厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< お好みのシッパイ  ついふらふらと >>

「Tribute to The Bob Dylan 1990−2001 〜FOR OUT Of TUNE GENERATION〜」

 とうとうボブ・ディランのカヴァーもこれが最後の一枚。

Tribute to The Bob Dylan 19902001 〜FOR OUT Of TUNE GENERATION〜」。

2019-02-28.jpg

 1. Born ln Time / Eric Clapton

 2. Love Sick / Mariachi El Bronx

 3. Standing ln The Doorway / Bonnie Raitt

 4. Mjllion Miles / Bonnie Raitt

 5. Trying To Get To Heaven / Lucinda Williams

 6. Not Dark Yet / Silversun Pickups

 7. Make You Feel My Love / Billy Joel

 8. Make You Feel My Love / Joan Osborne

 9. Make You Feel My Love / Maria Muldaur

10. Make You Feel My Love / Bryan Ferry

11. Make You Feel My Love / Adele

12. Make You Feel My Love / Cara Matthew

13. Make You Feel My Love / Michael Bolton Feat. Helene Fischer

14. Make You Feel My Love / Nikolaj Hess

15. Make You Feel My Love / Engelbert Humperdinck &Willie Nelson

16. Mississippi / Sheryl Crow

17. Well,Well,Well / Ben Harper&The Blind Boys Of Alabama

18. Moonlight. / Maria Muldaur

 

19902001とあるものの、その実、18曲中、半数の9曲がMake You Feel My Love

もちろん、のっけからのクラプトンもいい、けど、7曲目のビリー・ジョエルから始まるこの曲、9曲ですから実に様々なバージョンで聞かせてくれる。

でもねぇ。やっぱりはっとなるのはブライアン・フェリー。

 

激しい雨が容赦なく打ちつけるような辛い時

背負ってるもので身動きが取れないような苦しい時は

ぎゅっと抱きしめてその温もりで

一人じゃないって教えてあげる・・・

 

こういう、ぼくらからすると過剰にスイーツな曲っていうのは、やっぱり臆面なく唄える人っていうのがお似合いなんですよね。日本人だと誰かなぁ。

でも、この曲って、ずいぶんと大人のラヴソングって感じですから、よけいに限られるかな。

まあ、そんなことを考えながら、最後の一枚。

 

次はまた久しぶりにビートルズのカヴァーに戻ろうかな。

ま、そのうちYさんから新作が届けば考えるけど。

 

JUGEMテーマ:グルメ
   
音楽 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>