厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 「料理の四面体」  主菜はハヤシとはいえ >>

「石河」で食べたのは・・・

このところ、うちのトップに連れて行ってもらうっていうのが増えたんですが、今回もそれ。天満橋の「石河」。酒と魚と酒菜と鶏「石河」っていうのがネットで確認できた名前なんですが、ウチのトップは同じ姓ということで親近感があるそう。でも、それだけではない。
で、まずは売り物のひとつ、つくり盛。
2017-07-16 001.jpg
ほんとはこの前に前菜があって、もずくやうずらの薫玉、子持ちこんにゃく、酒盗とクリームチーズの和え物なんかがあったんですが、やっぱりこの店の売りは魚ですからね。
で、その魚、左下のから時計回りに言うと、サワラ、カツオ、オジサンときて、奥の白っぽいのはカマスサワラ、手前の赤っぽいのはツムブリ。上がドラゴン太刀魚、そして画像の右上がオオニベダイそしてその下の白っぽいのがハマフエフキダイ。もちろんメモを見ながらの列挙ですが。

さて、そんなめずらしい魚ばかりで、それに対する酒はと言うと、まずは山形は米鶴の特別純米、超辛口のかっぱ。
2017-07-16 002.jpg
辛口ではなく超辛口。
それでも、シャープな感じではなくて、それなりにふくよかさもある。
なかなか、です。

で、次はと言うとさつま揚げ。
2017-07-16 003.jpg
たまねぎがたっぷりと使われてるのか、もちもちって感じよりもちょっとゆるく、たまねぎの甘味がそこはかという感じ。

でもって、これにはというと、福井の花垣。
2017-07-16 004.jpg
このあたりまで克明に覚えてるはずもないんですが、すっきりした味わいやったなぁって、おぼろげながらの印象ですが。

ところが、次のこれはインパクトがありました。
さて、この魚、なんでしょうか?
2017-07-16 005.jpg
どうなんやろ、正解できた人っているんかな。
実はこれ、コバンザメの造り。
ぼくは初めて食べた。
店の人も、2回目ですわって言ってた。
ゲテモノとかそんなイメージなんですが、決してそんなことはない。頗る美味。
とはいえ、専門にとる漁もなく、定置網などにまぎれこむもので、一般的な食用魚ではないんだそう。ただし漁師さんなどには美味であることが知られており、好んで食べている人もいるんだとか。以上、ぼうずコンニャクさんの「市場魚貝類図鑑」を参考にさせていただきました。

で、このコバンザメには山川光男です。
2017-07-16 006.jpg
訳ワカラン書き方ですが、山川光男は、山形県内の若手4蔵元が結成したユニット。その2017夏バージョンがこれなんだそう。なかなかこれもインパクトあるよねぇ。
ぼくは初めて見たんですが、きっと酒屋でこれを見つけたらジャケ買いしてたかもしれません。

で、お次がタコの昆布和え。
2017-07-16 007.jpg
そして、それに相対するのが三連星。
2017-07-16 008.jpg
滋賀の美冨久酒造の4代目が新しく立ち上げた別ブランドで、無ろ過生原酒の純米大吟醸。

で、ここいらでちょっと趣向を変えて、ちょっと天ぷらでも。
2017-07-16 009.jpg
で、てんぷらにはコイツ。
「ドルーコ クフミ」ではアリマセン、「コールド ミフク」です。
2017-07-16 010.jpg
滋賀の美冨久酒造ってところは色々とオモシロイ取組をしてるようで、先の三連星もがんばってるなぁって感じの酒やったんですが、これも滋賀県産の吟吹雪っていう酒米を使い速醸仕込みで醸した季節限定酒なんだそう。
ま、中身はともかく、先の山川光男に負けないくらいインパクトあるデザイン。

で、肴のほうはまたちょっと目先を変えて、地鶏の焼き。
2017-07-16 011.jpg
この黒っぽさはきっと宮崎地鶏って感じなんでしょうか。

というわけで石河、さらにこれに加えてだしまきだとか、〆にも焼きめしだとか、いろいろ食い散らかし、飲み散らかしたようで、正直あんまり覚えてないところもあったので、サラッとした表現で逃げたりもしてる。

というわけで、またゴチになりました。
まあ、そのうちお礼しないといけませんね。

JUGEMテーマ:グルメ
  

外食 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>