厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 残暑も最終電車のように  Tribute to The Beatles 〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜 4-A >>

鍋シーズンの幕開けはうどんすき

きのうもけっこう暑かったんだけど、これはその前の少し涼しくなった時のこと。つれあいが、鍋が食べたいなぁって呟いた。

そういえば、今年ももうそろそろかなぁってね。

いっぽうの娘は最近うどんがマイブーム。何が食べたいって訊いてら、必ず「うどん!」って答えが返ってくる。

だから、ここで安易に鍋焼きうどんをしたら、娘は喜ぶだろうけど、つれあいには呆れられること間違いないから、ここはボケずにうどんすきを。

2019-09-29 001.jpg

で、うどんすきといえば、わが家では正月につれあいの実家で食べる美々卯のうどんすきを思い浮かべるんだけど、そんなにいろいろ具材を用意する気などさらさらなくて、今回はほぼちゃんこに似たような品揃え。

2019-09-29 002.jpg

鶏肉とミンチ、白菜に豆腐、シメジ、エリンギ、エノキ・・・

きょうのポイントは油揚げと三つ葉。

魚介類は入れない。世は肉系と魚介系のダブルスープ全盛なんだけど、ダブルスープにキモはバランスだと思う。ぼくにはどうもそのコントロールがむつかしいように思えてならないんで。

ていうか、カツオと昆布のダシに鶏と野菜のスープを加われば、これでもう何も足さなくてもうまい、これでほぼ完璧なバランスだもんね。

2019-09-29 003.jpg

まあ、実のところはそんなことはあんまり考えずに、うどんをツルツル、具材をハフハフ。

少し涼しかったとはいえ、それだけで汗がじっとり。

で、こういう時は冷蔵庫できっちりと冷やした清酒をゴクリ。

ながく残ってた飛良泉をとうとう飲み干した。

2019-09-29 004.jpg

というわけで、ことしも鍋のシーズンを迎えた。

このところ少し暑かったので、なかなかそんな気分にもなれなかったんだけど、どうやらこれが最終の暑さ。祭りが済めば、いよいよ鍋のシーズン到来かなぁ。

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>