厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< ことしもトマトのブルスケッタを  脱線が食卓の妙味? >>

副菜に引っ張られ気味の一日

枝豆をもらいました、黒豆の枝豆。
もちろん、枝豆っていう名のとおり枝についたまんまの。
2017-07-12 001.jpg
ぼくらがこどもの頃、まつりになると駄菓子屋の店先に枝つきのままゆで上げた枝豆が売られてたんですが、今回もそれにしようかとも思ったんですけども、ネットで枝豆の茹で方っていうのを検索したら、枝豆はさやの両端を切り落として1リットルの水に40グラムの塩で5分ってのを見つけたんで。
2017-07-12 002.jpg
というわけで、おとなしくそれに従って塩茹でにした黒豆。
これがサイコー。さすがに黒豆、濃い味わい、独特の味わい。

それから、ついでではないですけど、これも塩茹でしたじゃこエビ。
これも枝豆にも劣らず、うまいうまい。
でも、塩茹でにしたのはほんの一部でして、それ以外はエビだしをとるのに使ったり、水茄子を煮びたしにしたりして。
2017-07-12 003.jpg
泉州一円に「じゃこごうこ」っていう郷土料理があって、それはこのじゃこエビと、漬かり過ぎて塩辛くなった水茄子のひね漬けとでつくるんですが、この日のはまあd漬物にしていない水茄子を使った煮びたし。

で、煮物をもう一品。
2017-07-12 004.jpg
こちらはふだん、もっぱらつれあいがつくるかぼちゃと鶏挽肉の煮付け。
むろん、つれあいの得意料理ですから、つれあいがつくったほうがうまいんですが、行きがかり上、この日はぼくが。
で、この日はこれら以外に味噌汁もあったんですけど、こちらは省略ということで。
とまあ、この日は副菜に手を回し過ぎとも思うんですが、ようやくの登場。
2017-07-12 005.jpg
というわけで、鯛、鯛の造り。
もちろん、このあいだいただいてきた山葵もまだまだ健在。
で、それを活かすためにも、やっぱり清酒で。
2017-07-12 006.jpg
ずっとボトルに移し替えて冷やしてる住吉。

それから、「黒豆にはやっぱり黒ビールっしょ。」とけしかけられたんで、この日は特別に黒ビールも。
2017-07-12 007.jpg
この日はたしかプレミアムモルツの黒ビールバージョン。

というわけで、ちょっと副菜に引っ張られ気味の一日でした。

JUGEMテーマ:グルメ
  


家庭料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>