厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< フルニエのバゲットアンジュがあるとき〜  雨のせいばかりではないにしても >>

アニキへ

ぼくの親友、アニキが亡くなった。
アニキって言っても彼が兄貴分なわけではなく、彼の妹らが「アニキ、アニキ」って呼んでたので自然とみんながそう呼ぶようになっただけなんですが。

彼とは中学、高校、大学時代、それ以降と一緒に過ごした。
なによりも、大学時代、同じレストランの厨房で同じ釜の飯を喰らい、一緒に夜を徹して遊んだっていうのがいちばん濃い思い出かな。

彼とは一緒に厨房で働いたんですけど、アイツが何を好きだったか、あんまり思い出せない。
ただ、いっとき彼がお好み焼き屋を経営してた時期があったんで、とりあえず。
2018-07-04 001.jpg
ここで書けないほど無茶な人生を歩んできたやつだった。
命を縮めるようなこともいっぱいやってたと思う。
けど、たまに電話で飲みに行こうぜぇ〜っと。
コンサート行こうぜぇ〜っと。
だから、これも彼に捧げるよ。
2018-07-04 002.jpg
先に親友のがんちゃんが逝き、また、もうひとりの親友アニキが逝った。

まいったなぁ。

JUGEMテーマ:グルメ
  


思い出 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>