厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< やっぱり石垣牛が食べたいよなぁ  お気楽な日々 >>

最後のお昼 終わりよければすべてよし

最後のお昼。

前日はステーキ食べたさに北谷をうろついたんですが、最後のお昼はイタリアンにターゲットを絞り、スマホで検索して定宿からほど近い恩納村冨着にあるカフーリゾート、フチャク・コンド・ホテルっていうところのメインダイニング「ザ・オレンジ」っていうところへ行ってみた。

 

で、ランチは数種類のメニュウからメインを選び、前菜とデザートはビュッフェスタイルでセレクトということで、まずはミネストローネを。

2018-09-06 001.jpg

それから前菜を選ぶんですが、さすがに3日も朝ごはんをバイキングで過ごすと、なかなかめいめい勘所を押さえてくる。

で、ここのビュッフェ、ご覧のとおり、けっこう充実してる。

2018-09-06 002.jpg

ぼくはもともとネット情報っていうのをあんまり信じてなくて、しかも名前がちょっぴりベタなので、少し悪い予感がしたんですけど、これがいい方に裏切られたんでヨカッタなぁと。

つれあいはずっとシーフードが食べたいって言ってたので、前菜にもエビのトマト煮を付け足して。

2018-09-06 003.jpg

ぼくはというと、ずっと野菜が不足してたっていうキモチもあって、サラダバーから適当にセレクトしてシーザーサラダ風に盛り付けてみた。

2018-09-06 004.jpg

まあ、サラダバーにあったクルトンをミネストローネにたんまり使ったんで、シーザーサラダのときは自重して、代わりにドライベジタブルやガーリックチップなんかを散らしたりして。

 

で、つれあいのメインは念願のシーフード。

2018-09-06 005.jpg

ナントカいう近海魚。

娘がちゅらうみ水族館で仕入れたのか、なまえを聞いて、それっておいしい高級魚らしいよって。

まあ、その話のとおり、魚も、もちろん貝柱もたいそうおいしかったそう。ぼくもひと口いただいたんですけど、おいしいっていう記憶もさることながら、バックのオレンジ色のソースの味がどこかで食べた味なんだけど、それがどこか思いだせなくてちょっともやもやしてた。で、そのもやもやした感じを思いだしたんだけど、相変わらずどこか思い出せない。

で、そんな思いを無理やりアタマから追い出して、ぼくのメイン、ポルペッティーニ

2018-09-06 006.jpg

なんだか薄い皮膜の様なのに包まれたイタリア風の肉団子っていうかハンバーグ。

バックのガルニチュールが以前つれあいと行った高島屋のダイニングメゾンにあるリュミエール・レスプリカみたいでなかなかスバラシイ。

でも、それをじっくり堪能するまもなく、娘が頼んだ若鶏のミラノ風カツレツと交換することに。

2018-09-06 007.jpg

なんでも、ソースの粒マスタードがちょっとお気に召さないようで、それにぼくのがあまりにもおいしそうに見えたのか、交換することになってシマッタ。

まあ、もともとオーダーがかぶらないように、娘が頼んだカツレツを避けたんですが、ほんとはぼくもこれが食べたかったからヨシとしよう。

 

で、最後はまたビュッフェで、こんどはデザートを。

2018-09-06 008.jpg

ここんところずっと食べ過ぎで、もともとはデザートはご辞退差し上げようって思ってたんですけど、つれあいがこんなふうに盛り付けてきたもんですから、矢も楯もなく、コーヒーとプチケーキが豊富にあるもんですから。

2018-09-06 009.jpg

というわけで、最後のお昼、カフーリゾート、フチャク・コンド・ホテルのワイン&ダイニング「ザ・オレンジ」。

久しぶりのラッキーパンチ。終わりよければすべてよし。

沖縄で、また行く店が増えたなぁ。

JUGEMテーマ:グルメ
  
沖縄 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>