厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 姪っ子のおごりで「一歩」  しっかり目の朝ごはん >>

お好み焼きより筍ごはん

日曜日、お昼は姪っ子にランチをごちそうになって、夜はお好み焼きでも・・・なんて相談してたんだけど、つれあいの実家から筍を取りにおいでって連絡をいただいたもんだから、お好み焼きはまた今度っていうことで、さっそく筍ごはんを。現金なもんだね。

2020-04-06 001.jpg

ちょうどその前の日、一向に芽吹かない庭の山椒に業を煮やして、あたらしい山椒の苗木を庭に植えたところ。さっそく葉を毟られる山椒には気の毒な話だけども。

 

で、筍ごはんをすると、やっぱりちょっと奮発したくなる。

つれあいはコロッケでもいいよって言ってくれてはいるんだけども、せっかくだからね。

で、ちょうどいつも鮮魚を買ってるスーパーで、なかなかなマグロのサクが、なかなかな値段で売ってたので、おこづかいを奮発して。

ただ、それだけだと少し物足りないので、また別の店でヒラメを。

2020-04-06 002.jpg

マグロは一方は濃い赤。もう一方は中トロのような脂の乗り。

で、やっぱり睨んだとおりの深い味わい。ヒラメも縁側がごつくて、見込みどおり。

 

それから、筍はもちろん筍ごはんだけでなく。

2020-04-06 003.jpg

若竹煮に椎茸と小芋とオクラを加えて炊き合わせる。

淡口醤油とみりんと。かつおを効かせて。

 

それに、タコ酢なんかも。

2020-04-06 004.jpg

ほんとは、ワカメはこっちかなぁって悩んだんだけど。

代わりと言っちゃぁなんだけど、針生姜をたっぷりと盛ったら、娘から「お父さん、なんでこんなに生姜を盛るの!」って怒られた。

 

それから、また筍。

2020-04-06 005.jpg

こんどはお義母さんが炊いてくれた筍と山椒の佃煮。

これがなんともうまいんだなぁ。

 

とまあ、この日はいろいろと食卓が賑やかなんで、味噌汁は控えめに。

2020-04-06 006.jpg

大根としめじと豆腐と。

それでもよそではふつうくらいの内容なんだけどなぁ。

 

というわけで、この日は悩むことなく清酒を。

この酔鯨、ジャケ買いならぬラベル買いしたんだけども、なかなかいい味。ラベルも中身も。

2020-04-06 007.jpg

というわけで、筍ごはん。

一杯炊いたんでまだまだある。

久しぶりにお弁当でもつくってみようかな。

 

JUGEMテーマ:グルメ
家庭料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>