厨房男

こどもの頃に欠乏していた食の体験を取り戻そうとする厨房男の喰う・呑む・つくる・・・のはなし
<< カレーの翌日はカレーうどん、ちょっと短絡的過ぎるかも知れませんが  鯖と豚汁 ステーキの反動で >>

ふるさと納税でステーキを

ことしはふるさと納税っていうのをしまして、そのお礼の品として、鹿児島県産黒毛和牛のサーロインステーキが届きました。
2017-01-21 001.jpg
すごいサシです。
届いたのは木曜日やったんですけど、まあ食べるのは週末にしようっていうことで、土曜日に満を持して。

もちろん、ステーキをいただくためには、いろいろサイドメニュウも用意しないといけませんので、まずはサラダから。
2017-01-21 002.jpg
まあ、これは前日のポテトサラダにサニーレタスとトマト、きゅうりを加えただけのもの。
このあたりはそんなに手もかけずに。

それから温野菜にもやしとほうれんそうのバターソテーを。
2017-01-21 003.jpg
これももうほうれんそうをザックリ切って、もやしと一緒にバターでいためただけ。

さらに焼き野菜。
2017-01-21 004.jpg
北あかりとにんじん、エリンギをカルピスバターでソテーして、茹でたブロッコリーを添える。何でもかんでもカルピスバターっていうのも考えもんなんですけど、やっぱりこういうときは頼らないとメニュウが成り立ちませんので。

で、それからスープ。
2017-01-21 005.jpg
北あかりをどっさりとバターソテーしたんですが、スープもじゃがいもスープっていう娘のリクエストを聞き入れ、こちらも北あかりを使って。

とまあ、なんとかサイドメニュウが調ったんで、待望のステーキを。
フライパンに牛脂を入れ、融け出してきたところへにんにくチップを加えて香りを立たせる。
で、一旦にんにくを取り出して、ようやくステーキを。
厚みがそれほどないんで、火の通り過ぎに注意を払って焼き上げる。
2017-01-21 006.jpg
これではどんな風か分かりづらいんで、切り口を上に並べると、ほら、このとおり。
2017-01-21 007.jpg
すごい脂です。
「きめ細やかで滑らかな口どけの脂をご堪能いただける逸品です。」っていう説明でしたけど、これほどまでとはなぁ。

で、これに合わせるのも、また別の自治体へふるさと納税してもらったワイン、登美の丘。
最近評価が高まってる日本のワインの中でもけっこう名が通ってるこのワイン。まあ、こういう機会でないとなかなか手に入れるっていう気になりきれなかったんで。
2017-01-21 008.jpg
というわけで、鹿児島県産黒毛和牛のサーロインステーキ。
先に書いたように、これほどまでの脂とは。
つれあいや娘らはともかく、ぼくでも1枚を食べきれなかったわけで、来年からはステーキはやめてすき焼肉にしようかなぁ(あんまり懲りてない)。

JUGEMテーマ:グルメ
   


焼肉・鉄板焼き | comments(0) | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>