厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< バターじゃなくてバタ  オムレツのフライパン >>

とんかつからスペアリブに

その日はつれあいが仕事で帰りが遅くなるっていうんで、早く帰って晩ごはんを。

娘からはトンカツっていうリクエストだったんだけど、肉を買いに行ったら割引になってるスペアリブがあったので、思わずそっちに飛びついた。

そのためいろいろ修正を余儀なくされたんだけど、まずは娘に電話して、「いい?」って。

2019-06-12 001.jpg

とまあ、娘のお赦しをもらって、スペアリブとじゃがいものグリル。

これがトンカツならば、じゃがいもはグリルなんかにならずに、きっとポテサラになってたんだろね。

 

で、そのポテサラに代わっては、レモンチキンのサラダ。

2019-06-12 002.jpg

レタス、トマトときゅうり、基本はいつもと同じ。

そのうえにレモンチキンと酢水に晒した紫たまねぎと。

トンカツならポテサラとキャベツのせん切りだったんだけどね。

 

で、そのキャベツはどこへ行ったかというと、スープに。

2019-06-12 003.jpg

いっとき、ポテトスープっていう候補もあったんだけど、ポトフ風の野菜スープ。

ここにトマトやらビーンズやらショートパスタが入るとミネストローネになるんだけど、それは下の娘がいい顔をしないので。

まあ、とんかつならばそんなこと悩まずに味噌汁だったろな、きっと。

 

それから、これは大きな転換、ごはんがバゲットに。

2019-06-12 004.jpg

ちなみに、娘らはごはんを食べてた。

ぼくはもう、朝のバゲットがまだあるってことで、それを食べないとと。

 

で、そうなるとビールっていうわけにはいかず、買い置きのワインを。

ベソ・デ・ヴィノっていうスペインのワインなんだけど、ぶどうはシラーとグルナッシュ。

2019-06-12 005.jpg

となると、ボディがグラマーなんかなって思ってたら、それよりも酸味がやけに強かったなぁと。

 

というわけで、とんかつからスペアリブに。

そのためほんと、いろいろ修正を余儀なくされたなぁ。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
家庭料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>