厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 土曜日はパスタ  罪滅ぼしにシゴトを早く切り上げて >>

延期してた娘の誕生日

上の娘の誕生日は1月の末なんですが、ことしの1月の末はおかんの入院とかいろいろあったもんですから、少し延期をしてもらってた。

で、ほとぼりも冷めたってことで、先週の末に外食。

でもって、娘のリクエストは、なんと焼鳥。炭火焼鳥じゅん家っていうところ。なんでも、以前おじいちゃんおばあちゃんに連れていってもらったんだそう。

 

で、さて、コースの最初は、鶏さしのやまかけ。

2019-04-21 001.jpg

これには下の娘が閉口。

だって、苦手な山芋の上にさらに苦手な胡麻がかかってる。

両方とも、食べると口が痒くなるんだそう。

で、そんなのを残りの家族でなんとかシェアして、お次がサラダ。

2019-04-21 002.jpg

揚げたさつまいもかなぁ、とにかく何やらスナック菓子みたいなトッピング。

これがポリポリポリと小気味よい。

 

で、さらにお造り。

2019-04-21 003.jpg

ささみにムネにモモ、ズリ、キモ。

それを醤油、胡麻油と塩のいずれかで。

とりわけ胡麻油と塩でたべるキモがうまい。

このところ牛のほうは生ギモがなかなか食べられませんからね。

 

と、ここまで進んで、ようやく飲物の決心がついた。

2019-04-21 004.jpg

頼んだのは三岳のロック。

なかなかコースの方向が分からなくて、ある程度その方向をここまで見定めたうえで。

 

で、そのコースの方向は見定めたとおり。

2019-04-21 005.jpg

ねぎまとささみの梅しそ。

殊にねぎの火の入れ方が絶妙。

 

それから手羽とつくね。

2019-04-21 006.jpg

こどもっていうのはやっぱりつくねが大好きで、この日一番の喜びよう。

で、おやじはというと・・・

2019-04-21 007.jpg

三岳の次にチリカベをグラスで頼み、この日一番の喜びよう・・・なわけないか。

 

で、串は中盤、ズリとぼんじり、ひざなんこつにセセリ。

2019-04-21 008.jpg

まあ、コドモが喜ぶコースっていうよりも、おやじが喜ぶコースだね。

 

それからししとう。

2019-04-21 009.jpg

ふちに緑の釉がかかった皿に盛られてて、なんともきれい。

絵手紙の題材になりそうな感じだね。

 

それからキモ。串の最後がこれ。

2019-04-21 010.jpg

う〜ん、焼いたキモって苦手なんだけどね。

できたらこれは中盤に挟んでおいてほしかったなぁ。

 

で、ある意味お口直しっていうか娘らは雑炊を頼みまして・・・

2019-04-21 011.jpg

それをつれあいと3人でシェア。

 

それにコースの締めくくりのスープ。

2019-04-21 012.jpg

まんま酒飲み仕様だよね。

 

でもって、ぼくはというと、これ。

2019-04-21 013.jpg

究極のタマゴかけごはん・・・なんだそう。

まあ、言うだけあって、すごい濃厚なタマゴかけごはん。

でも、まるで、元永定正の作品みたいだね。

 

で、ラストはアイスクリーム。

2019-04-21 014.jpg

というわけで、娘のリクエストで炭火焼鳥じゅん家。

娘もそうなんだけど、この日はぼくも愉しませてもらいました。

クルマは代行をお願いしたんだけど、この日のこれはお酒抜きではどうもツライ。

ま、娘らも成人したらもう一度、お酒アリで行くといいよ。

きっとまた違った地平が見えてくるからね。

  

JUGEMテーマ:グルメ
  
催事の料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>