厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< プチバゲで鯖サンド  欅の神への捧げ物 >>

久しぶりの自分の時間

今年度の仕事もあらかた片が付いたみたいなんで、きのうは休暇をいただいてずっと観たかったボヘミアンラブソティをようやく観に行った。

すごいですねぇ、気がつけば頬を涙が伝ってるなんていう経験は、少なくとも映画を見てそんな経験をするのはあんまり記憶にない。

 

まあ、そんな話をつれあいにすると、「ヘェ〜、よかったねぇ。じゃあ、その感動を噛みしめてきょうの料理お願いね・・・」なんて言われるに決まってるから、言われぬ先にてんぷらを。

2019-03-27 001.jpg

まずはエビとささみ。

海老は、ほんとはクルマエビといきたいところですが、やっぱりブラックタイガー。

それから、ささみはあらかじめ八方だしに漬け込んで味付けをしてるもんですから、揚げると見た目があんまりよろしくない。

で、見た目はこれで補っておこうとばかりに、豆ごはん。

2019-03-27 002.jpg

ことしはじめて。

豆を剥き、あらかじめ煮切ったお酒と昆布だしで炊き、その煮汁でごはんを炊いて、最後に混ぜ合わせるっていうやり方。これだと豆を炊きすぎて、豆本来の風味や青さが喪われるってことがない。

ちなみに娘は豆があんまり好きじゃないので、豆抜きの豆ごはんを食べてる。

 

それから、てんぷらのつづき。

2019-03-27 003.jpg

野菜は、新たまとレンコン、それにさつまいも。

一番人気はさつまいもでして、これをおいしいおいしいって言ってくれるんですが、これがおいしいのはさつまいもがおいしいのであって、てんぷらの腕がいいってことでは決してない。このあたり、きちっとリテラシーを持っておかなければいけないって思ってる。

 

それから、最後はかき揚げ。今回は三つ葉と新たまと貝柱。

2019-03-27 004.jpg

これはあんまり出来がよろしくなかった。

弁解をすると、かき揚げはきちっと準備するんじゃなくて、小麦粉を溶いた残りに具材を投入して、ざっくり混ぜてあげるだけなんですけど、今回は残ってた小麦粉が少なすぎたってこと。やっぱりケチると碌なことないなぁ。

 

まあ、そんなわけで、いろいろありながらも清酒を。

2019-03-27 005.jpg

このお酒、あたらしいお酒なんですが、このお酒のことはあらためて書いてみたいので、また次の機会にでも。

 

というわけで、ここしばらくはいろいろあったんで、久しぶりの自分の時間。ちょっと充電できたかな。

 

JUGEMテーマ:グルメ
  
家庭料理 | comments(2) | - | 

COMMENTS

天ぷら、美味しそう!
ころもの配合は?
from ぼーずゆき at 2019/03/28 4:54 PM
衣は全然ふつうですよ。
水分(タマゴと冷水)1カップと薄力粉1カップっていう配分です。
from 厨房男 at 2019/03/30 2:06 PM

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>