厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< みかんとタピオカ  あれこれ悩まずお好み焼き >>

気になってたブリを

なんか魚が続くなぁ。

きのう載せた「みかん」で、隣のFさんが食べてたブリ照りが気になってたからか、スーパーで目が行ったのがブリ。ちょうど良さげな切り身とブリカマが目に入ったので、もうためらいもなく。

2019-10-29 001.jpg

ブリはだいたい背の身のところと腹身のところ、それにブリカマっていう分け方で売られてる。

ぼくは脂の乗った腹身やブリカマのほうが好きなんだけど、家人らはあんまり脂の勝ったところは得意でないもんだから、ぼくの好みを通そうとすれば、別々に買うっていうのがいちばんいい。

で、腹身一切れだけっていうのはめったにないんだけど、ブリカマは一切れずつ売ってるっていうのが基本だから、こっちのほうを選ぶ確率が高いわけ。それにブリカマがやっぱり一番おいしいし。

で、この日はほんとに良さげなブリだったので、もう塩とスダチのみで。

 

それから副菜はほうれんそうのおひたし。

2019-10-29 002.jpg

ほうれんそうのおひたしなんて、どうつくってもそう変わるもんじゃない。

そう高をくくってたんだけど、いや、この日のおひたし、頗るうまい。

ひょっとしたら、茹でる微妙なタイミングがあるんかなぁ。それとも単に素材がよかったのか。

まあ、それは今後の研究課題ということで、あとは前日の豚汁を温めなおして。

2019-10-29 003.jpg

二日目の豚汁って、ちょっとしょぼくれて見えるなぁ。

なので、小口に切ったねぎを散らしたかったんだけど、それはあいにく。

でも、いつものやまつ辻田の七味唐辛子をたっぷりとかけて、山椒の香りをまとわせると、見た目はともかく食べる分には結構食欲をそそる。

で、ブリや豚汁、ほうれんそうには清酒よりも焼酎で行きたいなぁと。

2019-10-29 004.jpg

秘蔵の川越。

祭りでもずいぶんといい焼酎をいただいたんだけど、やっぱりぼく的にはこれがいちばん気に入ってる。だから、大事に飲まないと。

 

というわけで、川越にブリカマ。気になってたブリの、しかも一番好きなカマのところを塩とスダチで食べられて、もう満足。次は娘らが好きなブリしゃぶかなぁ。

 

JUGEMテーマ:グルメ
家庭料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>