厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< あったかい蕎麦をおいしく  娘とアルモでランチ >>

チャイニーズダイニング真 ちょっと未練が残ります

少し前のこと。家族でおかんを見舞った帰り。そのときはそんなに大ごとに思ってなくて、メシ食って帰ろうやってことで立ち寄ったチャイニーズダイニング真。

まあ、とにかく料理のこと。で、まずは小籠包から。

2019-02-10 001.jpg

小さな蒸籠に2つずつ入って出てくる。

それが少し大きめなもんで、ひと口で食べると熱湯爆弾みたいになってあっちっちとなってしまう。もう一回り小さくしてくれたら安心なんですが、それだとスリルないか、やっぱり。

 

それから、黒酢の酢豚。

2019-02-10 002.jpg

たしか、ふつうのと黒酢のとがあったと思うんですが、上の娘が「ここに来たらやっぱり黒酢でしょ」っていうことで。

たしかに、黒酢の濃厚な風味が香り立つこの酢豚、娘のいうこともよく分かる。

 

でも、こちらはどうかなぁ。

娘がもう一品ってリクエストした海老マヨ。

2019-02-10 003.jpg

上の娘は自称マヨラーなんだそう。どこでどうなったのかね。

だから海老マヨは至極当たり前のチョイスなんですが、ぼくらにはねぇ・・・

そう思い、ひと口だけって思ってつまんだんですが、これが案外うまい。いや、案外っていうのは余計か。

 

一方、こちらは下の娘のリクエスト。芙蓉蟹。

2019-02-10 004.jpg

要はカニ玉あんかけ。次に頼んである麻婆豆腐がなかなか彼女にはハードルが高いので頼んだのかなぁ。まあ、どちらもごはんに乗っけて食べるっていうことには変わりはない。そんなわけで、ぼくもフライング気味に芙蓉蟹をごはんに乗っけて。

 

で、本来ごはんに乗っけるべき麻婆豆腐が来た。

2019-02-10 005.jpg

たしかに、彼女にはハードルが高い。

辛さは「麻」よりも「辣」のほうかな。

ぼくもフライング気味に芙蓉蟹でごはんを食べた分、ちょっと麻婆豆腐が多い目で、ちょっと辛いなぁって汗かいてしまった。

 

で、〆はちゃんぽん。

この店に来たらば、これは必ず食べていかないと。

2019-02-10 006.jpg

というわけで、チャイニーズダイニング真。

おかんが退院したら、またここで一緒にって思ってたんですけど、それもかなわぬことになってしまった。ここにもちょっと未練が残ります。

    

JUGEMテーマ:グルメ
中華 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>