厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 娘のバースデーケーキ、すごいモンブラン  娘のリクエスト >>

担々麺と餃子 独身時代の外食みたいに

だいたい娘らに何が食べたいって訊くと、あいつらあんまり考えもせずに、ラーメンとかオムライスとか唐揚げとか、まあ、条件反射的にそういう答えが返ってくる。

で、その日は晩ごはんに何がいいってうっかり訊いてしまったんで、ラーメンがいいっていう意見が続出してしまった。

仕方なく、「じゃあ、野菜たっぷりのラーメンか、鍋をして最後にラーメンで〆るっていうのはどう? まあ、担々麺でもいいけど・・・」と、鍋を強調して提案してみたんだけど、最後の担々麺を拾われて、結局担々麺をする羽目に。

2019-11-09 001.jpg

担々麺はふつう、器にまず酢と醤油、それに芝麻醤や辣油と、みじん切りにした搾菜やねぎなんかを入れ、スープストックを注ぐっていう手順でスープをつくるんだけど、4人前もいちいち器ごとに分量を量ってスープをつくるなんていうのが面倒だから、ええい鍋で4人分、まとめてつくってやれということで。

となると、下の娘に合わせて辛さを控えめにしないといけないわけで、辣油はあとで各自好みに任せてというセルフサービス。

それに、どうせ担々麺だけだと空腹はおさまらないだろうから、並行して餃子を焼いてるんで、それくらいの手抜きはいいだろう。

2019-11-09 002.jpg

もっとも、餃子はつれあいと娘がつくって冷凍してあったのを焼くだけだから、ぼくがそんなに頑張ったわけでもないんだけどね。

 

とまあ、そんなわけで晩ごはんに担々麺と餃子。なんだか独身時代の外食って感じになってしまった。

そういえば、その頃はあんまり考えもせずに、ラーメンとかオムライスとか唐揚げとか、まあ、条件反射的にそういうのを選んでたかも。だからまあ、娘らのことはあんまり責められないわな。

 

JUGEMテーマ:グルメ
ラーメン | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>