厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 月末音楽のまとめ 2018  ことしもまずはおせちから >>

「ほんわかぱっぱぁ、ほんわかぱっぱぁ、ほんわか、ほんわか、ほん」

あけおめなんですが、やっぱり大晦日の年越しそばのことを書かないと寝覚めが悪いもんで。年越しそばはいまさら新しく書き足すことも別にないんですが・・・

2018-12-31 001.jpg

例年大晦日は実家でそばを食べる。いつものとおり、実家の近所にあるちどり食堂の天ぷらそば。

 

ちどり食堂のそばは、以前にぼくが命名したとおり、下町情緒の薄味仕立て。

 毎年のように解説してるんですが、「下町情緒の薄味仕立て」っていうのは、昆布と鰹節だけでなく、宗田節とかが入った“ほんわか”とした味。

イメージは、むかしっから吉本新喜劇のテーマ曲になってる「ほんわかぱっぱぁ、ほんわかぱっぱぁ、ほんわか、ほんわか、ほん」ってな感じのジャズナンバー。

 

で、そのイメージを完成させるためには、下町情緒の天ぷらそばだけではなく、これが必要。

2018-12-31 002.jpg

同じく、ちどり食堂のオムライス。

なぜかオムライス。

これがあるからバックで「ほんわかぱっぱぁ、ほんわかぱっぱぁ、ほんわか、ほんわか、ほん」ってな感じのトロンボーンが聞こえてくる。

 

というわけで、喜劇的な1年。

あたらしい年も、そんなふうに喜劇的でありたいですねぇ。

JUGEMテーマ:グルメ
催事の料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>