厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 悪あがきのハンバーグ  宮崎のおみやげ >>

負けシェフのパスタ

独りでパスタ、である。

きのうも書いたように。

ワイン煮の残りを使って。要はラグーソースなわけ。ちょうどその日は家族ばらばらで、独りで昼ごはんだったからね

 

で、やったのといえば、くだんのソースをフェットチーネに廻しかけただけ。

あとは庭の立ち枯れ寸前のバジルの青いところを選ってきて散らしただけのこと。

 2019-11-22 001.jpg

それでも、肉の塊がごろごろと。

それからエリンギと、煮込んで正体がなくなりつつあるセロリとにんじん。

弁解するようだけど、わりとおいしいんだけどなぁ・・・と独り言ちて。

 

むかし、どっちの料理ショーって番組があって、二人のシェフが、それぞれ自慢の食材を使った料理を提供し、選択した人数が多い側が勝ち、負けたほうのシェフは独り寂しくその料理を試食する。まさにそんな気分。

残り物のじゃがいものグラタンとバゲットも、そんな気分によく似合ってる。

2019-11-22 003.jpg

とはいえ、パスタもグラタンも濃厚なので、サラダは、レタスをベースにトマトときゅうりとパプリカと。まあ、スライスしたパルミジャーノを一面に散らしはしたけど。

2019-11-22 002.jpg

それでもきゅうりのコリコリっとしたところや、パプリカの瑞々しいところなんかで救われる。

 

それから、独りで昼ごはんだからね。

2019-11-22 004.jpg

ビールなんかもそうだけど、真昼に飲むワインっていうのは味わいが違う。

もちろん、抜栓して時間の経過で味わいが変化するっていうのもあるけど、そういうのじゃなくて、真昼のアルコールは自らが堕落したような気分になる後ろめたさが少しあって、それがなんだか隠し味のように効いてる、ような気がする。

決して負けシェフのやけ酒っていうのではないんだけどね。

 

JUGEMテーマ:グルメ
パスタ | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>