厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< フクシマのマロンと黒豆のデニッシュ たまにはサプライズでいいかも  鯵フライにタルタル 少し後悔 >>

お好み焼きで、コマッタ

この日はつれあいからLINEでお好み焼きのリクエスト。

う〜ん、どうしようかなぁって返事を躊躇してたら、ふたたびつれあいから「キャベツと豚肉買ったよ、ついでにキムチもね」って。「焼そばは?」って訊くと、「もちろん!」とソッコーで返ってきた。

こりゃ退路を断たれてしまったなぁ。

というわけで、この日はお好み焼き。ぼくはつれあいが重いので買ってきてって言ってた小麦粉と、せめてものヱビスを買って帰った。

2019-07-03 001.jpg

で、いつものように、まずは生地をつくって寝かせておく。生地は中力粉に山芋をおろし、濃い目のダシと白だし、それに少しの砂糖を加えて濃いめの味付けに。

それからキャベツ。これはひたすら刻む、刻む、刻む・・・

でもって豚肉を点検。つれあいの買ってきたのは、しっかりとした厚みのなかなかのバラ肉。さすがわかってる。

で、豚肉の端の脂身を切り分けて、それで焼きそばを先に焼いておく。焼そばソースに少し味醂を加え、少し濃いめの味付けにしてね。

 

というわけで、あらかた準備ができたので、先に仕込んで寝かせておいた生地にタマゴを割り入れ天かすを加え、刻んだキャベツをザックリと混ぜ合わせ、焼きにかかる。

しっかりとした厚みのバラ肉なので、まずは豚肉、そのうえに生地を乗せ、さらに焼きそば、それからまた生地を伸ばし、最後に鰹節をたっぷり。

ちなみにつれあいのは焼きそばは入れずにキムチを半分だけ広げ、後の半分はふつうの豚玉に仕上げる・・・

 

というわけで上々に焼き上がったお好み焼きを家族に配って、さぁ困った・・・

2019-07-03 002.jpg

お好み焼きソースが、ない!

二人で分担して買い物をすると、たまにこういうことになってしまう。

仕方がない。むかしのようにトンカツソースで食べてはみたんだけど、ぼくらの舌はむかしに較べてずいぶんと肥えてしまったのか、なんとも味わいが足りない。ソースひとつでこれほども評価を下げることになるのかと、今さら気づいてもなぁ〜

 

ま、お好み焼きはひと月に1度くらいなんだけど、こりゃ近々リベンジに向かうだろうな、きっと。

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
お好み焼き・焼そば | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>