厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< しっかり目の朝ごはん  結局マグロ丼 >>

オヤジの好きだったブリ照りでも

4月の異動で、勤務地が実家から少し離れてしまったんだけど、きょうはオヤジの命日なもんで、帰りに少し回り道して線香をあげてきた。

こう書くと、ちょっと殊勝な息子のように映るのかもしれないけども、その実のところは自分で弁えてるつもり。つまり、決してそんなことなかったっていうこと、自己評価では。

まあ、そんなわけで、食卓はせめてもオヤジの好きだったブリ照りで。

2020-04-08 001.jpg

いつもブリ照りを焼いてたおかんのようにはいかないけども、まあそれなりに。

皿の向こうには、このところ呑んでる酔鯨が写ってる。

オヤジはふだん、お酒は飲まなかったんだけどね。

 

それに、副菜は定番の煮びたし。

2020-04-08 002.jpg

いつもは小松菜と厚揚げなんだけど、今回は油揚げで。

この料理、定番といっても、実家からのものではなくて、栗原はるみさんのレシピ。

でも、ブリ照りにけっこう馴染んでて、まるで昔っからおかんがつくってそうな雰囲気だなぁ。

 

それから、副菜をもう一品。

2020-04-08 003.jpg

といっても、買ってきたさつま揚げをトースターで焼いただけのこと。

これを生姜醤油でいただく。

フム、これもなんだかオヤジが好みそうな一品だわ。

 

で、こんなときはあまり冒険もせず、おとなしく味噌汁を。

2020-04-08 004.jpg

オヤジが逝ったのは、たしか8年前の4月8日のこと。

毎年、この時期はちょうど桜が満開で、風流なんて無縁だったはずのオヤジがなんでこの時期に、なんて泣くでもなし、笑うでもなし・・・

記憶の中のオヤジはずっと変わらないんだけど、ぼくだけが歳を重ねていく。

ちょっとはオヤジに近づいたかなぁ。

 

JUGEMテーマ:グルメ
家庭料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>