厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< この日はちょっとちぐはぐながら  三輪山のぶっかけ素麺 >>

元気なかったのがうそのよう

その日は実家に泊まる予定やったんですが、自分で言うのもなんですけど、その日はあんまり元気がなくて、それでうちへ帰ろうって。
でも、予定を曲げての帰宅ですから、晩ごはんの用意がなくて、それで自分でガサゴソと。

冷凍庫でノドグロの干物を見つけた!
2018-04-30 001.jpg
それじゃあ、これを軸にしようってことで、さっそくグリルで焼き上げることに。

それから、テーブルに何やら半透明のレジ袋に入った、なにやら碧いものが。
訊いてみると、ご近所から庭で採れたスナップエンドウをいただいたっていう話。
それならこれもひとり分だけ茹でようってことで。
2018-04-30 002.jpg
きっかり1分30秒。
すると、スナップエンドウほんらいの瑞々しいところをそのままにいただける。
スナップエンドウは、茹でたその場で食べるのが正しい食べ方だと思う。
少しでも温度が下がると、パンと張ったえんどうの皮の艶やかなところが損なわれる。それがなんとも惜しいので、茹でたその場で食べるのが正しい食べ方だと思うわけ。

それから、冷蔵庫に厚揚げがあった!
これ幸いと、ノドグロを焼いてる横に並べて、これも焼こうと。
で、一方で、冷蔵庫にあったダシのストックを半分使い、味を調え片栗を引いて銀餡をつくり、焼き上がった厚揚げにジュッと掛け、上に茗荷を留めてみた。
2018-04-30 003.jpg
というわけで、まずはスナップエンドウから。
目論見どおり瑞々しくて、甘い。薄くマヨネーズをつけてやるとなおさら旨味が増して、なかなか応えられない。
それからノドグロ。
その白い、むっちりとした身が干物になってさらに旨味がたっぷりと行きわたってるような。
それに厚揚げ。カリッと焼き上がった角が香ばしく、銀餡もけっこう成功したと思う。茗荷もちょっとオモシロかったしね。
でも、今思えば、よくこれでお酒を我慢したものだ。
もっともノドグロにお酒を合わそうか、それともスナップエンドウでビールをやろうか逡巡してたってこともあるんですがね。

で、最後にとっておき。
2018-04-30 004.jpg
腹が減ってたので、むしゃむしゃと荒っぽく食べたノドグロの干物をだし汁で煮出して漉し、それに塩と淡口醤油で味付け、ごはんをお椀に半分ほど入れて雑炊仕立てに。
これがまたビックリするくらい上品でうまい。ぼくのセンスもまんざらではないなって勘違いしそうになるくらい。

あんまり元気がなかったのが、うそのようです。はい。

JUGEMテーマ:グルメ
   

家庭料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>