厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 小さな月餅のために  タピオカ・ミルクティー・プリン >>

タコに鯖に純米酒

少し前につくったジェノバペーストなんかどうかなぁって呟いたら、言下に却下された、タコブツ。

まあ、想定内のことだし、気を取り直していつものとおり、ワカメを敷いてその上に並べ、生姜を乗せて。

2019-08-22 001.jpg

この日は久しぶりに緑の皿をひっぱり出してきて、その上に盛りつけた。

まあ、無謀にもジェノバペーストのことを持ち出したけど、やっぱりタコブツは生姜醤油がいちばんだと思う。なんとなら、にぎりでもサビ抜きにしておろし生姜を所望したいほど。

 

で、これもところ違えば生姜醤油が添えられたりもする、焼き鯖。

でも、これは塩だけでじゅうぶん。レモンもスダチも要らない。

2019-08-22 002.jpg

暑い時期の鯖ってたいしたことない、なんていう先入観はなくはないけど、実際に食べてみれば暑い時期だっておいしいんだよね、モノさえよければ。

ただ、わが家で鯖好きといえばぼくひとりだけで、これはきっと浜育ちのDNAなんかな。

 

でも、いくら浜育ちでも海のものばかりだと閉口するわけで、副菜には肉じゃがを。

2019-08-22 003.jpg

鯖っていう下町系のごちそうには、同じ下町系の肉じゃがなんかがよく合う。これもきっと下町育ちのDNA・・・いやいや、鯖と肉じゃがが一緒の食卓にのぼるなんてのは、下町にしてはちょっとごちそう過ぎる。まあ、あって味噌汁が関の山ってところかな。

2019-08-22 004.jpg

この日は豆腐と大根、しめじなど。ぼく的にはねぎが欲しいところだけども、家人らはあれば入れるけどわざわざっていう感覚らしくって、結局まあいいかってことになってしまう。

 

でも、ねぎは我慢できてもこっちは辛抱たまらん。

2019-08-22 005.jpg

飛良泉の山廃純米。

ちびちび飲んできたけど、そろそろこれもおしまいかなぁ。

タコに鯖に純米酒。これもきっと浜育ちのDNA・・・いやいや、そんなにこどもの頃から酒は飲んでないって(・・・いうことにしておこう)。

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
家庭料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>