厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< でしゃばるのは二日目以降  肉じゃがとフライの明暗 >>

いなりずしは質素に?

少し前、つれあいの実家からいなり揚げをもらった。

あの油揚げを甘く炊いたやつ。寿司めしを詰めるといなりずしになる。三角形だから関西風のね。

で、もちろん、さっそくいなりずしを。

2019-11-17 001.jpg

ふつうは寿司めしに胡麻を混ぜるっていうのが一般的なんだけど、以前にも書いたとおり、下の娘は胡麻が苦手。そういうこともあって、向こうの皿のいなりは娘用ににんじんと酢れんこん、手前のにはもちろん、胡麻も混ぜ込んだ。

 

で、いくら家人がいなりずしが大好きでも、やっぱり寿司となれば魚が食べたくなるのが人情で、この日はまず鯛をサクで買ってきて造りにし、スダチを添えて。

2019-11-17 002.jpg

この時期の鯛はもみじ鯛と呼ばれるそうなんだけど、そう言われれば、たしかに春よりも少し脂の乗りもいいような気にもなる。気のせいかなぁ。

 

それから、この日はクルマエビが安売りしてたもんだから。

2019-11-17 003.jpg

こっちは串を指してグリルで塩焼きにし、そこへスダチを絞っていただくっていう算段で。

 

まあ、そんな高級食材ばかりじゃなくて、こんなのも傍らで焼いてたりして。

2019-11-17 006.jpg

スーパーで売ってた総菜のごぼう天。

タイやエビもいいんだけど、箸休めみたいにこういうのもあるほうがほっとしたりする。

 

ほっとするといえば、もちろん味噌汁も。

2019-11-17 004.jpg

おすしだから、それもいなりずしだからほんとは赤だしのほうがいいんだろうけど。

 

とまあ、とにかく準備が整ったみたいなので、もちろんお酒を一献。

2019-11-17 005.jpg

でも、この日は清酒ばかりじゃなくて、ワインも少し。

クルマエビの塩焼きを食べて、やっぱりブラックタイガーとは違うよなぁってことで、ワインにも少し合わせてみたくなったもんだから。

ほんとは、家飲みは一種類だけって決めてるんだけど、たまにはいいかということで。

2019-11-17 007.jpg

というわけで、いなりずし。

それ単体だと、にぎりと違って質素なイメージなんだけど、この日は脇役もいろいろ固めたもんだから、思いのほか豪勢になってしまったかな、わが家にしては。

 

JUGEMテーマ:グルメ
家庭料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>