厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 札幌の友人を悔しがらせる完熟桃のたっぷりタルト  庭のトマトをいっぱい使って >>

一二郎 今回はロングバージョン

金曜日の夕方に酒席があるっていうのは、ちょっと嬉しい。
そして、それがあまり肩肘張らないっていうのなら、まして。
さらに、それがうまい酒と肴があるっていうのはスゴク嬉しい。
というわけで、先週の金曜、うちのトップと上司と三人で、一二郎。

まずはビール。
2017-08-05 001.jpg
暑い戸外から辿り着いて、まだ汗も引かぬうちにビールがうやうやしく運ばれてくる。薄い軽いグラスに、きめ細かくクリーミィな泡。
さっそくカンパイ。グビグビと喉に流すとようやくひと心地。

で、カツオ。藁でサァッと炙りました、と。
2017-08-05 002.jpg
それってたたきっていうのとちゃうの? って尋ねると、ええ、まあという返事。
でも、食べてみると、たたきとは似て非なるものっていうことが如実にわかる。
たたきなら藁の火で炙ってから一旦氷水にとって切り分け、ポン酢や薬味を叩いて味を馴染ませるんですが、これはもう、藁の煙でスモークされたまんまのカツオっていう、そういう感じ。それをシンプルに塩で味わうっていう寸法。

滑り出しは上々、そう思ってたら、落とし穴。
2017-08-05 003.jpg
造りはタコと貝。ぼくの苦手な軟体動物やないですか。
もう最近は食べますけどね。食べて、きっとこれがおいしいんやろうとは思うんですけど、それでも、どうもイケナイ。
だから、お酒に助けてもらう。まずは栃木の仙禽。
2017-08-05 004.jpg
日本酒度は決して低くないと思う。
でも上品な甘さ。
少し甘く感じるのはきっと酸のせいなんでしょう。

で、次の肴はと言うと・・・
2017-08-05 005.jpg
雲丹です。
下に豆腐とおぼしきものが敷いてある。
でも、ぼく的にはもっとやわやわなおぼろ豆腐みたいなのやったらもっとおいしいいんとちゃうかなぁと。

それからおひたし。
2017-08-05 006.jpg
つるむらさきの。
うしろはまた別の酒器で、これは加茂錦やったかな。

で、次は鱧の湯引きと骨煎餅。
2017-08-05 007.jpg
鱧は手前のみどり色のを乗せて食べる。
緑色の正体はたたきオクラと梅肉で、梅肉だけで食べるのに較べてずいぶんと角の取れた味わい。

それから、こんどはイカだ。
2017-08-05 008.jpg
上にかかってるのはもちろん唐墨。

それから、こんどはひじきやとうもろこしの入った真薯。
2017-08-05 009.jpg
こちらは豆か何かのすり流し。レンコンが乗せられてて、上に山椒の葉が留められてる。

で、次がこの日いちばんうまいなぁって唸ったやつ。ぐじの若狭焼。
2017-08-05 010.jpg
関西では「ぐじ」って言うんですが、一般的には甘鯛って言ったほうが分かりやすいかなぁ。
で、そのぐじをうろこをつけたまま焼いていくっていうのが若狭焼。うろこを狐色になるまでこんがり焼いていくとパリパリと衣みたいになって、身と一緒に食べられるようになる。そこへだしを張ってそれにくぐらせて食べる。これが絶品。

さて、その絶品の若狭焼のあとは、しめくくりの寿司の数々。
以前にも書いたように、この店の店主、Sちゃんは地元の友人連中でつくってた野球チームのピッチャーやったんで、いつもメニューをピッチングになぞらえて書いてるんですが、まずはいきなりのチェンジアップ、上太巻き。
2017-08-05 011.jpg
酒席の合間に太巻きっていうのはちょっと意表をついてるなぁ。

で、お酒は先の仙禽を振り出しに、新潟の加茂錦、久保田の千寿、磯自慢(あともう1種類あったけど、なんやったかなぁ)・・・。
2017-08-05 012.jpg
それぞれの酒によって酒器を変えて。
この頃になると5種の酒も二巡目でして、ずいぶんとイイ調子。
なので、これ以降はあんまり記憶がクリアでないですが、このガリをボリボリ食べながらピッチを上げたことは覚えてる。
2017-08-05 013.jpg
ここんちのガリは薄く切るんではなく、小さいけれど、その存在が分かるくらいな適度な大きさ。これを噛むと口の中にしょうがの香りが広がって味覚がリセットされる。

そうそう鮨の合間にかき揚げも。
2017-08-05 014.jpg
旬の甘いとうもろこしが主体のかき揚げ。

でもって握りは、鯛から。
2017-08-05 015.jpg
たしかおろしポン酢みたいなのがあらかじめ塗られてたような・・・

で、また合間に水茄子。
2017-08-05 016.jpg
それからギアを揚げて、まずはヅケ。
これはいつもの。
このあたりは自慢のファストボールって感じ。
2017-08-05 017.jpg
でも、次がどうしても思い出せない。
画像を見る限り、きずしみたいなんですけども、上になんか乗っかってる。
ほんまに食べたんかなぁ・・・食べたんやろなぁ。
2017-08-05 018.jpg
で、次が烏賊。
きれいに包丁で松かさに仕上げられてる。
2017-08-05 019.jpg
それから、ちょっとインターバル。
土瓶蒸し。もう、早いもので、はしりの松茸を鱧に合わせて。
2017-08-05 020.jpg
でも、うちの上司は松茸が苦手なんだそうで、ちょっとかわいそうな感じもしますが、松茸と鱧の組み合わせは、この季節の外せない一品。。

それから、続いて貝?
2017-08-05 021.jpg
だから、軟体動物苦手なんやよ。

そんなふうに言ってたら被せてたこがやってきた。
2017-08-05 022.jpg
軟体動物きらいでも、タコなら食べられるもんね。

で、最後は何やらSちゃんが手巻きにしてくれたの。
今回は極力漏らさず記録したつもりなんですが、まあ記録はともかく記憶は曖昧でしたがね。
2017-08-05 023.jpg
というわけで、一二郎。
いつもトップに奢られてるんですが、今回ばかりは上司とぼくとでというわけで。
まあ、ウチのトップもずいぶんとこの店が気に入ってくれたようですから、またいずれ3度目があるかも知れませんけど。

JUGEMテーマ:グルメ
  

外食 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>