厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< ハヤシライスの秘策  ビンボー性っていうよりパラノイア? >>

「Tribute to The Bob Dylan 1975−1976 〜FOR OUT Of TUNE GENERATION〜」

きのうは、いや、9月は台風で散々でした。

それでも時は過ぎていくものでして、知らぬ間にもう月替わり。

なので、少し音楽の話題でも。

先月に引き続いて、また、ボブ・ディランのカヴァー。もちろん、また、友人のY氏が編ん

でくれたの。

2018-09-30.jpg

1. Simple Twist of Fate / Judy Collins

2. Simple Twist of Fate / Jeff Tweedy

3. Simple Twist of Fate / Bryan Ferry

4. Simple Twist of Fate / Diana Krall

5. You're a Big Girl Now / My Morning Jacket

6. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go / Ben Watt

7. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go / Madeleine Peyroux

8. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go / Maria Muldaur

9. You're Gonna Make Me Lonesome When You Go  / Miley Cyrus

10. If You See Her, Say Hello (Non Dirle Che Non E’ Cosi’)  / Francesco DE Gregori

11. Shelter from the Storm / Cassandra Wilson

12. Buckets of Rain / Maria Muldaur

13. Abandoned Love / The Everly Brothers

14. Abandoned Love / Paul Rodgers &Nils Lofgren

15. 0ne More Cup of Coffee / Robert Plant

16. 0ne More Cup of Coffee / Sertab Erener

17. 0ne More Cup of Coffee / Roger McGuinn&Calexico

18. 0ne More Cup of Coffee / Steve Earle &Lucia Micarelli

 

Y氏の編んでくれたアルバムに、むかし繰り返し聴いた曲が収録されてたりすると、その曲のイメージがどんどんと増幅されていく。

今回は、ベン・ワットの「You’re Gonna Make Me Lonesome When You Go」。

 

大学時代にY氏に貰ったカセットテープに、ドゥルッティ・コラムとベン・ワットが交互に入ってて、それをもう擦り切れるくらいに聴いてた。その中の1曲がこれ。

 

ベンワットの歌声っていうのが、澄んだアクアマリンのようなイメージ。透明な水色をした立方体に封じ込められた遠い思い出のような、そんなものがこの曲にはあって、何年ぶりかにこんなのを不意に聴くと・・・

 

水色の立方体を陽に透かすと、きらきらとして思わず目を細めてしまう。

なんだかねえ、そんなのを思い出して、ジンとくるんです。

 

この曲、ボブ・ディランの原曲には「おれはさびしくなるよ」つていう邦題がついてたんだけど、ベン・ワットの場合は、さしずめ「ぼくはさびしくなるよ」つていう方が似合ってるんじやないかな。

 

JUGEMテーマ:グルメ
音楽 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>