厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< あれこれ悩まずお好み焼き  トアロード デリカテッセンのミックスサンドウィッチ >>

Tribute to The Fab Four 〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜 4-B

いろいろあった10月もようやく終わり。

なので、月替わりの音楽の話。

音楽の話は、ぼくの友人Y氏の編集した「Tribute to The Beatles」。

長く続いたこのシリーズもとうとう最後の一枚。

2019-10-31.jpg

1. Be-Bop-A-Lula / John Lennon

2. Stand By Me / John Lennon

3. Rip It Up/Ready Teddy / John Lennon

4. You Can’t Catch Me / John Lennon

5. Ain’t That A Shame / John Lennon

6. Do You Wanna Dance / John Lennon

7. Sweet Little Sixteen / John Lennon

8. Slippin’ And Slidin’ / John Lennon

9. Peggy Sue / John Lennon

10. Bring It On Home To Me/Send Me Some Lovin’ / John Lennon

11. Bony Moronie / John Lennon

12. Just Because / John Lennon

13. Just Because / Paul McCartney

14. Only You(And You Alone) / Ringo Starr

15. True Love / George Harrison

16. Baltimore Oriole / George Harrison

17. I Really Love You / George Harrison

18. Got My Mind Set On You / George Harrison

19. Don’t Get Around Much Anymore / Paul McCartney

20. No Other Baby / Paul McCartney

21. Lonesome Town / Paul McCartney

22. Coquette / Paul McCartney

23. Shake A Hand / Paul McCartney

24. Between The Devil And The Deep Blue Sea / George Harrison

 

今回もジャケットを見ていただくとお分かりのとおり、「Beatles」じゃなくて、「Fab Four」になってる。

以前も書いたように、「Fab Four」っていうのは「Beatles」の愛称みたいなもんだそうで、今月のも「Fab Four」ってなってるっていうのは、要はビートルズナンバーではなくて、メンバーが歌うソロバージョンで、前回に引き続き、メンバーが誰かの歌を歌うっていう、逆カバー集。

まあ、Y氏の好みなのか、ジョンが半数の12曲、ポールが6曲、ジョージが5曲、リンゴが1曲っていう割合。なんだかこの偏りがビミョ〜なテイストを生み出してるわけで、あらためて考えると、この配合にY氏の好みとぼくの好みの違いが垣間見えて、ちょっとおもしろいなぁと。

ぼく的には、聴きなれた前半のジョンよりも、ポールとジョージの、特に17曲目から20曲目あたりの編成が好みで、ジョージの歌うドゥ・ワップとか、ポールが歌うデューク・エリントンとか、音楽性の幅広さとか、意外性があって新鮮だなぁと。まあ、先月のが単調だったせいもあって、その反動かもしれないけども。

 

でも、ながく聴いてきた「Tribute to The Beatles」もこれでおしまい。

11月からは何を聴こうかなぁ。

 

JUGEMテーマ:グルメ

音楽 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>