厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 奈良のみやげは・・・  たまにはロースカツを >>

ごはんものが続いてます

4日前はブリ雑炊。3日前は芋ごはん。2日前は松茸ごはん。そしてきのうは半殺しの栗餅ということで、このところずっとごはんもの(?)が続いてる。

別に企んだつもりはないんですけどね。

で、きょうはというとお茶漬け。ちょっとめずらしい、トビウオづくしのくんせい生茶づけ。

2018-10-20 001.jpg

これ、うちの課の子が屋久島へ行ったときのおみやげ。

ちょっと意表を衝かれました。

醤油味のトビウオの燻製、それから、燻製をつくるときに出る骨や中落ちでつくるダシの粉や、胡麻なんかを使ったふりかけ。

2018-10-20 002.jpg

で、それをごはんの上に乗せてお湯を注ぐってあるんですが、 そこは茅乃舎のだしを使って引いた上品なだしを注いでみた。

濃厚です。サラリとしたお茶漬けなんだけども、だしは濃厚。たぶん、ふりかけだけでもうまいんでしょうが、茅乃舎のだしを注いだおかげで、ずっとたなびくような奥行きが出てる。そんな濃厚さ。燻製はぬるりとしたのではなくて、セミドライタイプのような歯応え。

そういえば、茅乃舎のだしも貰い物だなぁ。

 

そんなわけで、つれあいにも「ひと口どう?」って言ったんですが、わたしはこっちと言って出してきたのが明太子。

2018-10-20 003.jpg

これが、祭りに焼酎を持って九州から帰ってきてくれたSのおみやげ、稚加榮の辛子明太子。つれあいがいうには、いつもSが持って帰ってきてくれるここの明太子がすばらしくおいしくってそれでごはんを食べると。

考えてみれば、久しぶりの白ごはん、だなぁ。

 

 

JUGEMテーマ:グルメ
   
ごはん | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>