厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< イブだけど、ふだんの食卓を  フルニエの食パン そろそろこれで? まだまだ浮気? >>

クリスマスだからって言って、とくべつに何かっていうわけでもないんですが・・・

クリスマスだからって言っても、とくべつに何かっていうわけでもないんですが、骨付きチキンでも。

2018-12-24 001.jpg

これすらも、クリスマスはとくべつに高いから、ふつうの鶏モモでいいんやないってことで、廃案目前まで行ったんですけど、とくべつに高いってことはぎりぎりまで待てばきっと割引になるはずと信じて何軒か回ったら、あったぁ、半額のやつが。

 

で、さっそくそれを買いこんで、うちに帰ってマキシマムチキンに。

いつもながら、こう書くと何かとくべつな調理法のような感じなんですけど、要は九州で買ってきたマキシマムっていう調味料を振りかけてグリルで焼き上げただけのこと。

でもまあ、思い通りに皮がパリッと中はジューシーにうまく焼き上げることができた。

 

それから、副菜はつれあいのリクエストでポテト。

2018-12-24 002.jpg

北あかり。

「スープにでも?」って言ったら、つれあいにも娘にも、「何言ってるのよ、北あかりはフライパンでバターで焼くのがいちばんでしょ」と。

はいはい。

でも、フライパンも使うけど、先にレンジで加熱してから。それに、からだのことを思ってバターだけではなくて、少し太白胡麻油を忍ばせておいた。

 

でもってサラダも。

2018-12-24 003.jpg

こちらはレタスとサニーレタス、それに水菜ときゅうり、トマト。で、トッピングに生ハムを。

 

それから、こちらは上の娘のリクエストで、茄子のミートグラタンを。

2018-12-24 004.jpg

グラタン皿にミートソースを敷き、そのうえにオリーブオイルでソテーした茄子を、で、さらにミートソースをかけ、チーズを散らし、そのうえにかちんかちんになった残り物のバゲットをチーズおろしで卸して振りかけ、オーブンで焼き上げる。

 

それから、スープはじゃがいもではなくて、缶詰のとうもろこしを使って。

2018-12-24 005.jpg

缶詰のとうもろこしをミキサーにかけ、シノワで漉して、さらに搾りかすにミルクを加えて再びミキサーにかけ、シノワで漉して・・・

あとは弱火で暖め、塩で味を調え、最後にバターを落としてできあがり。

 

で、冒頭にも書いたけど、クリスマスだからって言っても、とくべつに何かっていうわけでもないんですが、やっぱりスプマンテでも。

2018-12-24 006.jpg

モンテベッロ・スプマンテ・ブリュット・ビアンコ。少し軽めの辛口スプマンテ。

でも、クリスマスだからスプマンテなんですけど、正直言って骨付きチキンには軽めでもいいから赤ワインが欲しかったなぁ。

 

というわけで、月並みだけど、クリスマスの食卓。

いろいろつくったけど、ほとんど料理らしい料理をやったような気持ちがしない。

むしろ、その前に換気扇洗ったほうがよっぽど疲れたわぁ。

 

JUGEMテーマ:グルメ
    
催事の料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>