厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 沖縄の四川飯店は・・・  あたらしい食パンが一本手に入ったらば・・・ >>

沖縄のトリはいちばんお気に入りの「膳」

おとといから沖縄へ行ったときの話を書き連ねてるんですが、これで打ち止めってことで、トリはいちばんお気に入り、「膳」。

わが家が沖縄へ行くときは、残波岬にあるダイワロイヤルホテルを定宿にしてるんですが、「膳」はそこからほど近くにあるお店。

で、まずは上の娘が好きな海ぶどうがふんだんに入ったサラダ。
2017-03-06 001.jpg
海ぶどうと島豆腐、それに地野菜がふんだんに入ってて、さらにそこへかつおぶしがかかってる。イイですねぇ。

このお店をなんて言えばいいのか、ちょっと戸惑うんですが、ぐるなびを引いてみると「沖縄料理と島の恵みのおばんざい」って書いてる。
たぶん、京料理がベースで、それと沖縄料理のクロスオーバーってところが出発点かなぁ。そんなところが見え隠れするのがこのサラダ。

で、お次がカルパッチョ。
2017-03-06 002.jpg
赤身の魚と白身の魚、たぶんマグロとアジ系の魚に香味野菜を添えて、オリーブオイルと和風ドレッシングをたっぷりと。

さっきも書いたように、京料理と沖縄料理のクロスオーバーっていうのはあくまでも出発点で、よくある地元の食材を和風の技法で料理しましたっていうような、そんなのではなくて、このカルパッチョのように、自由きままににその領域を広げてるってな感じ。それがとても気楽で心地よい。

かと思えば、シンプルにこんなのも。
2017-03-06 003.jpg
下の娘が好きな鶏の唐揚げ。
地元産とおぼしき鶏を塩で味付けた唐揚げ。
素直に素材と向き合って、技巧に走らず、それでいてきちっとジューシーな加減で。

とまあ、そんなわけですから、とりあえずのビールはともかくとして、そのあとはワインを。
2017-03-06 004.jpg
この傾向で行くと、やっぱり白でしょ。
で、ここのお店の傾向は、やっぱり辛口の白がけっこう多くて、シャルドネなんかもいいと思うんですが、ニューワールドのワインでという目線から、ニュージーランドのピノグリ、ザ・スプリングスっていうワインを選んでみた。
けっこうフレッシュで、何にでも合いそう。だからこんなのにも。
2017-03-06 005.jpg
自家製のラフテー。
ラフテーのもとは東坡肉ですから、八角なんかが少し薫る。
で、それをこのワインがけっこうやさしく包んでくれるような。

さらに上の娘が妙に好きな、ミミガーのピーナッツ和え。
2017-03-06 006.jpg
ミミガーのコリコリっとした食感を、芝麻醤のような風味のピーナッツペーストとともに味わう。こりゃもう完全な酒の肴なんですが、うちの娘、なんでこんなの好きなんやろ?

とまあ、ここまではけっこう前菜っぽかったんですが、そろそろメインっぽいのもっていうわけで。
2017-03-06 007.jpg
近海魚と季節野菜の湯葉あんかけ 。
このあたりが京料理をベースにしてるっていう根っこの部分なんでしょかね。
で、これって頼んでから気づいたんですけど、ずっと以前来た時もこれを頼んだような気がする。まあ、こういう系統のもけっこう好きだったりして。

で、さらに、あぐー豚ソーキのにんにく焼きを。
2017-03-06 008.jpg
こちらはいうまでもなく、沖縄料理がベース。
さっきの湯葉あんかけはともかく、こういうあぐー豚のソーキなんかが出てくると、ワインが進むススム。
 
で、そろそろ〆っていうわけで、下の娘が玉子丼を頼んだら、こんなのが出てきた。
2017-03-06 009.jpg
ふわふわ、トロットロでおいしいんですけども、下の娘は目が点になってましたヮ。

それから、つれあいが頼んだのがタコライス。
これも沖縄料理にカテゴライズすべきなんかなぁ。
2017-03-06 010.jpg
というわけで、久しぶりの「膳」。
今度沖縄へ行くことがあっても、やっぱりここだけはハズセナイなぁ。

JUGEMテーマ:グルメ
    


沖縄 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>