって食べてみた。
画像はないんですけど、今回は北海道産のななつぼし。
先に評したつれあいの表現を借りると、少し水っぽいけど、たしかにおいしい。

で、それにはケンタロウ漬なんかも久しぶりに。
2017-11-27 002.jpg
まあ、これはたとえ10本食べても、ダイエットにはさして影響もないやろうけど。

それから、味噌汁。
これにもしめじを入れ、あと、にんじんと豆腐、油揚げ。
こちらもダイエット中から制限なく食べてきたの。
2017-11-27 003.jpg
というわけで、ダイエットが終わったわけなんですが、けっこうそれを引きずってる。
まあ、ダイエット期間中の禁欲的なメニュウから、いきなりリピドーを全開なんてことはするつもりもなく、こんなふうに引きずってるののほうが安心なんですがね。
まあ、そのうちそんなに意識しなくても、ストレスがかからずに自然と食事ができるようになればしめたものなんですが。

JUGEMテーマ:グルメ
     
ケトジェニックダイエット | comments(0) | - | 

ダイエットから復帰後一食目は豚しゃぶ

20年ほど前、タバコをやめたときもそうやったんですけど、1か月間も禁煙したら、それを途中でやめるのがもったいないていう意識が芽生えてきて、その意識をくすぐりながら禁煙を続けたら、いつの間にかこんなに続いてしまってた・・・そんなふうに今回のダイエットの成果も持ち越せたらいいんやけども。

で、そんなことを考えながら復帰後一食目は豚しゃぶ。
2017-11-26 001.jpg
駅前のスーパーDでクリーニングを出したついでに400g強の肩ロースを買ってきたんですけど、それじゃあ足らんのやないかなぁっていう意見で、こんどは違うスーパーSでしゃぶしゃぶ用のバラ肉を200gほど買い足した。
それまでも、わが家ではスーパーSの豚肉がおいしいっていう評価やったんですが、食べ較べてみると明らかに違う。豚肉はやっぱりスーパーSやなぁっていう結論。ま、これはご近所さんに向けてのローカルな話ですけども。

で、野菜のほうはどうかっていうと、まあ相変わらずのメンツ。
2017-11-26 002.jpg
白菜、白ネギ、蕪、エノキ、椎茸、豆腐っていうシンプルな構成。

それから、アジの造りが安かったので、それを買ってきてわが家風のたたきに。
2017-11-26 003.jpg
ただ、胡麻油がもうなくなってしまったんで、胡麻が苦手な下の娘に先に食べさせてから胡麻を振って、どうにかリカバリーができましたけど。

それから、性懲りもなく厚揚げを。
2017-11-26 004.jpg
ダイエット中は厚揚げにずっとお世話になってたわけで、これを食べてるとなんだか安心したりして。
ぼくの中ではダイエットをしたおかげでこんにゃく麺は生涯食べたくないものの一つになったけど、厚揚げに関しては、むしろこのおいしさっていうのを再評価できた。よさげな厚揚げを買ってきて、オーブントースターで焼いて醤油と鰹節、それにおろし生姜をかけて食べるとカンタンでうまい、また食べよう。

で、ダイエットも終わったことだし、ちょっと羽目をはずしてビールも。
2017-11-26 005.jpg
ダイエット中は飲まなかったわけではないけど、こと家飲みに関してはノンアルコールビールか焼酎で頑張ってた。ま、たまには清酒やワインも飲んだけどね。
けども、ビールは控えてたんで、久しぶりの家飲みのビール。

それに、〆のラーメンも。
2017-11-26 006.jpg
もちろん、ここに写ってるひと口だけ。いやもうひ口食ったかな。

とまあ、ぼくの中ではダイエットのほうが禁煙よりもはるかに難しくって、だからこの歳になってもダイエットの必要があるわけなんですが、真価が問われるのはダイエットが終わってこれからのこと。ゆめゆめリバウンドしませんように。

JUGEMテーマ:グルメ
      

ケトジェニックダイエット | comments(0) | - | 

ダイエットは終わったものの・・・

1か月間のケトジェニックダイエットが無事終了しました。
おかげで大して苦しむこともなく、3.5圓慮採未棒功。
痩せたねぇって声をかけられたら、女房の小顔ローラーで頑張ったらこうなった、なんて嘯いてやろうかと、ちょっと楽しみにしてます。

さて、ダイエットも終わったんだし、念願のごはんを頬張るとか、スイーツをたらふく・・・なんて思ってたんですが、いざ終わってみると、そういうふうに欲望を開放するのがちょっと怖いってな心境になってる。
だから、終わったんですけども、ひとまずは鶏肉を焼いたりしてる。
2017-11-25 001.jpg
鶏肉にマキシマムと岩塩とを振りかけて、玄関先に生えてるローズマリーをひと枝。あと、親戚からどっさりもらった自家製の椎茸をばらばらばらと。
皮目を下にしてやや弱火でポワレして、皮がきつね色になったら全体を崩して全体に熱を行き渡らせて色が変わればOK。
できたところから箸でつまんで喰ってるので、なかなかできあがりの画像を撮るっていうチャンスもキモチもなかったんで。

で、やっぱりけっこう腹にずしんと来るので、サラダも。
サラダはいつものレタス、トマト、きゅうりの組み合わせにアーモンドを砕いてトッピングしてみた。
2017-11-25 002.jpg
とまあ、ダイエットが終わってもそんな調子。
きのう泉北タカシマヤへ行ったときに、GOKANで大きなホールのマロンモンブランを見つけて買おうかどうか悩んだんですけど、結局やめた。こんなん貪り食った日には、今までの1ヶ月がパーですから。だから、ちょっとずつ、ま、ソフトランディングを目指したいですねぇ。

JUGEMテーマ:グルメ
      

ケトジェニックダイエット | comments(0) | - | 

真ん中にあるはずの白いごはんがない、っていうこと

先月の終わりから始めたケトジェニックダイエットもそろそろ終わりが見えてきた。
で、この日は主菜がカレイの煮付けでした。
2017-11-24 001.jpg
もちろん、味つけはケトジェニックダイエットで推奨されてる甘味料、ラカントSっていうのと、ほんとはNGなんですけど、煮切ったお酒、それに醤油、あと生姜と牛蒡で。

それから、味噌汁は具だくさんの豚汁。
2017-11-24 002.jpg
豚肉とだいこん、にんじん、しめじ、ごぼう、葱、もやし。さらにこんにゃく、厚揚げと。もちろん、小芋も入ってるんですが、ぼくのをよそうときにはそれをできるだけ避けて。
で、最後にねぎの小口切りを乗せ、薬味に「やまつ辻田」の極上七味唐がらし。

それから、この日はほうれんそうを茹でて。
2017-11-24 003.jpg
わが家では、下の娘がごまが苦手なもんですから、各自取り分けてからごまを振って醤油をたらして。

で、もちろん、こういうメニュウのときは、無理に我慢をせずに、禁を破って清酒を一献。
2017-11-24 004.jpg
というわけで、この日は和風なメニュウ。
ただ、真ん中にあるはずの白いごはんがない、っていうこと。
ケトジェニックダイエットを始める前の日の“最後の晩餐”では、
だも書いたんですが、新米のコシヒカリを炊き、そのツヤツヤっとした炊き立てを頬張ったんですが、それももうしばらくの辛抱。
あああ、入れ込んでかかってしまっては元も子もない。なにか気を紛らさないといけないなぁ。

JUGEMテーマ:グルメ
      

ケトジェニックダイエット | comments(0) | - | 
<< | 2/421P | >>
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>