厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< リクエストにお応えして  モモ肉のチャレンジ >>

「HARAKAWA」じゃなくて、「はら川」

去年の暮れ、たしか30日に最後の外食に出かけた。

なんでも、「はら川」がリニューアルされたっていう話で。

ややこしいんですが、堺の檜尾にあるのが「HARAKAWA」で、ここのオーナーのお父さんがやってたのが、この和泉の伏屋にある「はら川」。で、今回はお父さんが引退されて、今度はオーナーの息子さんが引き継いだっていう話で。

 

で、まずは餃子から。

2018-01-19 001.jpg

これって餃子? って感じなんですが、餃子。

まあ、揚げ餃子もいろいろバリエーションがあるんで、これはこれでいいんじゃないかな。

 

それから、よだれ鶏。

2018-01-19 002.jpg

先に書くとどうかなとも思ったんですけど、堺のHARAKAWAの味にいちばん近いのはこれじゃないかなぁって。娘はなるべくタレのかかってないところを食べたんですが、それでもちょっと辛そうだったかな。

 

それから、これがサービスの品、春巻。

2018-01-19 003.jpg

なんでサービスなんかは、ぼくは解ってないんだけど、つれあいが何やら言ってたような。

おいしいんだけど、先の餃子とちょっとかぶるかなぁ。

 

それから、これは娘が必ずリクエストする、鶏のから揚げ。

2018-01-19 004.jpg

鶏のから揚げは、この塩胡椒のと、油淋鶏風のねぎソースのがあるんだけど、娘はもうシンプルに鶏唐が好きなもんで。ぼくの唐揚げとどっちがうまいって思ってるんだろね。

 

それから、酢豚。

2018-01-19 005.jpg

先によだれ鶏で、堺のHARAKAWAの味にいちばん近いって書いたんですけど、これもそういえばHARAKAWAの味に近いと思う。使ってる具材やそのカットの具合なんかは、まんま堺のHARAKAWA譲り。

 

でも、麻婆豆腐はどうなんだろ。

2018-01-19 006.jpg

向こうはたしか、土鍋でグツグツ言ってるのを持ってきてくれてたかなぁ。

まあ、それだけかも知れないけど、なんだか受ける印象が少し違うような気もするなぁ。

もちろん、これをシェアして食べるんですけども、なんだかもう少し入るような気がして、追加で汁そばを。

2018-01-19 007.jpg

ふかひれ入りの汁そばなんですけど、これは個人的には、ここからほど近い「豪也」のフカヒレラーメンの方が好きかな。

 

で、最後が少しデザートを。

2018-01-19 008.jpg

「はら川」がリニューアルしてオーナーの息子さんが引き継ぎ、HARAKAWAと同じ味が楽しめるっていうことだったんですけど、やっぱり少し何かが違うよう。

もちろん、(内実は知りませんけど)HARAKAWAの支店ではなく、あくまでも独立して「はら川」を切り盛りしていこうとするなら、やっぱりどこかに違いを出していかないとだめなんでしょう。でも、それは急にできるものではなくて、やっぱり徐々に変化していくものなのかな。

そういう意味では、どんなふうに変化していくのかちょっと楽しみ。このあたりは中華激戦区なだけに、いつまでもHARAKAWAと同じ味が楽しめるっていうだけでは、善戦はできても、ほんとうの意味での勝利、ほんとうの意味での独立にはならないでしょうからね。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
   
中華 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>