厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 娘のリクエスト  サンドウィッチシンドローム >>

紅ズワイ4はいを一気呵成に

 

カニ解禁だそうで。

わが家もさっそく。といっても紅ズワイだけど。

このあいだの日曜日、区民祭りがあって、そこで1ぱい500円で売られてた隠岐の紅ズワイを4はい。こうしてみるとなかなかイカツイ。

2019-11-11 001.jpg

でも、4はいだからたいへんだ。

というのも、わが家のオンナどもはカニを剥くのはからっきしで、見てるとイライラするので、ハナっからぼくが剥くわけ。だから4はいはたいへんだと。

甲羅を外し味噌を取り、グローブっていわれる胴体から身をほじくり、脚の細いところの身を丁寧にとって器に盛る。で、残った脚の太いところやツメに切り目を入れ、食べやすくしてようやく準備完了。

2019-11-11 002.jpg

ずいぶん準備にかかったなぁ。

たぶん1時間以上。

でも、食べるのは一瞬。

 

で、副菜はにんじん、レンコン、椎茸の炊き合わせとほうれんそうのおひたし。

2019-11-11 003.jpg

ほうれん草はともかく、炊き合わせは、もうちょっと変化をつけられそうだったんだけど、なにせカニを剥くのに忙しくって。

 

その忙しい合間を縫って、味噌汁も。

2019-11-11 004.jpg

きのうのブリしゃぶの残りの白菜やらえのきやらと、新たににんじん、豆腐、しめじなんかを入れて。

 

でもって、下の娘からきのうに引き続いて雑炊のリクエストがあったので、それもつくったんだけど、もう画像をとる余裕もなくって。代わりに先につくっておいた蕪の酢漬けを。

2019-11-11 005.jpg

まあ、蕪をスライサーで均一にスライスして、昆布と柚子がないんでスダチの皮を入れ、合わせ酢になじませて重しをかけておく、それだけのことなんだけど。

 

で、ようやくのお酒。まずは醸し人九平次から。

2019-11-11 006.jpg

「まずは」というからには次もあって、次は紀伊国屋文左衛門っていう大吟醸。

まあ、もともとどっちもグラスに一杯くらいしか残ってなくて、それを次々に空けただけのこと。空き瓶だけ見るとずいぶん飲んだように見えるけど。

 

で、食後は柿などつまんで、ほうじ茶をいただき、ようやく一息。

2019-11-11 007.jpg

というわけで紅ズワイ4はいを一気呵成に。

もう、へとへとの週末だったよ。

 

JUGEMテーマ:グルメ
家庭料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>