厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< わらび餅でもおひとつ  懐食「清水」 >>

冷やうどんと豚丼 共食いと揶揄されるかも

このところ、パスタから遠ざかってる。
夏になると、その暑さから、どうしても冷たいものをツルツルっていうのが主流になって、熱いパスタは敬遠がちになってしまう。
それじゃあ冷製パスタはっていうと、家人からあんまりいい反応がないんでね。
だからうどん、そうめん、蕎麦、冷麺っていうところが幅を利かせてる。
まあ、その中でぼくがいちばん好きなのがコレ。
2017-07-08 001.jpg
細うどん。
以前も書いたけど、これをうちのおかんが得意やったエビだしで。
もっとも、これも冷製パスタと同様、家人からは敬遠気味なんですが。
ただ、細うどんの場合は、家人にはエビだしを使わずに、市販の鰹と昆布のダシをあてがっとけばいいんでね。
で、その場合も薬味は併用。葱と生姜と茗荷。
もっとも、これも娘らは使いませんが。
ただ、昼間のカンタンな食事とはいえ、これだけではちょっと・・・と言うので。
ていうか、これを先に買ってきたわけなんですが、豚丼。
2017-07-08 002.jpg
ヤマギシの豚丼。
堺市南区豊田の農場直売「ヤマギシファーム堺店」の。
ここでは何か月かに一度イベントを開催してて、週末なので買い物に出かけたら、ちょうどそのイベントに出くわしたんで。
このイベント時に売られてる豚丼がシンプルながらスバラシクおいしい。
以前にも紹介したんですけど、これを今回はテイクアウトして。

というわけで、炭水化物×炭水化物なんで、豚丼を共食いと揶揄されるかもしれませんけど。

JUGEMテーマ:グルメ
  


家庭料理 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>