厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 鶏鍋風のうどんすき  泉北堂の3つのパン >>

新米のツヤツヤっとした炊き立てを頬張る

去シーズンまで和歌山の知り合いからお米を分けていただいてたんですが、今シーズンからは自ら調達することとなりまして、とりあえずは新米を。ちょっとフンパツして福井県産のコシヒカリ。
2017-10-17 001.jpg
水気を含んだ新米の、ツヤツヤっとした炊き立てを頬張る。
このシアワセっていうのは、きっと記憶の奥底に刻み込まれてるに違いない。
噛むと徐々に広がってくる甘味なんていうと、キターーーっていう感じ。
で、問題はそれを何に合わせるかっていうことで・・・
2017-10-17 002.jpg
まずはお造り。
本鮪と鮃と鮭と。
とはいえ、ヒラメは九州産なんですが、鮪はオーストラリア、鮭はノルウェー産で、いずれも養殖。うまいのはうまいんですがねぇ・・・

ならば副菜はというと・・・
2017-10-17 003.jpg
いつもの煮びたし。
これはなかなか郷愁を誘うというか、まずまずの組み合わせなんですが、惜しむらくは一晩置いて味が馴染んでたならば、もっとおいしく感じたかも。

やっぱり、味噌汁やねぇっていう考えも。
2017-10-17 004.jpg
この日は小芋とにんじん、だいこんとしめじ。そこへ小口に切った葱も加えて。
これもなかなか。なかなかイイ。

かくなる上はという最終兵器、明太子。
2017-10-17 005.jpg
祭りに九州からわざわざ帰ってくるSのおみやげ。
彼のおみやげにいただく明太子が頗るうまい。
この日のコシヒカリに明太子っていうのはベストマッチやなかろうか。

それから番外なんですが、米の汁も。
2017-10-17 006.jpg
たしか、これって去年のふるさと応援寄付でいただいたお酒。
そろそろことしも寄付を使用か、ことしはお酒ばかりではなく、米も頼もうかなぁ。

JUGEMテーマ:グルメ
    


ごはん | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>