厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 延期してた娘の誕生日  早起きしてフルニエの食パン >>

罪滅ぼしにシゴトを早く切り上げて

日曜は朝から筍を掘りに行き、昼からは中学の同窓会。

まあ、夕方には帰ってこれるだろうと高をくくって、朝掘りの筍で筍ごはんを炊く準備だけして出かけたんですが、まあ、案の定というか・・・

結局、帰りは夜遅くってなったわけで、罪滅ぼしに月曜はシゴトを早く切り上げて夕餉の用意。

2019-04-22 004.jpg

前日の、筍ごはんを炊く準備っていうのは、掘りたての筍を茹でずにそのまま刻み、茅乃舎のダシと昆布と一緒に煮ておいたっていうだけのこと。

ここに煮切ったお酒を足し、さらに淡口醤油で味を調え、油揚げを加えて筍ごはんを炊く。

やっぱりえぐみの出ないうちに火入れをしておくと、一日経っても大丈夫。

いや、うますぎてついつい食べ過ぎてしまうから大丈夫じゃないんだけど。

とまあ、それはともかく、この日の主菜は魚。

2019-04-22 001.jpg

帰りにスーパーで買った金目と鮃。

実家の近くのスーパーなんだけど、ここは早い目に安売りになるって踏んで立ち寄ったのが功を奏した。ちょうど安売りのを2つせしめることができてヨカッタ。

 

それから副菜はうちの定番、小松菜と厚揚げの煮びたし。

2019-04-22 002.jpg

これは元は栗原はるみさんのレシピなんだけど、最近はあんまりレシピも見ずにテキトーに味を調えてる。それでも味にそんなにばらつきもなく、小松菜がクタッとなるくらいまで煮込むと外さない。

 

で、一方は見目鮮やかなスナップエンドウ。

2019-04-22 003.jpg

これは先日の筍をつれあいがご近所に配ったので、そのお礼にといただいたの。

これも家庭栽培の採れたてのだから、さっそく茹でて食卓に。

これをそのまま。

甘い。春の野菜の清々しい甘味。

マヨネーズをつけるとまた味が変化して愉しい。

 

一方、スナップエンドウほどの鮮やかな緑ではないけども、こちらも。

2019-04-22 006.jpg

味噌汁は新物のワカメに、にんじんとじゃがいも。そこへ三つ葉を刻んで。

三つ葉の香りがぷんと立つ。そこにワカメ。ほんとは油揚げを入れるっていうのがテッパンなんだけど、この日は筍ごはんにも油揚げを入れたし、煮びたしにも厚揚げを使ったしね。

 

というわけで、食卓が調ったんですが、見まわすときょうの食卓は緑が多い。なので緑の器で初桜の生原酒をちびり。

2019-04-22 005.jpg

なわけで、前日の失態で怒られるのは最小限に抑えられた。

 

内心ほっとしたぁ。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
    
ごはん | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>