厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< 沖縄そば屋、いしぐふー  沖縄のトリはいちばんお気に入りの「膳」 >>

沖縄の四川飯店は・・・

きのうに続いて沖縄の話です。
沖縄についた初日は、翌朝のホエールウォッチングに備えて那覇市内にホテルをとったんですが、そのホテル、ロイヤルオリオンはメインダイニングが陳建一さん直伝の四川飯店。
そりゃもう、行かんわけにはイカンでしょ。
というわけで、まずはついてホッと一息。
2017-03-05 001.jpg
このホテル、その名のとおり経営がオリオンビールですから、ビールといえば訊かれるのは瓶か生か。もちろん生で。

で、まずは前菜。
2017-03-05 002.jpg
春巻の巻揚げとか、なますの酢の物、きゅうりのサラダ、イカとセロリの炒め物とか。
まあ、巻揚げがちょっとピリ辛っていう感じで、あとはふつうの感じ。

それからスープ。
2017-03-05 003.jpg
こちらもとうもろこしのスープにタマゴを流してあるふう。
まあ、中華系ではスタンダードな流れかな。

で、次が揚げ物。
2017-03-05 004.jpg
揚げ春巻きと海老パンボールみたいなの。これがおいしい。
ピリ辛のケチャップとレモンがついてたけど、これはもうそのままでも。

それから炒めもの。
2017-03-05 005.jpg
鶏肉とアスパラ、銀杏の。
ちょっと味が濃い目なんですが悪くない。むしろ、娘らにはしっかりした味だったのでけっこう好評でした。

それから点心。
2017-03-05 006.jpg
焼売なんですが、それに間髪入れずに下の娘がリクエストしてた五目あんかけそばが来たんで、これをみんなでシェアする方に流れてしまった。
で、さらにそのあと麻婆豆腐がきたもんですから、結局またみんなギブアップに近い状態になりまして、この焼売はぼくがひとりで食べてた。

で、くだんの下の娘のリクエスト。
2017-03-05 007.jpg
麺にちょっと特徴があるんですけど、これはなかなかおいしい。

で、最後がお待ちかねの麻婆豆腐。
2017-03-05 008.jpg
これは上の娘がマイルド系で、ぼくとつれあいがそのまんまの辛さで。
そんなわがままな注文を許してくれたわけなんですが、反対に考えると、ベースはできてて辣油とか唐辛子で加減してるんでしょうねぇ。
豆板醤で加減するなら、はじめの挽肉と一緒に豆板醤を炒める時点で加減しないといけないので、手間がかかるし時間合ができるはず。それに、花椒は別に持ってきてくれててお好みでというスタイルですから、それらを差し引いた麻辣味の要素って言えば、辣油と唐辛子しかないって推理したワケ。
でも、豆鼓が大きいまま入ってたり、片栗の引き方が滑らかでないなど、むかし食べた陳建一さんの麻婆豆腐とはちょっと違うような気がする。

まあ、そんなわけで一日目の晩ごはんは終了。最後は杏仁豆腐。
2017-03-05 009.jpg
さて、この四川飯店、あらかじめネットで見ていたレポートでは、看板の麻婆豆腐の評価が高くて、それ以外の評価はまずまずっていう声が多かったように思うんですが、やっぱり百聞は一食に如かず。ぼく的にはみんなの評価とは反対に、麻婆豆腐を除いてはすごく満足できました。
もっと言うなら、この料理、宿泊客なら一人2000円で食べられる。
もちろん、ビールと五目そばを除いてなんですが、もう、今度沖縄行くときも、できたらまたここに泊まってみたい、そんな気にするコスパでした。
もちろん、そのときも麻婆豆腐は食べるけどね。

JUGEMテーマ:グルメ
    


沖縄 | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>