厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< はしりの、ことし初の松茸  夏は担担麺 >>

フルーツ大福にするとうまくなるフルーツは・・・

このあいだ、堺の萩原天神にある一心堂のフルーツ大福を買ってきた。
回はマンゴー、パイナップル、ぶどうにいちごの白あんのと黒あんの。
ただ、買ってきて言うのもなんやけど、この包装、なんとかならんかな。
2017-08-10 001.jpg
まあ、でも、取り出してしまえばそれでおしまいなんですが。
とりあえず、漆の大皿に並べてみたんですけど、マンゴーとパイナップルはけっこうデカい。
2017-08-10 002.jpg
もちろん、ひとりで1個食べるんではなくて、それを切り分けてみんなでシェアする。
もちろん、シェアするだけではなく、撮影するっていう目的もあってのことですが。
で、まずはマンゴーとパイナップル。
2017-08-10 003.jpg
ぼくはマンゴーだけいただいたんですが、これが格別。
マンゴーそれ自体はそんなに好きでも嫌いでもないんですけど、これは別。
フルーツ大福にするとうまくなるフルーツとそうでもないのがあって、これはそのうまくなる部類のひとつって言える。フルーツの素直な甘さと、白あんのしっとりした甘さがうまく合わさって、それがお互いのおいしさを高めてる。

それから、ぶどうにいちごの白あんのと黒あんの。
2017-08-10 004.jpg
ぼく的には、どっちかといえば手亡豆で作った白あんよりも小豆の黒あんのほうが好みなんですが、こといちご大福は白あんの方がいい。いちごの酸味を白あんがうまくカバーしてくれるっていうような。

で、それを冷たいお茶ではなくて温かいお茶で。
2017-08-10 005.jpg
フルーツ大福にするとうまくなるフルーツっていうのは、マンゴーといちご以外だと、桃なんかがあるんですが、あいにくっていうか、ちょうどご近所から清水白桃をいただいたところやったもんですから、今回は見送ることにした。
まあ、でも、フルーツ大福ならではのうまさっていうのも捨てがたい。次は必ずやなぁ。

JUGEMテーマ:グルメ
    


スイーツ | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>