厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 「HARAKAWA」じゃなくて、「はら川」  鴨だしで鶏ちゃんこ >>

モモ肉のチャレンジ

肉が食べたい。

だったらヘレを、いやシャトーブリアンを・・・なんてわけにはいかないわけで、反対に、いかに安くうまいものをつくれるかっていうのにチャレンジしようってことで。

で、はじめは黒毛和牛のモモ肉を見てたんですが、これじゃあチャレンジにもならないなぁっていう値段。だから、そこの店のはあきらめて、買ってきたのはオーストラリア産のモモ肉。

で、これをフライパンとオーブンを使って。

2018-01-20 001.jpg

物騒な話じゃないんですが、買ってきたもも肉をもう四方八方からペティナイフで滅多刺しにする。それで塩と胡椒を擦り込む。

フライパンに牛脂を融かし、にんにくで香りをつけ、やや強火にしてもも肉を焼いていく。肉のカタマリを直方体に見立てると、1面1分で6面に焦げ目をつける。

でもってそれをアルミホイルに包みオーブンで25分ほど。でも、今回少し焼き過ぎたみたいなので、次は15分で行ってみようかな。

 

それから、野菜をたっぷり。まずはポトフ風。

2018-01-20 002.jpg

今回は、ぼくの中ではこれが上出来でした。

まず、ベースは茅乃舎の野菜だしと昆布。

それから、この前、ふるさと応援寄付のお礼にいただいた手づくりハム工房つくしんぼのベーコンが冷凍室に残ってたので、それを拍子木に切ってカリッと香ばしく焼き上げて。

でもって、根菜やきのこをいろいろ。で、とりわけおいしかったのがレンコン。大きさも小ぶりで筋張ってもいず、ダシの味が少し染みたのをこりこりと。

 

で、ポトフはそれくらいにして次はサラダ。

2018-01-20 003.jpg

こちらはいつものトマト、レタスブロッコリーにハーブチキンをプラスして。

 

それから、もう一品、じゃがいもとエリンギをバターで焼き上げた。

2018-01-20 004.jpg

肉を食べるときはいつもそうなんですが、それ以上に野菜を多い目に摂ってる。

今回もポトフに入った根菜やキノコ、サラダに入ったレタスにトマト、ブロッコリー、さらに焼き野菜でじゃがいもとエリンギ。まあ、これだけ取ればバランスもマシかなぁと思うんですが、いやいや食べ過ぎでしょっていうことも言えるわけで。その上残り物のワインもひっぱり出してきましたからね。

2018-01-20 005.jpg

というわけで肉をがっつり。

でも、ここ最近濃い目の食事が続いてるなぁ・・・

  

JUGEMテーマ:グルメ
  
家庭料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>