厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 庖丁研ぐと・・・  平成最後のサンドウィッチ >>

「Tribute to The Beatles 〜FOR OUT OF TUNE GENERATION〜 3-B」

毎月、月替わりに音楽のことを書いてるんだけど、今月は月替わりでもあるけど、なんと元号替わり。ありていに言えば時代が変わる、その区切り?

で、その区切りに(相変わらずだけど)ビートルズのカヴァーっていうのが、なんとも意味深い。

2019-04-30.jpg

 1. Norwegian Wood / Sergio Mendes & Brasil '66

 2. Norwegian Wood / Judy Collins

 3. Michelle / The Sandpipers

 4. Michelle / The King's Singers

 5. Michelle / Luca Colombo

 6. Michelle / Ben Harper & The Innocent Criminals

 7. Michelle / 鈴木康博

 8. In My Life / Jose Feliciano

 9. In My Life / Nana Mouskouri

10. In My Life / Goran Sollscher

11. In My Life / Tuck & Patti

12. In My Life / The Munroes

13. In My Life / 藤田恵美

14. Eleonor Rigby / Caetano Veloso

15. Here,There And Everywhere / Jose Feliciano

16. Here,There And Everywhere / Cris Camacho

17. Here,There And Everywhere / Liz Story

18. Here,There And Everywhere / Emmylou Harris

19. Good Day Sunshine / Judy Collins

20. For No One / Caetano Veloso

21. For No One / 小沼ようすけ

22. Tomorrow Never Knows / Monsoon

23. Tomorrow Never Knows / 高橋幸宏

 

今回も23曲。

でも、オリジナルは、数えてみると8曲だけ。

殊にミッシェルが5曲、イン・マイ・ライフが6曲だから・・・

で、Y氏がおススメなのは、1曲目のセルジオ・メンデスの「ノルウェイの森」と、ベン・ハーパー&ジ・イノセント・クリミナルズの「ミッシェル」。

たしかに、セルジオ・メンデスの「ノルウェイの森」を聴くと、村上春樹の同名の小説も、もう少し違う展開になりそうだね。

それから、ベン・ハーパー&ジ・イノセント・クリミナルズの「ミッシェル」は、このアルバム、いやこのシリーズとしては珍しく、ハードでスピード感のある1曲。

 

このシリーズ、先月から再開したばかりだから、総括するのはまだ早いけど、なんだかビートルズナンバーをソフィスティケートしたような雰囲気なのかな。

もちろん、オリジナルがソフィスティケートされていないっていう意味ではないんだけど、オリジナルはやっぱり流行に乗せてプレイしていたわけで、カバーはオリジナルをスタンダードナンバーとして捉えてる、その違いはあるんじゃないかな。譬えて言うと、オリジナルが本物の虎だとすれば、カバーのほうは伊藤若冲の描く虎のよう。どちらもリアルなんだけど、オリジナルはその背景となる時代に対する鋭敏さを持ってるけど、カバーにはまた違ったリアリティが備わってるっていうか。

いや、だからカバーがダメだって言ってるわけではないんだけど・・・不易流行って言ったらいいのかな。カバーは不易で、オリジナルは流行。「ずっと変わらないこと」と「変わり続けること」は同じくらいに大切なんだ、と。

で、その不易流行の趣きがあるこのアルバムを、この元号替わりにアップするっていうのは、やっぱり、なんとも意味深いなぁ。

そして、ぼくがこの中で1曲ピックアップするとしたら、12曲目のインマイライフ。平成っていう時代の終わりに。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ

  

音楽 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>