厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 慌てて飛び込んだランチ カンティーヌ・ドゥー・デリス  娘の回鍋肉 >>

夏でもすき焼き

さすがに夏ともなると鍋の出番は少なくなるんだけど、それでもすき焼きなんかは暑い盛りでもたまに。まあ、これは暑くなる少し前の話なんだけど。

2019-08-04 001.jpg

わが家のすき焼き。

これもいろいろと家人の意見を取り入れたり、あるいは邪魔くさいのを簡素化したりして、以前から少しずつかたちを変えてきた。

まずはお肉。

2019-08-04 002.jpg

以前にも書いてるとおり、家人らはあんまりサシがいっぱい入った高級なすき焼き肉っていうのがちょっと苦手で、ふるさと納税なんかでもわざわざ赤身の肉を探したりする。まあ、貧乏性っていう見方もあったりして。

そういう意味では、牛肉ばかりじゃなくて、鶏肉も混ぜたりするのもそういう見方をされるかな。

これも家人の好みを反映してのことなんだけど、結果として経済的に助かるっていうのもまた事実だしなぁ。

 

まあ、そのあたりのことはともかくとして、他の具のことを。

2019-08-04 003.jpg

ぼく的には、すき焼きの鍋で煮た青葱をがっさりと頬張るのが好み。それから、たまねぎの甘さも肉にはよくあう。三つ葉もなかなかおいしいし、

だから、まずは青葱とたまねぎ。いつも鍋で活躍する白ネギは省いてる。

それから、くるりと巻いた三つ葉を乗せてるので見えにくいんだけど、豆腐に白菜も。白菜は家人の意見で残してるけど、ぼく的にはなくてもいいとまで思ってる。

 

で、大皿に入りきれない具は別皿に。

2019-08-04 004.jpg

こちらはあらかじめ加熱したじゃがいもと麩、それに糸こんにゃく。

ことにじゃがいもを入れるっていうのは、わが家の伝統・・・ってほどでもないか。

 

それからきのこ。

2019-08-04 005.jpg

きのこもたっぷり。

この日は舞茸が入ってなかった。もちろん松茸も入ってないけど。

でも、エリンギは香りはともかく、松茸と食感はよく似てるなぁ。

 

で、そんなふうにいろいろと取り揃えたんだけど、まずはやっぱり牛肉から。

2019-08-04 006.jpg

最初の箸で牛肉を掴み、まだ何も浸けていない溶きタマゴをくぐらせて頬ばる。

これがやっぱりサイコー。

でもっておもむろにビールをグビリ。これまたサイコー。

2019-08-04 007.jpg

鍋は、ことすき焼きに限っては寒いときばかりじゃないよなぁ。

もちろん、この時ばかりは冷房をガンガンかけて、だけどね。

 

JUGEMテーマ:グルメ
 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>