厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< オレンジ再訪  焼肉金城でランチ >>

沖縄でお好み?

沖縄での2日目は、つれあいの希望で眞栄田岬にシュノーケリングに。

インストラクターの人たちといろいろ世間話をしてたんだけど、「毎日毎日ごちそうを食べたいってわけじゃないんだよね。」なんて言ってたら、「大阪の方だったら「杉」でお好み焼きなんかどう?」って複数の方から教えてもらったんで、その晩にさっそく。

 

「いらっしゃい」

耳慣れた関西風のアクセントで迎えてくれた大将。訊けば大阪出身、元はダンプの運ちゃんなんだそう。

で、まずは複数のインストラクターが異口同音にイチオシのとん平焼き。

2019-08-28-2 001.jpg

とん平焼き。

大阪ではおなじみの鉄板焼きメニュー。

焼いた豚肉をタマゴで包むっていう、シンプルな料理。でも、これがうまい店はなかなかない。シンプルなんだけど、シンプルだからこその難しさ。

で、これがうまい。インストラクターが異口同音に「おいしい!」っておススメするのもよく分かる。

大将が真剣なまなざしでとん平焼きを焼いてる姿が印象的。

 

それから、「大阪の方だったら「杉」でお好み焼きなんかどう?」って言ってたそのもの、お好み焼き。

2019-08-28-2 002.jpg

こちらはどうなんだろ。

わが家のお好みと較べると、少し小麦粉が多いめ。

この日はふだんと一緒で、クルマで赴いたのでビールはノンアルコール。ほんもののビールがあればもっとおいしく感じられたんだろうに。

 

で、メニュウを見てると意外なものを見つけた。

まさか、沖縄でめぐり合えるとは思ってなかったきつねうどん。

これが、ふつうにおいしい。

2019-08-28-2 003.jpg

というわけで、鉄板焼き「杉」。

ダンプの運ちゃんから転身して13年。沖縄でお好み焼き屋を広めるなんて、フランシスコ・ザビエルみたいにいろいろ苦労があったんだろうなぁ。

「じゃあ、今のシーズンはいいけど冬はたいへんやないすか」って水を向けると、大将曰く、「観光客なんかまったく来ないから関係ないよ。それに、冬にはプロ野球のキャンプがあっていろいろ忙しいんよ。」って。

そのときは、くだんのインストラクターたちがアルバイトにこの店で働いてくれるんだそうで、すっかりこの界隈で愛されてるよう。

なんだか、大阪人としても大将の頑張りが誇らしく思えましたヮ。

JUGEMテーマ:グルメ
沖縄 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>