厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 生のパスタ  熟成チキンを密かに >>

そば家「会合」

このところ、なんの拍子か蕎麦をたぐることが続いてて、この日はつれあいが知人から教わったのが「会合」というところへ。

蕎麦といえば古民家、というステレオタイプのど真ん中。聞くところによると、十数年前に退職金を擲ってこの店を開いたんだそう。

で、通されて最初に出てくるのが蕎麦茶と揚げ蕎麦と。

2020-07-12 001.jpg

どちらも香ばしい蕎麦の香り。

あらためて店内を見回すと、広々とした板の間にゴツイ一枚板の座卓が数卓。最近では古民家のリフォームはめずらしいものではないんだけど、こうした設えやディティールを見るとなんだかジェネレーションごとの好みがあったりする。ぼくらの世代だと、そこまでゴツイ座卓にはしないんじゃないかな。

 

と、そんなふうに飽きもせず、きょろきょろしてたら最初の盛り蕎麦がやってきた。

2020-07-12 002.jpg

ぼくが頼んだのは「ひやあつ」っていうの。冷たい盛り蕎麦熱い掛け蕎麦とがセットになってる。で、先に冷たい盛り蕎麦が来たっていうわけ。

薬味は葱と山葵、箸休めに野菜の糠漬け。

で、試しに何もつけずに1,2本をちゅるり。少し硬めの弾力。蕎麦の香りが鼻腔を抜ける。たぶん、よくできた蕎麦なんだろう。

 

で、つれあいは温かいとろろ蕎麦を。

2020-07-12 003.jpg

こちらは上からかつおを躍らせてある。

ぼくの蕎麦つゆもそうなんだけど、かつおの勝っただし。温かい蕎麦なのでかつおの香りがぱぁ〜っとあたりに広まる。

 

それから、待つこと暫し、こんどはぼくの熱い掛け蕎麦がやってきた。

2020-07-12 004.jpg

少し太めの蕎麦。それにキレのいいかつおの勝っただし。柚子皮の香りがさらにその切れを増してるよう。

たぶん冷たい盛り蕎麦と太さを変えてるんだろう。掛けにすると、どうしても蕎麦の腰が喪われるからかな。でも、それがなんだかもごもごしてしまう。

これがいいんだかどうだか、まあ、好みの問題なのかな。なかなかやっぱり蕎麦はムツカシイや。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
外食 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>