厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< ハムサンドとコーヒー つい少し前の  12月はシンプルに、楽に >>

豚肉に惚れこんでお好み焼き

関西では、お好み焼き用の豚と称して三枚肉の部位を厚めにスライスしたのが売ってる。

ぼく的にはそれでも少々物足りなくて豚バラのブロックを買ってきて、それを厚めに切ってお好み焼きに使ってるんですが、今回はその要求を満たすような立派な三枚肉のスライスが売られてたので、反対にその豚にほれ込んでお好み焼きを。

2018-12-12 001.jpg

以前も書いたように、最近お好み焼きのレシピを少し見直してる。

基本パターンは相変わらずなんですが、生地に砂糖を少々加えるっていう修正とかを施してるんですが、だし汁と砂糖を使ってるんだったら、いっそ麺つゆを使えばってことで。まあ、配合は少し考えながらですが。

まあ、もう少し修正個所が思い当たらないでもないのでまだ完成にはいたりませんが。

 

というわけで、試行の結果はビールとともに。

2018-12-12 002.jpg

焼き上がったお好み焼きを相変わらず、ひとりレンジ台の前に立ったまま食べてるんですが、きょうはサッポロとともに。

ソースやマヨネーズをさっさと塗ってかつおぶしを躍らせ、ええいままよと一気呵成にコテでかぶりつく。

 

で、立派な三枚肉と麺つゆを使ったお好み焼き。これが案外いい。

麺つゆを何にでも使うっていう最近の風潮、あまり好きではなかったんですがね。

あの立派な三枚肉のスライスをみつけたら、また少し修正を施して何度か試行を繰り返そっと。

    

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
お好み焼き・焼そば | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>