厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 鶏、つかれるわ  ひさびさ同期の飲み会、一二郎(後) >>

ひさびさ同期の飲み会、一二郎(前)

先週の週末は久しぶりに同期の飲み会でした。

行ったのはこれまた久しぶりの一二郎。

で、今回は品数が多かったので、画像を優先して、とにかく。

というわけで、まずは鮎の甘露煮から。

2019-02-17 001.jpg

夕方からでしたから、腹減ってました、とにかく。

そういう場面で濃い味の甘露煮、ひと口いただくと余計に腹減って腹減って。

で、まずカンパイはビールなんですが、早々にお酒に切り替えて。

2019-02-17 002.jpg

ここは注文ごとに酒器を変えて出てくる。

それが楽しくって、ついっていうわけでもないんですが、まあ、呑むごとにそっちのほうも楽しいなぁってくらいに。

2019-02-17 003.jpg

そんなわけで何杯飲んだかなぁ。

 

で、アテの方はカツオ。

2019-02-17 004.jpg

ターコイズの皿に辛子を添えて。

粗く刻んだねぎと相俟ってワイルドな感じです。

 

それから一転お造り。

2019-02-17 005.jpg

こちらは中に柚子か何か柑橘系の皮を忍ばせてあって、カツオのたたきといいコントラスト。

 

で、今回は鍋のほうも用意してくれてて、これが何かというと、ハリハリ。

2019-02-17 006.jpg

クジラですね。

赤い身の部分とピンクのさえずり、それからアイボリーっぽいのはコロですね。

殊に頃をいただくと、なんだか懐かしい味わい。

このあいだおかんを亡くしたので、そのイメージがオーバーラップしたりする。

 

で、鍋が煮えるまで、また飲むんですが、こんどはタラの白子。

2019-02-17 007.jpg

濃いめの味つけにして、白子のまったりしたのに陰翳をつけてる。

 

それから太刀魚。こちらは筍を添えて。

2019-02-17 008.jpg

というわけで、画像を中心にサクサク来たつもりなんだけど、際限ないなぁ。

なので、後半のお鮨の場面はまたあしたっていうことで。

 

   

JUGEMテーマ:グルメ
和食 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>