厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 焼肉金城でランチ  Tribute to The Fab Four 〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜 3- F >>

最後は「膳」

3泊4日の3日目の夜、つまり沖縄の最後の夜は「膳」へ。

このお店、ロイヤルホテル 沖縄残波岬を定宿にして10数年、毎回滞在する際には必ず行ってる。なので今回も。

 

で、まずは近海魚のカルパッチョから。

2019-08-30 001.jpg

魚が何かは訊いてないけど、たぶんフエフキダイとかそんな感じの柔らかい口当たりのお造りに、地野菜を彩りよく散らし、オリーブオイルをひとまわし。

 

で、この店へ行くときはタクシーか代行を利用するって覚悟を決め、とくべつにワインをいただくっていうのを許してもらってる。というわけで、ガンマっていうチリのオーガニックワインを。

2019-08-30 002.jpg

ぶどうはシャルドネ。辛口だけど、それなりにバランスのいいさっぱりとした飲み口ってところかな。

 

で、これでカルパッチョをつまんでると、どんどん料理がやってくる。

まずはサラダ。

2019-08-30 003.jpg

よみたんサラダっていう。

なんだか、どの料理にも紅芋の紫が彩りに加わってるんだけど、このサラダにはサクサクに揚げたせん切りの紅芋がドカンと上に鎮座してる。

で、これをかき分けていくと、なかに半熟タマゴが居て、自家製のたまねぎドレッシングとで味を構成してる。

 

それから、若鶏のガーリックソテー。

2019-08-30 004.jpg

若鶏自体にはにんにく醤油で味付けられてて、まわりに黒胡椒とバルサミコが垂らされてる。ほんとはスパイシーで軽い赤なんかがあればいいんだろうけど、シャルドネでも、まあ、合わないことはないかな。

 

で、次が白身魚と野菜の和風ソテー。

2019-08-30 005.jpg

こちらもやっぱり紅芋が彩りに欠かせない。

あとはゴーヤにオクラ、ズッキーニ・・・。それに、変わったところだと魚の切り身の上に見えてるドラゴンフルーツのつぼみ。

 

でもって、最後はもずくとアーサの雑炊。

2019-08-30 006.jpg

もずくとアオサが入ったどっぷりとした雑炊。

最初のカルパッチョからここに至るまで1時間足らず。贅沢を言うと、もう少しゆっくりと料理が出てきたらよかったんだけど、おかげで帰りの代行のクルマから、ホテルで打ち上げてる花火を少し見れたのが幸い。まあ、最後の夜っていうことで、ちょうどよかった。

 

というわけで、沖縄の話はこれでおしまい。また来年もぜひ行ってみたいよなぁ。

JUGEMテーマ:グルメ
沖縄 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>