厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< シェフのオススメ、焼きたてマロンパイ  最後の晩餐? >>

レ・フレールでランチ 結婚記念日のは遅ればせでも

先月末の出張へは休みをもらって前泊したんですが、実はその日は結婚記念日でして、偶然休みだったつれあいと一緒に深井のレ・フレールでランチを。
で、まずはポテトのスープ。
2017-10-21 001.jpg
ポテトはポテトでも、さつまいもなんですけど。
甘い野菜のスープっていうのはムツカシイと思う。
たとえば、かぼちゃとか。
もともと甘くないじゃがいもとか、ほんのりと甘いにんじん、いろいろ手を尽くせば甘くなるたまねぎとかはけっこうそれなりにまとまってくれるんですが、元から甘いやつっていうのはどうも味のバランスっていうのがムツカシイ。
けど、それがプロっていうところかな。

で、このお店、1階はブーランジェリーとカフェになってて、ランチは2階でいただいたんですけど、パンはたぶん1階 の ブーランジェリーのやつ。
2017-10-21 002.jpg
バゲットと、クルミ入りの。
パンが早く来ると、どうもそれを先に食べて腹が膨れてしまう。
いつも自分に戒めてはいるんですが、この日も先に取りかかってシマッタ。

で、そうこうするうちに前菜がやってきた。
2017-10-21 003.jpg
きれいにサラダ風に盛り付けてくれてはいるんですが、ま、言ってみればカツオのたたき風。
上にいろいろトッピングされてて、下の刷毛目になってるベリー系のソースをからめて食べるっていう感じ。これはなかなかおいしかった。

それから、メインはいつものとおり2人別々に。
でもって、それを互いにシェアするっていうのが暗黙のルール。
で、ぼくのメイン。
2017-10-21 004.jpg
真空調理した子牛だったか。
理想的に火は通っているものの、なんだか焦げたというかカリッとした食感がなくて少し物足らないような気もするんですが。

それからつれあいのメイン。
2017-10-21 005.jpg
こちらは魚のポワレとかホタテとか。
やっぱり上にじゃがいものガレットが乗ってる分、クリスピーな食感があって、その分おいしく感じる。べつにそういう食感が絶対的な要素とは思わないんですが、先の子牛に較べると絶対こっちのほうが好き、かな。

で、デザート。
2017-10-21 006.jpg
まずはつれあいの。これ、なんだっけ?

ぼくの方はクリームブリュレ。
いつものとおり、表面のカラメルをスプーンでバリッと割っていただく。
けっこうこの刹那が気に入ってる。
これはけっこうおいしい。
2017-10-21 007.jpg
というわけで、レ・フレールのランチ。
出張からこっち、運動会やらまつりやらいろいろあったもんですから、少し経ってますが、やっぱり結婚記念日のは遅ればせでも載せないとね。

JUGEMテーマ:グルメ
    


フレンチ | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>