厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 何食べたい?  「ヘレカツが食べたい」って >>

授業参観でランチ

きのうは娘の授業参観のためにお休みをいただきまして、せっかくだからランチを食べに行こうってことで、つれあいと近くのフレンチ、アンカシェットへ。
で、まずは前菜から。
2018-06-06 001.jpg
前菜は、アジと炙りホタテのマリネをサラダ仕立てにしたの。
ソースは、たしか左の方に流れてるのがシェリービネガーのヴィネグレットソースで、右のちょっと切れてる緑色のが大葉をジェノベーゼ風に仕立てたソース。
ホタテの炙り加減が絶妙で、貝が苦手なぼくでもうまいと思った。

で、次にパンをサーブしてくれた。
2018-06-06 002.jpg
ここのツラいのは待ち時間がずいぶんと長いこと。
それとも、ぼくがせっかちなんでしょうかねぇ。
で、待ち時間が長いと、ついついパンを食べてしまうんですよね。

そこへようやくのスープ。
2018-06-06 003.jpg
じゃがいもとパプリカのスープ。
クリームをたっぷりと使ったじゃがいものスープをベースに、そこへオレンジ色のパプリカのスープを回しかけてる。さらにそこへひと垂らしされたオリーブオイルと、散らされたイタリアンパセリと黒胡椒がアクセントになってる。

で、スープをいただき、また暫しのインターバルを挟み、ようやく登場したのが鹿児島県産白美豚のポワレ、ポルト酒とマスタードのソース。
2018-06-06 004.jpg
いいですねぇ。白美豚は脂のところもおいしい。ポルト酒を使ってるけど、思ったほどは甘くない。
ガルニチュールもいい。茄子、オクラ、ブロッコリー、ズッキーニ、にんじん、それにじゃがいもはインカの目覚め。それぞれに火の通し方が絶妙。

ということで、食べてからやっぱり少しインターバルがあって、運ばれてきたのがこちら。
2018-06-06 005.jpg
マンゴーのムースとブラッドオレンジのジェラート。
ちなみに、まわりの透明なゼリー状のはベルガモットのジュレで、ミントの葉っぱが添えられてる。上に乗っかってるのはメレンゲを焼いたような生地で、シナモンがかかってる。
要は、マンゴーのムースをブラッドオレンジのジェラートとベルガモットのジュレで挟み撃ちにしようってな魂胆かな。

で、最後がコーヒーと紅茶。
2018-06-06 006.jpg
コーヒーがぼくで、つれあいが紅茶。
で、紅茶のレモンを見て、つれあいが思わず歓声をあげた。
この画像では判りにくいんで、もう一枚。
紅茶に添えられてたレモンがハートやったんですね。
2018-06-06 007.jpg
というわけで、アンカシェットのランチ。
ほんとはいろいろと他に候補があったんですけど、それらのお店がことごとく水曜日でお休みやったわけで、結果、ここになったっていうことなんですけども、思った以上に満足。これでもう少しペースが早ければいうことないんやけど。それとも、ぼくがせっかちなんかなぁ・・・

JUGEMテーマ:グルメ
  


フレンチ | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>