厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 白菜漂流の末  トマトっていうやつは・・・ >>

五建外良屋の「ういろ」

つれあいがおみやげにういろうを買ってきてくれた。

ぼくが以前名古屋へ行ったときに、おみやげにういろうを買ってきたんだけど、栗入りのが少ししかなくて、結局身内に配ったらわが家のがなかったっていうこともあって。

でも、つれあいが持ち帰ったういろう、名古屋ではなくて、京都の。五建外良屋っていうところの。それにこの店の、実は「ういろう」ではなくて、「ういろ」なんだそう。

2019-12-13 001.jpg

この店が創業した江戸末期、「ういろう」はすでにお菓子の名前として定着してたそうなんだけど、創業者が「ういろう」と区別をつけるために、「ういろ」としたんだとか。

 

で、そのういろ、つれあいが買ってきてくれたのは、栗と抹茶、それに黒糖の。もちろんお目当ては栗のなんだけど、意外と印象に残ったのは黒糖の。

それもそのはず、もともとは黒糖と米粉を使ったういろうが原型なんだそうで、そこからの発展形としていろんなのができたよう。

2019-12-13 002.jpg

で、その黒糖ういろ、黒糖のこってりした甘さの奥に少し塩気が感じられたり、なかなか奥深い。一方の栗のは色が白くて、黒糖のみたいなクセを除いて栗の味わいが前に出るように工夫されてる。抹茶もまた同じように、抹茶が生きるような調整がなされてるよう。

 

というわけで、五建外良屋の「ういろ」

以前は栗入りのにありつけず、少し残念がってたのを覚えてくれてたのかなぁ。

ま、いずれにしても、こんどはこっちの番かな。

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
スイーツ | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>