厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 栗好きの糠喜び  夏でもすき焼き >>

慌てて飛び込んだランチ カンティーヌ・ドゥー・デリス

長堀橋っていうところはこれまでとんと縁がなくて、どんなところっていうイメージがあんまりなかったんだけど、意外におもしろそうな店がけっこう点在してて、初めて行く出張先への道すがら、どこでランチをとろうかと思案を愉しみながら行けた。

でも、用事が終わる頃には、そんなことすっかり忘れてしまってて、職場へ戻る前に、とにかく手近なところで腹ごしらえしないと、と思って飛び込んだのが、出張先を出てすぐ横にあるこのお店。

2019-08-03 001.jpg

カンティーヌ・ドゥー・デリス。

慌てて飛び込んだので、この画像を撮ったのは、実はお店を出てからのこと。

あらためて見ると、けっこう味わいのある看板、いい雰囲気のファサードだよね。

2019-08-03 002.jpg

中年男が独りでメシを食べるっていうのは、孤独のグルメみたく大衆食堂的なイメージがあって、だからよけいにこういう店に独りでふらりと入るのには、こちらもそうなんだけど、お店のほうもけっこう緊張するようで、ほんの一瞬なんだけど時間がふっと止まったようになる。

それはもう仕方のないことなんだろうけど、問題はその後、また何事もなかったように再び動き出すのか、それともそのぎくしゃくを後々まで引きずるのかというところ。

このお店は前者。だからその後寛いでランチをいただけた。

2019-08-03 003.jpg

頼んだのは、アンティパストとパン、それにパスタのセット。

で、まずはアンティパストとパン。アンティパストはご覧のとおり。

2019-08-03 004.jpg

キッシュやら、小エビのフライやらえんどうのスープやら・・・

まんなか下の貝を除いて、すべて綺麗にいただいた。

ちなみにパンは自家製とおぼしきフォカッチャかな。これはお次のパスタまで取っておいて。

で、そのパスタ。3種類ある中でこの鱧と葱のパスタを選んだ。

2019-08-03 005.jpg

ソテーした鱧と葱、そこへトマトの酸味とケッパーの酸味がプラスされてる。

てっきりソテーした鱧と葱の小口切りを散らしたようなのと想像してたんだけど、斜め上を行かれてしまったなぁ。

そしてドンピシャな茹で加減のパスタ。このパスタ、うまい。

 

カンティーヌ・ドゥー・デリス。

慌てて飛び込んだのに、こんな料理に出会えてラッキー。

調子に乗ってワインでも頼んでみたら・・・いや、デザートでも頼んでみたらよかったかな。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
パスタ | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>