厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< トンカツと運動会  鯛を一尾食べつくす >>

記念日のランチ

きのうは夫婦の記念日だったんで、ほんとは晩ごはんにしたかったんだけど、夜はあいにく用事があって、それでお昼にささやかに。どこに行こうか、いろいろ候補を絞り込んで、最終的に近所のアンカシェットに行くことに。

で、まずは前菜から。

2020-09-26 001.jpg

前菜はヨコワとサンマ。

ヨコワはさっと火に焙ってたたき風に仕立てたの。

サンマは、けっこう大ぶりなのを生で。

これをカイエン風味のソースとバジルソースで。

サンマもこの頃はなかなかの高級魚だからね。だから生で食べられるほどの鮮度で、しかも大ぶりなのはありがたく食べないと。

 

それから、次はスープ。

2020-09-26 002.jpg

ピーナツバターかぼちゃのスープっていう説明。

ピーナツとバターとかぼちゃかなぁって思ったら、単にそういうなまえなんだそう。

クリーミィで甘い。それがバランスを崩すことなく納まってる感じ。

 

それからメインの。こちらはつれあいの魚。

2020-09-26 003.jpg

スズキとタイ。これをぺルノーと栗のソースで。

栗好きのぼくとしても、こんなソースもあるんだなぁって。

栗特有の風味で、クリーミィに仕立てられてて、ほのかに甘みがある。

それが、サックリとソテーされた魚の野趣を包み込むっていう趣向かな。

 

で、いっぽうのぼくのメイン。

2020-09-26 004.jpg

こちらは、北海道産の牛ヒレ肉。

で、こちらも栗のソースとマデラソース。

肉はもちろんレアで、食べやすい。

 

というわけで、メインをいただいた後はデザートに。

で、まずはぼくのイチジクと赤ワインのコンポート。

2020-09-26 005.jpg

つれあいはイチジク好きなんだけども、赤ワインと聞いて敬遠した。

なので、代わりにぼくが頼んだっていうわけ。

で、イチジクのコンポートの中にはカスタードが忍ばされてて、それと赤ワインソースを一緒に召し上がれというはなし。ちなみに一本横たわってるのは焼きチョコ。

 

それから、これを回避したつれあいは、シャインマスカットとピオーネのジュレ。

2020-09-26 006.jpg

上にショートパスタのように転がってるのはメレンゲのスティック

でもって、下にはヨーグルトのソルベが添えられてる。

メレンゲのスティックがサクサクと甘くていいリズムを奏でてるよう。

ふだん酒を飲まないつれあいが言うには、ジュレ自体は白ワイン風味なんだそうだけど、ふだんから浴びてるぼくにはわからなかったな。

 

というわけで、記念日のランチ。

で、このお店、gotoキャンペーンにも乗っかるそうで、そうなると今度はディナーかな。

 

JUGEMテーマ:グルメ
フレンチ | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>