厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< おかんが原点  きょうは鯛めしと天ぷら >>

「みかん忌」

司馬遼太郎の命日は、生前菜の花を好んだこと、また作品「菜の花の沖」があることから「菜の花忌」と呼ばれてる。

それへ準えると、亡くなったおかんの命日は、さしずめ「みかん忌」っていうところかな。

2019-02-07 002.jpg

生前おかんはみかんが大好きで、つれあいの実家から貰ったみかんを持っていくと、ほんとにこぼれんばかりの満面笑みで喜びを表現してたっけ。

2019-02-07 001.jpg

だから、葬儀の際には係の人に無理を言って、参列した方々の手でめいめいにみかんを棺に納めてもらった。

 

さて、おかんが好きな甘いものとなると、やっぱりくるみ餅。

先日は、泉大津の「ぽんぽんや」で好物だったくるみ餅を買ってきてお茶とともにお供えし、慣れないお経をあげてきた。

2019-02-07 003.jpg

むかしは家のすぐ近くに大宮商店街があって、そこの「若宮」っていうところの氷くるみ餅を食べるのが夏の愉しみのひとつだった。

 

そうそう、「ちどり食堂」のことも書いておかないと。

晩年は、ヘルパーさんがつくってくれる食事以外だと、デイサービスのお弁当か、さもなくばここのうどんっていうのがお決まりのパターンでしたから。

 

それから、大宮商店街を抜け、向かいの路地に入ると「味福」っていうお好み焼き屋があって、そこのお好み焼きが大好きやったんやけど、そこは早くに廃業したので、代わりによく行ったのは「ふじ好」。そこの豚玉だな。

2019-02-07 004.jpg

ちょっと脱線したけど、甘いものの話だったっけ。

みかんやくるみ餅以外だと、正月に必ず持って帰ってた叶匠寿庵の「あも」とか、御座候の回転焼きとか、いろいろと思い浮かぶ。

まあ、おかんの好きだったみかんとか、甘いものはなるたけ欠かさずお供えするよ、ずっと。

 

JUGEMテーマ:グルメ
    
思い出 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>